• PROFILE

    なつ

    Author : なつ
    東京都内在住の学生♀。ジュビロ磐田をこよなく愛するサッカーバカです。

    個人的に何かあればこちらからどうぞ。


  • ARCHIVES

    08 ≪ 2017 / 03 ≫ 09
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
  • MY BLOG LIST

  • SEARCH


[ スポンサーサイト ]



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-- / -- / -- (--) --:-- | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

[ 力の限り前を向いた ]



悲しくて悔しい、あの衝撃の事件から数日経って。


1日で3692ヒットはフク移籍騒動のときを軽く超えたし、そうじゃなくても更新してないのにカウンターがぐるぐる回ったりしてビクビクしてました。各磐田系ブログ様でも悲しみやら怒りやら色んな声を目にして、小瀬での快勝の歓喜も忘れてすっかりテンションがた落ち。

ゴンちゃん・能活・マコ・秀人、それに遼ちゃんや翔やカレン。チームメイトたちのコメントを聞くたびに胸がずきずき痛みます。どうしてこんなことに…って(⊃Д`;)


07横浜FC戦@日産
そんな気持ちを断ち切るかのように、久しぶりにジュビロ参戦して来ました。

日産に行くたびに思うことだけど、キャパ7万のスタジアムががらがらだと余計に寂しく感じるよ(´・ω・`)



【J1リーグ第15節】
横浜FC 1 - 2 ジュビロ磐田 @日産

得点者 : なぁるーおぉかー(前23) マ・エ・ダ!(後4)


内容がどーのこーのって話よりも、気合いの入りようがいつもと全然違ってて、だからこそ全員でもぎ取ることのできた勝点3だと思う。


試合直前のアップ前、選手とスタッフがピッチに現れてゴール裏に挨拶しに来たのよね。最近そういうのはホームでしかやらなかったのに。
全員揃って鋭い目で、申し訳なさそうに深々とお辞儀。先頭を歩くアジの姿に、いつもはあまり聞かない「アージウソン!」のコールが沸き起こったりした。
アップ中に何度も何度もサポを煽ってくれた能活の姿が凄く嬉しかった。

選手はもちろん、サポの声援まで違う雰囲気が漂ってたな。
きっとそれぞれが色んな思いでスタジアムまで足を運んだのでしょう。
チームが動揺してるときはサポーターが何とかしなきゃとか、あんな事件がきっかけで負けてたまるかとか、それでもジュビロが好きだからーとか。
そんな気持ちが少しでもピッチ上の選手に伝わったかしら。



■前半
立ち上がりにマコのクリアミスから失点。能活が激怒してたのも丸わかり(´・ω・`)
守備の皆さん、ゴール前でボールウォッチャーになっちゃうことがやたら多かった。マークが甘かったり、いつの間にかずれてたり。もっと声出して行かなきゃね。

前線でパスはよく繋がってたけど、横浜DF陣の強いプレスに超苦戦。なかなか前を向かせてもらえなくてシュートまでがもの凄ーく遠かった。
真ん中に隙がないときは、サイドのスペースをもっと巧く使って欲しいです。

今季4得点目の翔ゴールは、遼ちゃんが競ったセカンドボールに素早く反応したとこから決まったキレイすぎるミラクルシュート。
反応の速さも、敵をするする抜いちゃう軽いドリブルも、シュートコースも全部完璧。
先制されてどんよりした空気を晴らしてくれた翔、ありがとう( ´∀`)


■後半
ロングボールから大きなチャンスになることが増えたかな。
前線まで1本で簡単に繋がれば、攻撃にスピードが付くし相手を置き去りにできる。
ボールを持ったら前に走ろう。ってのが忠実に守れてた証拠だよね。

最後の方はかなり攻め込まれてたけど、前半よりも攻守の切り替えが早くなったし、最後まで集中力も途切れなかった。
終了のホイッスルがなかなか鳴らなくて、ロスタイムが10分くらいに感じちゃったよ( ´ー`;)

マエダゴールのときはゴール裏も爆発寸前。やっぱり最後はこの男でした。
出れば結果を出してくれる彼が、やっと帰って来たのねって改めて実感しましたよ。
何ヶ月ぶりかの「まえだりょぉーいーっち」コールができるのもたまらなく快感。


■前3人
マエダ翔フナタニ。この日の彼らはマジ半端ナイ。
いっぱい動く。パスもつながる。積極的。息がもの凄く合ってるのも見て取れた。
この3人の誰かがボール持つと、必ず誰かが連動して前に走り出すんだよね。奪ったら次はあーしてこーしてどーして…ってのが上手く頭の中で繋がってたのかなって思う。

ヨシアキは後半こそ本来の調子が戻って来たものの、前半はなーんか噛み合わないと言うか。パッとしなかったなぁ。
お得意の爆走も、周りと連係が取れてなければ点で意味なし(´・ω・`)


■てゆーかフナタニーニョ
生で金髪の彼を見たのは初めてでした。
甲府戦も好調だったらしい彼、かなり気合いが入ってた模様です。スタメン発表のとき「えーフナタニかよー」とか一瞬でも思っちゃってごめんなさいごめんなさいごめんなさい…。

彼にしてはアグレッシブで、がむしゃらで、本当よく頑張ってた。今までのフナタニの面影が少しも感じられませんでしたね、気持ち悪いくらいに(ぇ
特にシュート意識の高さは圧巻。合計8本のうち1人で4本は大したもんだ。
囲まれても粘ってキープしたり、ライン際まで全速力で拾いに行ったり。かと思えばヒールでポーンってやったりするんだよ。なんかもう、惚れてしまいそうになるくらいドキドキした。

にーにょだって北京世代。
今からでもいっぱいアピールして、カレンたちの仲間入りを目指してくれ。


■その他雑感
・ 試合前「アンパンマンのマーチ」が流れる日産スタジアム(横浜の久保's select)
・ 奥ってば相変わらず大人気ー。
・ 大チャンスのFKを、わざわざ壁に当てて下さってありがとうございましたm(_ _)m
・ そう言えば元ヴェルディのヤマタクって今こんなとこにいたのねー。

・ 守備陣で1番安定してたのは健太郎だと思います。
・ 康太存在感ないよ、康太…。
・ 加賀くんはもっとアグレッシブに攻めて行こう。
・ てゆーかまずはクロスの精度を何とかしよう。
・ ワンコはファーストタッチくらいまともにやろう。
・ とりあえずカレンを出してあげて下さい。


あ、なんかオシム来てたらしいね(・∀・)


いっきに5位浮上。勝点はやっとプラスマイナスゼロで振り出し。
とにもかくにも、勝ってくれて本当に良かった。サポーターがこんなに沈んでるんだから、選手たちの痛みは相当大きいでしょう。そんな中で心のこもった勝利をありがとう。

大事なのはここからだ。
こんなときこそ、ジュビロ磐田の選手・スタッフ・サポーター、みんな揃って

 「VAMOS contigo」

このスローガンがこんなに心に響くのなんて初めてだわ。

2007 / 06 / 17 (Sun) 02:40 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。