• PROFILE

    なつ

    Author : なつ
    東京都内在住の学生♀。ジュビロ磐田をこよなく愛するサッカーバカです。

    個人的に何かあればこちらからどうぞ。


  • ARCHIVES

    08 ≪ 2017 / 03 ≫ 09
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
  • MY BLOG LIST

  • SEARCH


[ スポンサーサイト ]



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-- / -- / -- (--) --:-- | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

[ どうしてくれよう ]



06鹿島戦@カシスタ風邪気味の体に鞭打って参戦して来ました、最終節鹿島戦。生ジュビロ観戦は約1ヶ月ぶりです。

ただでさえ喉の調子がよろしくなかったのに、だいぶご無沙汰してたゴール裏観戦に興奮して熱くなりすぎて喉が潰れちゃいました。もう声出ないよ…。


鹿島アントラーズ 3 - 0 ジュビロ磐田


勝手に舞い上がろうと楽しみに待ってた後半戦首位も取り消し。
ヨシアキの目標10ゴール10アシストも達成されず、遼ちゃんは播戸の16得点に届かず、能活の34試合フル出場の夢も消え…。
全てが激しく裏切られたような気分です。でもこれが現実。



良かったとこが見つからないってのはこう言う試合のことを言うのね(´・ω・`)
全部が全部上手く行かない気がしたのは、鹿島が良いサッカーをしてた証拠でもあるんだろうけど。そんなこと言い訳に出来ないほどの酷さでした。


最初っからボールを支配されて、全然攻めさせてもらえなかった。こりゃ厳しい試合になりそうだなって覚悟してたけど、ミス・ミス・ミスであっと言う間に3失点じゃさすがにヘコむよ。
何故あえて3バックにしちゃったの?とか、ハットさんを入れたのは350試合記念だったからなの?とか、ゴンちゃんとかノリヒロを使えば空気も変わっただろ。とか、思うところが色々ありすぎます。


え!?って首を傾げたくなるほど真ん中に大きいスペースが空いちゃってて、選手同士の距離感が全くなってなかった。
突破口だったはずの両サイドもガチガチに守られて巧く使えず。
鹿島のゴール前DF陣は凄く高くて、センタリングを上げても全然通らないし。クリアされるたびに歯がゆくてイライラしっぱなしでした。

ヨシアキ、あえて狭い中央を突破しようとせずにもっともっと思いっきりえぐっても良かったよ。
康太の踏ん張りもファブリの攻め上がりも生きず、ワンコはミス続きでサポから叱責・ブーイングを浴び。遼ちゃんはあまりボールに触れず孤軍奮闘気味。

誰かがボール持っても周りのフォローが全然なくて、2・3人に囲まれては奪われるのを目にするたびにこっちが泣きそうになりました。
誰が悪いとかじゃなくて、全体的に全部が全部パッとしなかったな。


最後の方でついに秀人がキレて、他の選手が割って入って小乱闘っぽくなっちゃってました。ゴール裏もヒートアップして、怒鳴り声だけじゃなく溜息みたいなのも聞こえたりしたっけ。
今までギリギリなとこで勝つことが多かったけど、この試合はそんなジュビロのサッカーを象徴してたのかなーって思います。



能活の怪我が心配。
自分では大したことないって言ってたらしいけど、大事に至りませんよーに(-人-)



悲しみに打ちひしがれながら福西さん↓
■福西さん
うーんうーん…何があったんだろうか。
どこも痛めたりしてないよね?胃腸炎はもう治ったんだよね?
こっちが戸惑うほど出来が悪かったです。

いつもみたいな1対1の頼もしさが感じられなかったな。ボール持ってもあんまり上がらないうちにすぐ奪われるし、肝心なとこで簡単に抜かれるし。
確かにシュートは何本か打ってたし攻撃にも絡めてたんだけどねー。飛び出しが少ないし遅いしで、はっきり言っちゃえば存在感があんまりなかったです。


かなりイライラが溜まってたのか、倒されたときに激しく抗議するようなシーンもありました。
それでも聞いてもらえなくて、そのあとのプレーが心なし雑と言うか、投げやりみたいになってたのは気のせいかしら…。

後半は何を考えてどんな修正をして来るんだろ。って期待してたのに、まさかハーフタイム交代だなんてね(⊃Д`;)
そりゃいつもの福西崇史じゃなかったかもしれないけど、それでも彼がいなくなったら余計グダグダになっちゃった気がするよ。にーにょが特別悪かったわけじゃないけどさー。
ああ言う試合こそ最後までプレーして欲しかった。フクバカ的には。



とにかく、負けた試合はプラスに変えよう。
天皇杯は楽しみにしてるんだから。結構本気で期待してるんだから。
だから必ず元旦を笑顔で迎えさせて。


2006 / 12 / 04 (Mon) 00:00 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • >KEANEさん
    アジになってから、「相手に合わせる」と言うやり方が中心になりましたよね。
    試合ごとに布陣や戦術も少しずつ変わって来るから、選手同士の間で混乱が生まれているのではないかと心配です( ´Д`;)
    確かにいつも以上に全然走れてない印象を受けました。と言うよりは、KEANEさんの言う通りスペースを潰されて走らせてもらえなかったのかなぁと思います。

    わんこはミスもだけど無駄な動きがとても多かったですね…。
    トップでやらせてもらえてるなら、それなりのプレーを見せて欲しかったです。

  • こんにちは。
    3バックにしたのは指揮官も「相手の状況に合わせる」とおっしゃっていたので相手の2トップに対してのことと、中盤が相手が4枚に対して5枚ということではなかったのかなと思います。
    鹿島の方が走れていて、ジュビロは走れていなかったことで次第にバランスが崩れてしまったということでこの試合は象徴できるんじゃないのかなと思います。スペースができる状況になれば攻撃はできると思いますが、鹿島は守備に対しても戻りが早くて守備に対しても「走って水が運べていた」ことで効果的なスペースは与えてくれなかったということですね。だから相手よりも考えながら走らないといけないわけですけどね。この試合ではワンコくんが特に言えるんじゃないですか。

Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。