• PROFILE

    なつ

    Author : なつ
    東京都内在住の学生♀。ジュビロ磐田をこよなく愛するサッカーバカです。

    個人的に何かあればこちらからどうぞ。


  • ARCHIVES

    10 ≪ 2006 / 11 ≫ 12
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
  • MY BLOG LIST

  • SEARCH


[ スポンサーサイト ]



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-- / -- / -- (--) --:-- | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

[ 初戦から熱くヤマスタにて ]



楽に勝てるだろうなんて少しも思ってなかったけど、まさかPK戦までもつれ込むとは…。
ヤマスタで3時間も試合を見るだなんて全然予想外。帰りの新幹線の中で爆睡しただけでは足らず、帰って来たらどっと疲れが出て夕飯も食べずにすぐ寝ちゃいました。


06柏戦@ヤマスタ結局バックスタンドのホームゴール裏寄りに。
寒くなるのは嫌だからって厚着なんかして行って失敗したー。11月にもなって日焼けの心配なんかするつもりなかったのに( ; ̄ー ̄)...

5千人ちょっとしか入らなかったけど、連休だったせいか子どもがやたらと多くて随分とにぎやかでした。


ジュビロ磐田 1 - 1 (PK 9 - 8) 柏レイソル

得点者 : マ エ ダ!

PK : 隊長○ ファブリ× マエダ○ ヨシアキ○ ジンギュ○ 康太○ ハット○ 直哉×
    能活○ 隊長○ ファブリ○ (能活神セーブ×2)



引いて守る相手にはらしさを発揮出来ないって言うその悪い癖、そろそろ治して欲しいな。ようやく勝てるようになって来たんだからさ。


■前半
いつも負けたときにうだうだ文句付けてることと今回も一緒。ちょっとしたミスが目立ったり、積極的なプレスの少なさだったり、決定力の問題だったり。
チャンスが少なかったわけじゃないし、1点目があんなに早い時間に入ったんだから2点目もさっさと決めたかったよね。

試合後のコメントでアジが「走らなかった」って言ってるけど、確かにゴールが決まったあとは全体的に勢いがなくなってました。
ただ単に空いたスペースを使うだけじゃなくて、自らスペースを作るような動きも欲しいです。じゃないと攻撃の仕方が単調になってぐだぐだしちゃうんだと思う。


■後半
交代で初めて投入したのがハットさんなんて言う保守的な采配で、そのあとまさか1点を奪い合うような展開になるなんて想像してなかったと思うんだよね、選手もアジも。マコの負傷も想定外だろうし(⊃Д`;)
だから余計に、復帰したノリヒロを使ってみたら面白かったかなーとかは考えちゃいます。こんなタラレバ言っても仕方ないけど。

後半のけっこう早い時間に福西さんが下がったあとは、中盤に全然ボールが収まらなくなった気がしました。中央に張って攻撃の基点になったり、高い位置から相手の攻撃の芽を摘んでくれる役が欲しいです。福西さんだけに頼るんじゃなくて、そこらへんは直哉とかがもっとやってくれると思ったんだけどなー。
前の方でゴンちゃん・遼ちゃん・ヨシアキがいくら動き回ってくれても、中盤の攻撃の組み立てが出来てなけりゃ、そりゃ点が入る気もしないよ。


■スピードに乗れ
個人的には最近のジュビロの長所だと思ってます、スピード。
それってヨシアキとワンコと康太のいるおかげだ。ってこの試合で改めて確信しました。
特にワンコのドリブルが前にも増して力強くなってた。ガツガツ上がって来るあの積極性にちょっと惚れたよ( ´∀`*)

奪ったらすぐに前を向く。単純なことだけど、この3人はそれがしっかり出来てると思う。
無駄にドキドキしちゃうのよね、彼らにボールが渡ると。


■健太郎バモス
Vゴール制じゃなかったのねー。今さっき知った( ´∀`;)
大きなチャンスと大きなピンチが交互に訪れて、少しも息を付けない延長30分間でした。

マコに代わって入った健太郎が、能活の後ろで神セーブしたんだよ。ついつい代表オマーン戦のマコを思い出しちゃったじゃん。体でなく急速スライディングだったけど。
もしあれが決まっちゃってたらたぶん勝ててなかっただろうね。サンキュー健太郎。


■オレオレファブリ
生でPK戦まで見たのは初めて。
そうそう、始まる前にベンチメンバーも一緒に全員で円陣組んで気合い入れてたのよねー。って、公式のトップを見ながら思い返してしみじみしましたよ。
2巡目まで続く珍しいPKが見れただけじゃなく、能活が蹴った上にゴンちゃんのPK成功を2回見れただけでも、見に行って価値のあった試合だと思ってます。

それまでどんな大きいチャンスやピンチが来ても立ち上がらなかったけど、ファブリの2度目の正直には思わずバックスタンドもみんな飛び上がって喜んでました。
スタジアムに鳴り響く「オーレーオレオレオレー」のファブリコール。嬉しいよりも安心したーって気持ちの方が大きかったかな。

直哉、これで決まると思ったらついつい力が入っちゃったんだろうけど…
そんなにヘコまないで良いんだからね。



勝つまでが長かったせいで若干記憶がうっすらだけど、福西さん↓
スポンサーサイト

2006 / 11 / 05 (Sun) 20:00 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。