• PROFILE

    なつ

    Author : なつ
    東京都内在住の学生♀。ジュビロ磐田をこよなく愛するサッカーバカです。

    個人的に何かあればこちらからどうぞ。


  • ARCHIVES

    08 ≪ 2017 / 03 ≫ 09
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
  • MY BLOG LIST

  • SEARCH


[ スポンサーサイト ]



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-- / -- / -- (--) --:-- | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

[ 熱すぎた、3月の味スタ ]



お久しぶりですこんばんは。
東京戦の観戦メモも書けないまま明日はナビスコとなってしまいました。
今さらだけど、私にとって大切な試合になったから思い出しながらさらっとまとめておきます。


07東京戦@味スタ
【J1リーグ第3節】
FC東京 0 - 1 ジュビロ磐田 @味スタ

得点者 : 秀人(後37)



福西崇史が敵だったこと、福西崇史に力一杯ブーイングしたこと、ジュビサポとして「福西ッ東京!」コールをやれたこと。そして何よりも、福西崇史のいるFC東京に勝てたこと。
全部が全部ほんっとぉーに気持ち良くて快感で、寒くても疲れてても帰り道は嬉しさいっぱいでしばらく興奮がおさまりませんでした。


■収穫は勝点3だけ
本当に、勝っただけ。な試合。良く言えば気持ちだけで勝ったような一戦。
やっとの思いで勝利はものにしたけど、今思い出すとこれから先ヤバイなーと不安で仕方なくなります。


3試合見て来たけど攻撃の形が未だに全然はっきりしないし、シュートの意識ももの凄く低い気がする。パスがあれだけ繋がるのに、無駄が多いと言うか。そんな難しいことしないでーとか、そこは打っちゃえよーとか、色々歯がゆくてじれったいシーンが続きました。

大チャンスになったのがセットプレーとカウンターのときだけじゃねぇ(´・ω・`)
攻撃が単調だから全部相手に読まれちゃってる感じ。康太も言ってる通り、ゴール前でもう一工夫欲しいな。

あとはもうちょっと大きな展開が出来ると良いんじゃないかと。パスで細かく繋ぐのもそりゃ気持ち良いけど、サイドチェンジやらロングフィードやらでアクセントを付けてくれないと面白くないよー。全体的に広い視野が必要だなってつくづく思いました。
もう「若手中心だし」なんて言い訳は通じないんだから。もっと余裕を持ってプレー出来るようにならないと。


■粘り勝ち
ファブリが退場したあとはDFの健太郎やら加賀くんやらが入って、ガチガチに守りを固める戦い方でした。得点が決まらないうちからこう言うことをしちゃうのが何ともアジらしいけど、結果的にはそれが功を奏したのよね。
特にゴール決めたあとの約10分間はとことん引いて守る寸法。11人全員ドン引きで、耐えて耐えてもぎ取った勝点3です。

この日は能活が本当に神がかってて、彼じゃなかったらあと3失点くらいはして負けてたんじゃないか。と言うくらい、彼なしでこの勝利は語れません。
試合終了後ゴール裏に歩いて来るときに見せてたキラッキラの笑顔が印象的でした。
被シュート数20本。ありがとう。本当にありがとう。


・ キャプテン秀人のゴール、素敵すぎます。
・ FKを蹴った康太と、FKをもらった加賀くんも素敵。
・ 負傷しても最後まで走り続けたノリヒロの闘志に乾杯。
・ 最後までスタミナ切れしなかったヨシアキにも乾杯。
・ にーにょとカレンは消えすぎ。
・ マルキはあれだ。何だかんだ地味に仕事してくれるタイプだ。

今さっき知ったけど、ノリヒロは右足の小指を骨折していて全治2ヶ月だそうです。
直哉の復帰は4月上旬になるらしいしもう(⊃Д`;)
ノリヒロがいない攻撃なんてどうなるかわからなくてビクビクする。明日が怖いよ…。


ちなみにユースの山本康裕くんを見るのはこれが初めてでした。
何やら福西さんを尊敬しているらしい。と言うことをあとから知りましたよ。ユースでも23番を背負っていたらしいですね。
17歳であの落ち着いたプレーはさすがだなって思います。そう言えばちょくちょく良いとこで攻撃に顔を出したり、簡単にはたいたりするとこなんかが福西さんっぽかったっけ。
福西さんのプレーが好きな身として、これからはもっと彼にも注目して行きたいです。



敵としての福西崇史はたたむ↓ ■福西さん
まずは試合後のコメントから。

* 勝ちたかった。悔しさでいっぱいです。立ち上がりは、多少慎重になった。
 得たものもあったが、みんなで感じたものを出し合っていいチーム作りをしていきたい。


* 磐田戦で、いつもより緊張感があったが、磐田時代の練習でやっているような感じだった。
秀人には「ちょっと大人しかったかな」と言われていますが。遠慮なんかしてない…よね?


■巧い強い高い
シュートを打たれたときに「ヤダヤダー」って目をつぶりたくなったぐらいで、試合が終わってみると「福西崇史に負けたー」みたいな印象は予想外にもゼロなのよね。勝ったんだから当たり前かもしれないけど。
それでも客観的に見た福西さんはとにかく巧くて怖い存在でした。味方じゃないとわからない彼の良さ。敵じゃないとわからない彼の憎らしさ。全部含めて福西崇史です。

ジュビロのDFの皆さん、彼をあれだけフリーにさせてたのは、彼の荒々しいプレーを知っているからですか?と言いたくなるくらい、スルスルっといとも簡単に良い場所に走り込んで来るのよねぇ。
スピードのある東京のサッカーの中で、以前よりも運動量が増えたようにも思わされました。

4人に囲まれても粘ってボールキープするとこなんかがさすが。厳しいプレッシャーの中でもゴール前に憎いほど素敵なラストパスを出しちゃうんだから大したもんです。
意識してるからか余計に、体の強さ・柔らかさ・足元の技術全てが周りよりも際立って見えました。


後半あたりでスローインするときに、アジの肩をポンポンっと叩いて何か言葉を交わしていた姿が印象的( ´∀`)
試合前も試合後も元チームメイトと喋る様子はあまり見られなかったけど、やっぱり特別な思いがあるよね。そりゃ。


■福西東京に燃える
ジュビロのゴール裏は、試合前から福西さんを意識しすぎ。
選手紹介のときは言うまでもなく、大スクリーンにアップ中の顔がちょっとでも映っただけで大ブーイングが巻き起こってました。
試合中もボールを持つたびに、シュートを打つたびに、あちこちからブーイングの声。慎ちゃん・茶ーさん・ヨンスが古巣の千葉と戦ったときもこんな感じだったのでしょうか。


私も混じって何回かブーイングしたけど、なぜか「気持ちイイ!」って思えたな。
それだけジュビロで大きな存在だったってことだし、それだけ愛されてる選手なんだってことを実感したからだと思う。ジュビロ磐田の福西崇史と、やっとここで決別出来たのかしらね。


試合が終わったあとの37番の背中は、心なしか寂しそうに見えました。
あの福西さんだよ?来るわけないじゃん…。とか思いつつ、ジュビロのゴール裏に挨拶しに来てくれるのをちょっとだけ期待しちゃったりして。結局すぐ引っ込んじゃいましたけど( ´∀`;)

東京でなくジュビロのゴール裏から「福西ッ東京!」のコールが聞こえて、それがとっても嬉しくて、チームから送り出すような気持ちでそれに浸ってました。
嫌味とか煽りのつもりで叫んだ人も多いかもしれないけど、私個人としてはあのコールをジュビサポとして出来たことが純粋に嬉しかったです。


決別って言っても土台はジュビロ磐田で作られたんだし、どこに行っても私の応援して来た福西さんに変わりはないです。でも東京のものになったんだってことを強く感じて、東京の福西さんの存在を私の中でありのままに受け入れて認めることが出来た試合でした。

福西崇史を見たいって言う理由だけでサッカー観戦して来たわけじゃない。
私の1番はやっぱりジュビロ磐田だなーって、観戦を重ねるたびに強く思い直しますよ。特に今シーズンは。


そんな感じで、今度はホームで迎える彼との一戦にドキドキして眠れません( ; ̄ー ̄)...


2007 / 03 / 21 (Wed) 01:38 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • >>KEANEさん
    今のジュビロの攻撃陣に足りないのは、
    やっぱり何よりも考えて走ることですよねぇ。
    運動量は豊富なのにそれが生かし切れてなくて本当にもったいないです…。
    もっと先を読みながらプレーすることが必要ですね。

  • こんばんは。
    ナビスコの試合を見ていたんですが、
    http://www.youtube.com/watch?v=eRK7zXhqmR4
    のインタビューを思いだしました。代表の枠に入りたいと必死に考えながら動いてゴールを決めた今野選手の一方で、攻撃のビルドアップがなかなかうまくいかないうちの選手は敢えて厳しい言い方をすれば「子供病」なのかもしれません。ヘディングシュートを決めたマコは大人のプレーでしたが。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。