• PROFILE

    なつ

    Author : なつ
    東京都内在住の学生♀。ジュビロ磐田をこよなく愛するサッカーバカです。

    個人的に何かあればこちらからどうぞ。


  • ARCHIVES

    05 ≪ 2017 / 06 ≫ 07
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
  • MY BLOG LIST

  • SEARCH


[ スポンサーサイト ]



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-- / -- / -- (--) --:-- | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

[ 終わりじゃない ]



久しぶりに余裕を持ってリアルタイムで試合を観れました。
名波さんが出てるのが嬉しくて、前半はテレ朝でテンション高めに観戦。けど昌邦が喋ってたから後半はBSに移動。昌邦、今日は心なしかテンション低め?( ´∀`;)


【AFCアジアカップ準決勝】
日本代表 2 - 3 サウジアラビア代表 @ハノイ

得点者 : 佑二(前37) あべ(後8)


■前半
こんなにも成長するもんなのか。って感じてしまうほど面白いサッカーをやれてた。
選手が連動してどんどん前に走るからパスがきれいに繋がった。中盤がFW陣を追い越すような場面がいっぱいあって、色んな選手が次々に攻撃参加してた印象。
攻守の切り替えも早かったし、中盤で止めつつ後ろのフォローもしっかりできてた。
選手同士がお互いに思い通りのプレーをできてたんじゃないかな。

サウジのFW2人は確かに怖かったけど、圧倒的に押してたのは日本だったのになー。
先制されてもすぐに奪い返すだろうって信じてたし、そこまで危機感は強くなかったです。佑二ってば守備にゴールに素敵すぎー( ´∀`) とか言ってる余裕があるくらいに。


■後半
メンタル面弱すぎー( ´Д`;)

立ち上がりいきなり失点して、そのまま流れを持って行かれて立ち直せず。3失点のあとはいつものぐだぐだな日本に戻ってしまいました。
選手同士の距離感、もうちょっと何とかならなかったのかな…。遠すぎてパスが通らなかったり、前の方でかぶってたり、妙に左サイドに偏ってたり、ポジショニングがめちゃめちゃ。
もうちょっとコンパクトにやらないと、前半見れたようなパス回しはできないよね。

セカンドボールを拾えないのは前半もそうだったけど、試合が進むに連れてそれがかなり目立ってた。とにかくボールへの反応が遅い。疲れてるせいか運動量も激減。
パスミスも多かったし、クロスの精度もダメダメだったなぁ。

最後の最後のCK、能活まで上がって来たのが涙ぐましかったです(⊃Д`;)
ロスタイム5分は長!って思ったけど、せめて2本目のCKぐらいはやらせてくれたっていいじゃないか…。


■その他
・ あべのゴールよりも、ゴールしたあと痛がってた腕の方が気になりました。
・ タカと俊輔が消えてたのはマークがきつかったからですか?
・ 特にタカはコンディション絶不調だったんですか?
・ 憲剛は10番中村の隣で若干萎縮ぎみですか?
・ 啓太の守備が良かった。すごく良かった。
・ きしょーくんがどういうタイプのFWなのか、未だにわかりません。

・ 俺たちのヨシアキ(´・ω・`)


ここで3連覇の夢消える。
このチームは、とにかくもっともっと精神的に強くなって行かなきゃならないと思うよ。

3位決定戦は韓国との対戦だそうですね。超個人的には、イラクよりも韓国とやる方が盛り上がって良いんじゃないかと思います。
韓国代表と言えばジンギュもいるし(^ー^)
アジアカップのシード権もかかってるらしいので、3位でも何でも全力でやってくれるでしょう。ここまで来たんだから、全員怪我なく無事に帰って来れることを祈るばかりです。
スポンサーサイト

2007 / 07 / 26 (Thu) 01:10 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0

[ ケーヒルとかキューウェルとかビドゥカとか ]



お久しぶりです。生きてます。


約1年ぶりのOZ戦をPKで日本が制して、おまえらそれを本番でやれよーとか言う声も聞こえて来そうですけど、全く見れなかったのであとで録画再生しながら堪能することにします。
てゆーかアジアカップでは必ず能活に神が光臨することになっているんですか?(・∀・)

とりあえず今日は空気を読まずにベトナム戦から。


【AFCアジアカップ 1次リーグ第3戦】
ベトナム代表 1 - 4 日本代表 @ハノイ

得点者 : マキ(前12) ヤット(前31) 俊輔(後7) マキ(後14)


ベトナムのモチベとスタジアムの雰囲気に、立ち上がりは若干押され気味。
わりとパスをぽんぽん回されてたし、カウンターに大苦戦してたし、おまけに自らのゴールで先制されたときはあーあ(´・ω・`) ってなりました。
そのあとすぐに1点返して前半をリードで終われたのが大きかった。

試合を重ねて行けば意思疎通が取れてくるのは当たり前だけど、チームとしてまとまりが出てくると見てて気持ち良いサッカーに繋がるんだよね。
駒野→ヤット→俊輔ゴールって流れがもう最高。やっと日本らしさが出てきた感じかしら。
得点の形にバリエーションができてきたのも嬉しいです。


■あんまり詳しく覚えてないので、あとは箇条書きでご勘弁
・ パスはよくつながった。
・ FW陣が守備も頑張ってた。
・ 中盤でゆっくり回すのはいいけど、パスミスやめて。
・ 欲を言えば後半になっても走り負けしちゃダメ。

・ 啓太の記念すべき代表初ゴールはオウンゴールでしたとさ。
・ マキさん2ゴールでまたオシムの信頼を獲得( ´∀`)
・ タカは決めれなかったのにー。
・ リードしててもやっぱり羽生と水野は固いらしい。


準決勝進出決定おめでとうなオシム監督に、1つだけモノ申す。

 ヨ シ ア キ は ? ( ´Д`;)

どうかどうか、大会が終わってしまう前に1試合でもいいから出れますよーに。
せっかく選ばれたんだから1分でも出て欲しい。アジアと言っても海外なことに変わりはないし、日本代表を背負って世界の空気を感じることにだいぶ大きな意味があると思うから。

そう言えばUAE戦のときだったか、「太田吉彰」のダンマクがTVに映ってましたね。
代表ではまだまだ「太田って誰?」って言われてしまうような選手だけど、この大会でいっぱいアピールして日本に帰って来てくれ(-人-)



代表戦を観る以外は全くサッカーに触れてない最近です。
あとからジュビネタ・フクネタもチェックして少しずつアップして行くことにします。

2007 / 07 / 22 (Sun) 01:55 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0

[ 28の出番はまだか ]



能活の神セーブと、タカの素敵ゴールと、ヨシアキの青の28番ユニを着て走る姿だけをただただ楽しみにしている最近の代表戦ですよ。


【AFCアジアカップ 1次リーグ第2戦】
日本代表 3 - 1 UAE代表 @ハノイ

得点者 : タカ(前22) タカ(前27) 俊輔(前41)


タカや俊輔や期待されてる選手が、期待通りに結果を残して活躍して、久しぶりに「気持ちいい」って言えるような勝ち方をできたと思う。
全体的にカタール戦よりもまとまりがあったよ。


■動いた走った
前だけじゃなくて中盤もかなり運動量が多くて、いっぱいポジションチェンジしながら色々動き回れてた。大きい展開も多くなったし、攻撃に緩急が付いたかなって思う。
ボランチの啓太が後ろめでしっかり守ってくれてたおかげでもあるよね。

マキは本当によく走ってたと思うんだけど、ボールに触る回数が少なかった印象を受けた。飛び出しのタイミングとか、ポジション取りとか、もうちょっと巧くなればなぁ。
タカのすぐそばでプレーしてるんだから、そのへんは先輩に教えてもらいなさい。


■土台は彼ら
駒野と加地さんのSBがなんだかとっても懐かしかったです。
2人ともかなり調子良かったみたい。特に駒野は今までにないくらいのキレキレっぷりを発揮して、積極的に攻め上がってましたね。シュート意識も高かったし。
何だかんだでやっぱり「古井戸の水」たちが土台になってるんだなって実感します。


■3ゴール1失点
オシムになってから3得点以上の勝利は少ない気がするから余計に嬉しさアップ(^ー^)

でもそれだけに後半のカウンターからの1失点が本当残念…。
お互いガツガツぶつかり合ってたし、向こうのファールもだんだん激しくなって来て、ちょうど集中力が切れ始めてた時間帯ではあったと思うんだけどねー。
もうちょっとこうメンタル面って言うか、試合運びにも慣れて行って欲しいな。せっかく2ゴール取ってもそのあとのだらだら感はやっぱり否めなくて、ちょっとだけ萎えてしまった( ´Д`;)



■28番が、いい
今か今かとヨシアキの出番を待っていますが、一向に現れる気配がありませんね(´・ω・`)
タカと俊輔が下がったあと急に攻撃陣の勢いがなくなって、あぁーここにヨシアキがいたらーとか色々妄想してしまいました。
決勝戦まで進めば1試合くらいは出してもらえるかしら…。せっかく呼ばれたんだから少しでも世界の舞台に立ちたいよね。



それにしても。
あぁもうタカってば。2ゴールだなんてカッコ良すぎだよ、タカ。俺たちの高原直泰には、ぜひとも今大会得点王でMVPとか目指しちゃって欲しいです( ´∀`)

まぁその前に、日本代表の皆さんには3連覇を目指してもらわなきゃいけないわけですけど。
次はホームのベトナムさんと対戦。どうか勝って次に進んでくれー。

2007 / 07 / 16 (Mon) 01:22 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ 前に走れ ]



かなり流れに乗り遅れてるけど、重要なアジアカップだから代表戦についてさらっとメモしておく。本当にさらっと。


【AFCアジアカップ 1次リーグ第1戦】
日本代表 1 - 1 カタール代表 @ハノイ

得点者 : タカ(後16)


タカのくるっと反転素敵シュート、どうなってんだかよくわかんなくて何度も何度も巻き戻して見直してしまった( ´∀`;)
前線で孤立気味でもやっぱりタカだー!ってあのときは一瞬歓喜したけど、あの内容でこの結果じゃ満足できないよね。


えーと…オシムのサッカーって走るサッカーじゃなかったでしたっけ?
立ち上がりからずっとボールを支配できてたし、前にボールが入ればパスもよく繋がった。なのにボールも人も、動きがあまりにも少なすぎて間延びしてた印象。
誰かがボール持っても、フォローするどころか前に走り出す選手もいない。バックパスやら横パスがやけに目立ったし、たまーにあるロングボールも雑すぎて全部無駄になってたなぁ。

後半になったらびっくりしてしまうくらいに、みんなの足が揃いに揃ってぴたっと止まってた。
気候が気候だし、だんだん疲労も溜まってきてたんだろうけど…。攻める気が全く感じられなかった。何やってるのー。何がしたいのー。って怒鳴りたくなりました。


最後の最後に1失点は痛すぎ(⊃Д`;)
明らかに集中力が欠けてだらけてた時間帯だったよね。
日本には「引いて1点を守り切る」なんて言う戦い方はやらせない方が良いのでしょうか。



今回の日本代表、何となく覇気がない感じがしてしまう。雰囲気がまったりしすぎてると言うか、悪く言えば締まりがないと言うか。
勝点2を失ったことで逆に空気が引き締まってくれないかしらね。

ちなみに、ベンチでビブスしてるヨシアキを見つけたときはキャー!ってなりましたよ( ´∀`*)



+ + +


ナビスコの東京vsマリノス@三ツ沢は、行ける時間の余裕もなくスルーしてしまいました。これで7月は現地観戦なしで終わってしまいそうです(´・ω・`)

その分アジアカップを楽しめると良いんだけど。

2007 / 07 / 13 (Fri) 00:11 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ ちょっくら康太観察記 ]



近いし行ってみるかー。ってな感じのノリで、コロンビア戦の翌日にふらっと国立へ行って来ました。
主力も呼ばれてないくらいの消化試合だけど、康太がキッカーを務めるかも。なんて情報を聞いたからほとんどそれだけがお目当てで。


07U-22マレーシア戦@国立前半の途中、ちょうど長友くんのゴールが決まった頃にスタジアムに到着。ガラガラだとばかり思って行ったのにかなり埋まってました。

それにしてもチケット代安すぎー。1000円でバクスタとか…Jリーグ見るより安いぞ( ; ̄ー ̄)...



【北京五輪アジア2次予選】
U-22日本 3 - 1 U-22マレーシア @国立

得点者 : 長友(前28) 修人(前33) 萬代PK(後7)


とっても面白くて満足。そりゃ俊輔やタカの出たコロンビア戦には負けるけど…。主力の揃った最近のU-22や、そんじょそこらの代表戦よりもずっと楽しめた気がします。
スピードのある選手が多いから迫力があったし、シュートも積極的。前の選手がボールを持ったときの周りのフォローなんかもしっかりしてました。
全体的に気持ちの入ったサッカーをしてたと思うよ。
何でもないとこでケアレスミスが多すぎるのが気になったかな。


■ユース代表の15番
康太の先制点アシストには間に合わず(⊃Д`;)
CKを蹴ってる姿が見れたのも後半のたった1回…。
それでも11人の中で「巧い」と思わせるようなプレーをいっぱいしてた。それを見れただけでも個人的にはかなり満足しちゃってます。

前でボールをキープして、スルスルっていとも簡単に2人くらい抜いて大チャンスを作ったときは、「上田!上田!」のコールが沸き起こってました。
ワンタッチのパスが多くて、ボールタッチが優しくて、やっぱり名波さんによく似てるなーと思わずにはいられないプレーもいくつか。

けど左の上の方で孤立しちゃうシーンが極端に多かったのが気になった。特に後半、何度もフリーでサイドを駆け上がってるのに誰も気付いてくれなかったね(´・ω・`)
個人技だけならさすがなんだけど、チーム全体の中ではいまいち良さが生きてない感じがする。せっかくSBやボランチじゃなく攻撃的な位置でプレーできたのに…残念。



アジア予選はまだもうちょっと続くから、その中でどんどんアピールして最後に北京へ行って下さい(-人-)
康太だけじゃなく、謙弥とカレンも、まずはジュビロで精進しなきゃね。

2007 / 06 / 10 (Sun) 00:09 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ タカがマジ半端なくて ]



ちょっとご無沙汰してましてすみませんですm(_ _)m
今さらすぎー。な火曜日の代表戦まとめレポから行きます。


【キリンカップサッカー2007】
日本代表 0 - 0 コロンビア代表 @埼スタ

得点者 : なし


07コロンビア戦@埼スタ代表参戦、今年はこれが初。
さんざんチケットが売れてないって聞いてたけど、平日にしては2階席以外かなり埋まってたよ。
到着が遅かったこともあり、アウェー側の上の方でおとなしく観戦。いい加減 15FUKUNISHI ユニはそろそろお蔵入りにしようかしら(´・ω・`)



海外組全員スタメン。何年かぶりの生タカや、なんかもう凄い存在になっちゃってる俊輔や、日焼けして黒くなってちょっと痩せたイナ。大スクリーンに映ると拍手が沸き起こったり歓声が上がったりしてました。
浩二が映った瞬間は、他の選手とは違って「おぉ…」みたいなどよめきでしたけど( ´∀`;)



うーん…まずは、シュートが少なすぎ。特に前半は駒野のミドルくらいしか思い出せないくらいに少なすぎ。
でも全体的にパスがポンポン回るのが面白くて何となく楽しめちゃいました。
ゴールを見れなくても、みんなでパスを回して完璧に崩せたときのシュートがもう、素晴らしいくらいにキレイで快感だったからでしょうか。ワンタッチでつながるとそれだけで気持ちいい。
いかにも日本らしいチームワークの良さを垣間見た気がする。

逆にコロンビアペースでパスを回されておされてた時間もあったけど、守備は全体的に安定してたかな。DF陣がみんな積極的にガツガツ当たりに行ってたし、最終ラインまで持ってかれても粘って粘って何とかしのげてた。
予想もしないとこからロングシュートを打たれたのは怖かったけどねー。


■俊輔が凄い
ここ最近の代表と何が違うって、それはやっぱり俊輔の存在だよね。俊輔がいるだけで、周りの憲剛・ヤット・駒野らへんの動きがいつもよりだいぶキレキレ。
いつもいて欲しいところにいてくれる。思い通りの位置にボールを出してくれる。だからパスを出す側も受ける側もやりやすいのでしょう。
俊輔が真ん中で落としたのをヤットが憲剛へスルーパスして大チャンスに…ってのが1番キャー!ってなったシーンかな。

彼、本当に色んなとこをよく見てるんだなーって思う。
遠くの逆サイドでフリーになってる選手に大きくボールを出したり、前で動き出した選手に鋭いタイミングでスルーパスを送ったり。視野の広さがあってこそのあの展開力と存在感だよ。

攻撃を組み立てるだけじゃなくて、下がって来て守備もやってましたね。
ちょっと前と比べると運動量も増して、今まで以上により頼もしい存在になった気がした。


■タカってばもう
うん。なんかもう、本当凄い。本当巧い。本当半端ない。
動き出しのタイミングから、ボールの受け方から、前を向く姿勢から、周りのフォローから、全部が全部。タカ好きな私の個人的贔屓目かもしれないけど、ほんっとぉーーーに、凄い選手を見れて最高だなぁと試合中ずーっとドキドキしてました。

技術だけじゃなくてフィジカルもかなり強くなったよね。
コロンビア選手に激しく削られて倒れたときは「やだーやめてよー」ってこっちがあたふたしてしまったくらいだけど、それでも立ち上がって走り出す姿を見たときの安堵感と感動と頼もしさと言ったらもう(⊃Д`;) タカってばカッコ良すぎー。
あんなに動いてたのにスタミナ切れしないとこも大したもんだ。

後半の途中からだんだん中盤とトップの間が開いて、タカ1人孤立気味になってしまったのが残念。前回のモンテネグロ戦みたいだったな…。
タカがゴールを決めるまでは代えないで。とか、寿人とタカを並ばせてやって。とか、色々願ったけど結局それは叶わずじまいでした。


次に生タカを見れるのはいつかわからないけど、そのときこそ彼のゴールが見れますように。
「タカ!タカ!タカ!タカゴール」のコールがしばらく耳から離れません。
FC東京のルーカスとも同じ、かつてのヒデとも同じ、あのコールをまたやりたい(^ー^)



■その他
・ 浩二は目立たないなりに、ミスも多かったわりに、巧さは増してたと思う。
・ 前にいるヤットともうちょっと息が合えばねぇ…。
・ イナはあんまりパスワークに絡めてなかったな。
・ 憲剛が前目だったせいもあるのでしょうか。
・ まぁ、まずあのポジションでどーなの?とは思ったけど。

・ 俊輔と憲剛、似すぎてて見分けが付かないよ。
・ 啓太と勇樹の印象がほぼゼロに等しいよ。 
・ 巷で好評価の羽生は、あとは身体の強さが備わって欲しいです。
・ てゆーかコロンビアさんがあんなにガチで来るとは思いませんでした( ; ̄ー ̄)...



コロンビアってかなり強い国だと思うけど、そんな相手に久しぶりにドキドキワクワクするような代表戦を見れた。
勝てなかったけど、この試合を見れたっていう満足感に浸りながらの帰り道でした。

あ、そう言えばキリンカップ優勝おめでと。

2007 / 06 / 09 (Sat) 00:46 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0

[ 今、高原が熱い ]



唯一ジュビロから選ばれた能活はベンチ外でうわーん(⊃Д`;) ってなったけど、タカが期待通りの活躍でしっかりゴールを決めてくれたからさらっとメモ。


【キリンカップサッカー2007】
日本代表 2 - 0 モンテネグロ代表 @エコパ

得点者 : 佑二(前23) タカ(前38)


佑二ゴールはヤットのアシスト。タカゴールは駒野のアシスト。
依然として活躍しまくってますね、古井戸の水たち。


モンテネグロが何にもして来なかったから、結構好き放題にやらせてもらえてたなーって印象。
でもそのわりに決定的なシーンが少なめであんまりドキドキしなかったよ(´・ω・`)


■一歩先を読め
サイドから攻めることが多かったけど、中の人数が少なくて攻撃に厚みがなかった。絶好調だった駒野がせっかく良いボールを上げてるのに、動き出しが遅くて台無しになっちゃうのが本当残念。
味方がボール持ったら周りが前に前に動き出さないと。細かいパスは繋がってたのに、全体的に押し上げが遅いからスピードがないし迫力にも欠けてた。

1人1人のポジショニングと距離感もなーんかパッとしなかったな。
あっちに全然人がいなかったり、こっちではポジションがかぶってたり…。
特に後半は中盤とトップの間に大きくスペースが空いて、前線の選手が孤立気味。その分簡単なパスも繋がらなくなったのかなって思う。


もうちょっと先を読んでプレーできるようになれば面白いのにねぇ。
今の代表、みんな技術はあるのに攻撃を作れる選手が少ないよ…。後半色んな選手を交代で出したのは良いんだけど、攻撃を組み立てられるヤットを下げてしまったのはだいぶ痛かったと思います。


■決めるべくして決める
駒野のクロスに勢い良く飛び込んで、相手DFに掴まれながらも「何とか触った」ドンピヘッド。さりげなく胸を指差すタカの喜び方がこれまたカッコイイー( ´∀`*)

タカの動きは有無を言わせずさすがなんだけど、あのタイミングであの場所にボールを挙げた駒野も素敵。
そして、タカがゴール前に走りこむ前に貴章くんがちょっと下がってスペースを作ってくれたのでした。解説の城さんが言ってたけど、2人でアイコンタクトを取ってたらしいですね。
合流してからすぐの試合でそんなやり取り。よくやってくれたもんだなぁ。

タカ、攻撃だけじゃなくて守備も積極的にやってましたよ。
高い位置からのプレスはもちろん、後ろまで下がって来てDFのフォローもしてた。常に前でゴールを狙ってる印象が強いけど、縦に横にの運動量も結構多かったんじゃないかしら。
相手のセットプレーのとき、足を伸ばしてPKを与えてしまったのにはかなーりドキドキしたけどね( ; ̄ー ̄)...


■その他雑感
・ イナとタカが絡んでるー。キャー。
・ 浩二ってやっぱプリンスみたいー。キャー。
・ 貴章くんって意外に背高ーい。
・ 寿人がベンチであくびしてるー。
・ 能活が水本くんの隣に座ってるー。

あとはこんな感じで、色々ミーハー的に眺めてました(ぇ


そんな、だいぶご無沙汰してた日本代表の一戦。
埼スタではタカ寿人2トップが見れますよーに。せっかくだから海外組も全員見たいな。

2007 / 06 / 02 (Sat) 01:30 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ エースのゴールをお膳立て ]



あと1回寝て起きればJリーグ開幕ってことで、始まるー!嬉しー!ワーキャー!!みたいなもの凄いテンションでやってます。どーもこんばんは( ´∀`)
長そうで短かった冬がようやく明けますね。私はジュビロ磐田よりもちょっとだけ早めに、味スタのFC東京vs広島戦で開幕を迎えることになりました。

お目当ての福西さん…どうやら出れそうな雰囲気。



+ + +


Jリーグが始まる前に、この間の北京五輪予選メモをアップしちゃおうと思います。
忘れないうちに、謙弥とカレンと康太の出場記録をさらっと簡単に。


【北京五輪アジア2次予選】
U-22日本 3 - 0 U-22香港 @国立

得点者 : 平山(前11) 梶山(後21) チカシ(後38)


あんなぐだぐだな内容で、なんで3点も入っちゃったんだろー。って気はした。
うーんうーん…個々の技術はそろってるのに、どうも迫力に欠けると言うか。ダイナミックなプレーが少なくて物足りないのよねぇ。

3点目なんかは日本のサッカーの象徴型だと思います。
チカシのゴールはもちろん嬉しかったけど、それ以前に平山決めろよー。家永打っちゃえよー。とかリプレーを見ながらぶつぶつ言いたくなりました。
パスが繋がるわりに、色んなとこで無駄が多い気がする。もっと簡単にやれば簡単に点が入りそうな気もするんだけどな。


■謙弥
全くもう、ひやひやさせるんだからっ(⊃Д`;)
と、泣きたくなるような危ない場面が1つ。やなぎは代表戦でああ言うふうにGKから奪って決めたこともあるんだから、謙弥も要注意だよ。

最近ではすっかりこのチームの顔みたくなりました。
このまま無失点で北京まで続きますように…。


■カレン
パス&ゴーを忠実に守りますね、彼。ちょこまか犬みたいに走ります。
平山ゴールのアシストを見て、やっと息がそろって来たんだなって安心しました。DFを引き付けながら、本当絶妙なタイミングで絶妙な場所に出した。平山も、ラインをちゃんと見てるあたり冷静さを感じさせて良いんじゃないかしら。

あとはカレンの得意のドリブルをもっと見せてくれても良いと思うんだけど。せっかく体も強くなって来たんだし、自ら突破出来るだけの技術も持ってるはずなのに…もったいないよー。

あの大チャンスは難しかっただろうけど、あそこまで行ったら決めなきゃだよね。ポストに当たったときの「カンッ!」って音が凄く大きく鳴り響いて虚しかったです(´・ω・`)
もうちょっと。あともうひと頑張りで連続無得点記録ともさよなら出来そう。


■康太
交代の準備してるって聞いて、まさか見れると思ってなかったから不覚で余計に嬉しさ倍増。しかも福西さんの代表のときと同じ15番で、またわーいわーい!ってなった( ´∀`)

気付かないうちにピッチに入って来たけど、いきなりファールもらって退場者出してましたね。あれでちょっとでも名が知れ渡ったかしら。
ジュビロの試合のとき、よく解説者に「プレーが名波に似てる」って言い方をされるけど、あの15分間を見て改めてそれを実感しました。どっしり構えてワンタッチでぽんぽんパスを出すとこなんかが特に。
疲れが出て来てるチームの中で、いっぱい走って攻撃にアクセントを付けてたと思う。

上がって自らシュート打ったりも出来てたし、積極的で良かったよ康太。
もっと試合に出してもらえれば連係も良くなりそうなんだけどねぇ…。



反町さんが納得してないように、選手のみんなも納得してないでしょう。
次は相手を圧倒するような戦い方をして欲しいな。もう物足りないなんて言わせないで。



そういやこの間「TOKYO1週間」を読んでたら、U-22代表イケメンチェック!みたいなコーナーがあったのを目にしましたよ。
大人気のイケメン選手のお写真と共に、顔の系統まで書かれてました。

増島 : ジャニーズ系
増田 : 子犬系
谷口 : しょうゆ系

とかこんな感じで( ´∀`;) ちなみに

カレン : ノッティングヒル系
謙弥 : アニキ系

だそうです。わかんないわけじゃないけど…ノッティングヒルって…。

2007 / 03 / 03 (Sat) 01:14 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ 北京へ1歩ずつ ]



ちょっと遅くなりましたが、カレンと謙弥の出場メモを。


【キリンチャレンジカップ2007】
U-22日本 0 - 0 U-22アメリカ @熊本

得点者 : なし


サッカーを90分間フルで見ること自体がだいぶ久しぶりだったから、いつもより無駄にワクワクしながら録画を再生しました。
謙弥が当たり前のように正GKの位置をキープしてることと、李くんが来て争いが激しくなったスタメンFWの中にカレンの姿があることが本当嬉しい。特にカレン、ジュビロでも着慣れてる22番を背にしてたから余計に期待度が増しちゃいました。

つい最近アジア大会もやってたし、国立にも来てて2試合ぐらい観に行けた。もしかしたら個人的には今のA代表よりも愛着が沸いて来てるかもしれないこの世代。
初めて目にするのは李くんぐらいで、あとはもう見慣れた感じのメンバーです。


ロングボールが多いわりに、中の人数が足りてない場面多々。あんなに良いクロスを上げられる選手が揃ってるのにもったいないです。
サイドからの攻めが多かったけど、もうちょっと中央を使ってみるのも良いと思うんだけどな。梶山・ケースケ・水野くんあたりがパスを回してつなぐシーンがもっと見たかった。
前・中盤・後ろがもっとまとまってくれればねー。全体的にバラバラでチグハグな印象を受けちゃいました。

アメリカは体格が大きいけど、前半は力負けすることは少なかったかな。
後半は立ち上がりでリズムを奪われて、そのせいで運動量がもの凄い勢いで落ちた。だからなかなか奪えなかったし、奪ってもすぐ奪い返されての繰り返しでした。
前半と後半、まるで別チームみたいだったよ(´・ω・`)



■謙弥
後半のロスタイムに前に出すぎて、無人のゴールに決められそうになったとこをイノハの好セーブに救われました。ありがとう、イノハありがとう…。
前半もDFと息が合わなくてちょっと危なっかしいシーンも。西川くんが戻って来てもそのポジションは譲らないように、これからもずっと無失点でお願い。

能活も言ってるみたいに、「自分から攻撃を作ってやるぞ」みたいなロングフィードが蹴れるようになるともっと良いな。


■カレン
前線の運動量は1番。左右だけじゃなくて上下にも走り回って色々かき回してくれました。
梶山のパスを平山がシュートしたあの大チャンスの陰で、右に走って囮になったのも見逃しませんでしたよ。
ちょっと前までは自分が動きすぎて周りと意思疎通が出来なくて孤軍奮闘って感じだったけど、平山のフォローをしたり李くんとポジションチェンジしたり、少しずつ連係も高まって来てるみたい。

あのヘディングシュートは「ゴン中山を思わせるような」って言われてましたね。あの力強さをもっともっと全面に出せれば迫力も増すはず。
ポジション取りは巧くなって来たから、あとは自分で打ってやるってシュート意識を高めて欲しいです。

交代で下がる直前までドリブルでするする上がってチャンスメイクしてました。
だんだん足元も強くなって来たし、積極的に身体で当たるようになったと思う。
あとは得点さえ付いてくればねぇ…。31試合連続無得点記録を未だ更新中らしいですね。そろそろストップさせてくれー。


■康太
ベンチに座ってる姿がちょこちょこ映ってました。早くアナウンサーや解説の人に触れてもらえるくらい名が知れて欲しいね。
試合後はカレンのとこに笑顔で寄って行って2人でじゃれ合ってました。

カ 「おまえ顔になんかついてるぞ」 (頬のあたりを触る)
康 「やめろよー」 (手を振り払ってそっぽを向く)

みたいなやり取りをしてました(↑妄想)。何とも微笑ましい( ´∀`;)
次は少しでも良いからピッチに立てますように。



北京五輪2次予選のメンバーに3人とも生き残りました。
まだJリーグもA代表も開幕しないこの時期に、もう1週間後には予選が始まってるだなんて実感沸かないなー。
3人ともしっかりチームに貢献できますように。願わくばカレンのゴールが見れたら最高(-人-)

2007 / 02 / 24 (Sat) 01:40 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ 謙弥のみ ]



謙弥が出たから軽くメモ。


U-21日本 1 - 0 U-23シリア

得点者 : ヒラヤマ


後半のみさらっと見ただけなので、あんまり詳しいことは書けませんが( ; ̄ー ̄)...
カレンが出れなかったのが何よりも残念です…。


ロングボールを多用するわりには中の人数が足りない場面が多かったかな。
あとは色んなとこでポジションがかぶりすぎ。どこのチームのサッカー見てても思うけど、もうちょっと周り見て考えながら動かないとね。
ジュビバカ的には、カレンがいないから前線の運動量が物足りない気がしちゃいました。パスの出し所がないから、1人1人がボールを持つ時間が長い。その分攻撃にスピードと迫力が出ないのかなって思います。

守備は安定して来ました。
色んな選手が攻撃に絡めるようになったし、最初の頃と比べればある程度はまとまりも出てきた感じ。シュート数がもっと多くなればもうちょっと楽しめそうな気がする。


シュート打たれて1番後ろからわんわん吠える謙弥を見た母親が、「あの子能活みたいね」って言ってたのが1番嬉しかったですよ。
そーなんです。最近はいつも能活の背中を見てますから( ´∀`)



よく考えたら2つ世代が上の相手にしっかり勝ててるんだし、これを自信に北朝鮮にも勝てれば良いじゃないかな。

2006 / 12 / 05 (Tue) 00:24 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ カレンと謙弥の出場記録 ]



さらっと見たからさらっと書き残し。


U-21日本 3 - 2 U-23パキスタン

得点者 : 圭佑 谷口 谷口


謙弥とカレンがスタメンフル出場だったことが純粋に嬉しいです( ´∀`) けど、後半の途中でちょっとだけ寝ちゃったよ。

攻めたいのか守りたいのかいまいちまとまりがなかった。システム変更してドタバタしてるうちに隙を突かれての失点だし。
何て言うか、攻撃に面白味が欠けるんだよね。あんな良い選手がいっぱい揃ってるのにさ。ただ走るだけじゃなくて、もっと考えながら先を読むプレーも必要だと思う。全体的に視野が狭すぎだし、攻守の切り替えもまだまだ遅いよ。


カレン、何だかんだで1アシスト。
後半でちょっとペースダウンしたけど、前半もTVから見えないとこでいっぱい動き回ってたんだと思うよ。コンディションの良くなかったらしい平山と2トップで、最後の最後に念願のカレン前田コンビが実現しました。
平山とはまだ全然息が合ってない気がするなー。ポジションが被ることが多かったし、2人の連係プレーもほとんど失敗に終わってました。
もうちょっと周りを見れるようになれると良いんだけどね。

2点目のあれはギリギリでオフサイドじゃない。とジュビバカ的には思ったのですが。カレンからもらった谷口くんは際どいね( ; ̄ー ̄)...
谷口くん、Jリーグでも13ゴールなんて言うFWばりの得点力を見せてるけど、やっぱり代表でもそれは変わらないようです。カレンにもそろそろゴールを下さい(切実)。



北京で世界を目指すなら、アジアでは優勝しないと気が済まないんだからね私。

2006 / 12 / 01 (Fri) 00:49 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

[ ただひたすら精進すべきです ]



この世代ってイケメン多いよね( ´∀`) と、ミーハー的なことをしみじみ感じました。


U-21日本 1 - 1 U-21韓国

得点者 : 誓志


U-21日韓戦@国立後半あたりからちょっと身体が冷えて来たけど、カレンが登場したおかげで寒さなんかどっか消えたよ。

平山が先発とだけ聞いてたので、カレンが最初から見れる確率は50%だなーと覚悟はしつつ。
選手紹介でコケの名前を聞いたときはショックでしたね、だいぶ(⊃Д`;)


えーと。まず初めに言うなら、全体的にまとまりがないね。このチーム。
色んなとこで意志の疎通が取れてなくてちぐはぐな印象を受けました。あれじゃ個々の技術も生きないわよねーとか思っちゃうよ。

誓志とか水野くんあたりが精度の良いクロスをいっぱい放ってたんだけど、中に人数が足りてるわりにはどうもタイミングが合わなくて歯がゆいシーンが目立ちました。
ボールキープしてるときの周りのフォローも全然ないし、何でもないとこでパスミスもあったし。みんなちゃんと声出してコンタクト取れてたのかしら…。


個人個人がバラバラな感じがしちゃうのは、周りが見れてないせいもあるのよね。
何しろ大きい展開が少ないのよ。だから攻撃も単調になってました。
サイドチェンジだったり裏へのスルーパスだったり、そう言うのがあればもっと面白かったのにー。
ゴール前でももう一工夫欲しいな。シュートを無理やり打ってことごとく相手DFにブロックされてたけど、あそこで気の利いたフェイント入れるなり横に出してみるなりすれば、決定率も上がって来ると思う。


あとはスピードと走る量。
攻守の切り替え・パス判断・シュートに行くまで、全てが遅すぎー。1人1人がボール持つ時間も長い気がするなぁ。
こぼれ球ももっと積極的に追ってよ。若いんだからいっぱい走ってよ。



■謙弥
フル出場やったね!楽しんでやれたそうで何より(^ー^)
青山くんとすれ違いになったシーンはひやひやしたけど、全体的に安定してました。
顔面セーブしたあとすぐに失点して、悔しそうにジダバタしてるのが印象的だったな。けどそのあと立ち上がってバンバン手叩きながら怒鳴ってましたよ。
まるで能活を思わせるようなリーダーシップを発揮出来てたんだと思います。

西川くんが怪我して得たような出場だったけど、謙弥なりにばっちりアピール出来たはず。
どうかどうか、自信持って北京メンバーに入れますように(-人-)


どーでも良いけど、個人的に謙弥は水野くんの次くらいにイケメンだと思ってます(ぇ


■カレン
火が付いたように色々走り回ってました。
他の誰よりも彼が1番ボール追いかけてたし、動き出しも速くて鋭かった。
なのに周りと息が全然合わなくてやりにくそうだったなー。あまりに動くもんだから、隣の平山が戸惑ってたようにも見えた。
ボールタッチ数自体がそんなに多くなかったけど、カレンはカレンらしくもっとがつがつ行ってくれないと。あのカウンター…あそこまで行ったらパスじゃなくて自分でシュート打って欲しかったよねー、やっぱ(´・ω・`)

あれじゃまだレギュラー奪取するだけのインパクトが足りてません。頑張れ。点取れ!


■乾くん
フクバカ的に大好きな23番を着ていることを知って、1人で舞い上がりました。
ラスト5分くらいしか見れなかったので、彼のプレーに感動する暇もなく終わっちゃいましたけど。意外に背小さいのねー。と、ただそんな印象だけが残ってます( ´∀`;)

彼の本当の凄さは、年明けの高校サッカーでしっかりと堪能することにしよう。



この世代、イケメンが多いだけじゃなくて技術もしっかりしてる選手が揃ってると思うんだけど、もっと泥臭さとか気迫も全面に出して戦って欲しいな。
まだ全然発展途上で当たり前。だからこそ見守り続けるんですよ、北京まで。

2006 / 11 / 22 (Wed) 02:23 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0

[ 2万人が見た ]



浦和戦にどうしても勝って欲しくて、見たい見たいーって思ってたら関東では生中継があるみたいです。飛び上がるほど嬉しいわヽ( ´∀`)ノ


えーと。誰々が合流とか復帰とかジュビネタはいっぱいあるみたいなんだけど、忘れないうちに観戦メモを先に残しておきます。さらっとね。



+ + +


06U-21中国戦@国立5万人入る国立なのに前売りチケが7千枚しか売れてないと聞いて、うわぁ~とか言ってたところ。
つい先日突然招待券が手に入ったので、それならばと行ってみることにしました。
後半開始と同時くらいに到着。当日の夕方まで行くかどうか迷ってたもんで、夏に買ったばかりのお気に入りのデジカメを持って行くの忘れたよ…。

↑悔しいけどお気に入りのケータイで撮影。auのW41CAです(どーでもいい)。


U-21日本 2 - 0 U-21中国

得点者 : 梶山 ヒラヤマ


何だかんだ2万人以上入って、ホームゴール裏とバクスタは結構埋まってましたよ。
しばらくスタジアム観戦から遠ざかってたし、この世代を生で見るのは初めてなので無駄に新鮮さばっか感じちゃいました。

康ちゃん代表デビューはおめでとうだけどさー。
個人的にお目当てだった前田カレンの2トップを見れなかったのが残念でならない(⊃Д`;)


後半から見始めたらいきなり攻め込まれまくりでちょっと心配になっちゃったよ。立ち上がりでリズムを掴めないと最後までずるずるグダグダで終わっちゃうのは、どっかの静岡のチームにそっくりですね…。
西川くんも含めて守備はかなり安定してたと思うし、最後の5分間以外はこれと言って恐いシーンも目立たなかったかな。一柳くんとか初めて見たけど、あの3バック、妙に落ち着き過ぎてるような気がして驚きました。


■北斗誓志圭佑
の3人が飛び抜けて巧かったです。
特に北斗が凄い勢いで上がって来るのがよーく見えて楽しかった。まるでヨシアキのようにいっぱい走ってたけど、ヨシアキほどサイドをえぐったりはしてなかったかな( ´ー`;)
彼、近くで見ると意外にちっちゃいのねー。

北斗と誓志のセンタリングは鳥肌が立つほど絶妙。しかも圭佑とか梶山が積極的に上がって来るから、A代表のお兄様たちの試合に比べて中の人数も揃ってる。
だからこそ、ゴール前でポジションがかぶったりするのが勿体なかったです。
全然足元に収まらないのも問題ね。あれじゃ球際弱すぎよー。


■ヒラヤマ
ピッチに目をやったとき真っ先に目が行きました。あの体格だから遠くからでも存在感抜群。
うーん…それなのに動きはいまいち鈍いと言うか。足元が覚束ない感じがした。
テクニックが売りの選手じゃないことは知ってるし、ポストプレー役が得意なんだろうってのはわかるけど。中でパスを受けても前を向かないから、彼のとこでいちいち攻撃のリズムが止まっちゃってる気がしました。

身体の強さは圧巻だし、しっかりゴールを決めちゃうとこなんかは、さすがオランダで修行を積んで来たストライカーだなぁとは思ったけどね。
肘で押し込んだあとゴール裏に向かって投げキッスする姿には爆笑しちゃったよ( ´∀`)



まだチームとしてまとまり切れてないし、これからメンバーの入れ替わりもあるだろうからこの先に期待だよね。そんな中で選ばれたジュビロ勢が少しでも育ってくれたら嬉しいな。

2006 / 10 / 27 (Fri) 01:27 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0

[ さらっと流し見 ]



なんかねー、あれなんだよね。
前半とか…気付いたら寝てたからほとんど見てないんだよね( ; ̄ー ̄)...
興味が全くなかったわけでもないんだけど、疲労やら寝不足やら風邪気味やらが代表観戦愛に負けてしまったようです。


インド 0 - 3 日本

得点者 : バンド バンド ケンゴ


そんな感じでグダグダ流し見してただけなので、印象に残ったとこだけさらっと。


■細かい
オシムになってからだいたい毎試合思ってるんだけど、大きな展開が少ないのよね。あったとしても巧く行ってない。
サイドでフリーになってるアレやら駒野やら山岸やらがいるのに、無駄に細かいバックパスを繰り返すのはもったいないです。空いたスペースをどんどん見つけてどんどん使って行かないと、リズムも悪くなっちゃうんだと思う。


■だだっ広い
中央ががら空き。特にDFラインが下がりすぎてて、バイタルエリアを使われるのが恐かった。
インドさんの攻撃は全然スピードがなかったから助かったけど、あれじゃいつミドルシュートを決められてもおかしくなかったよ。
押し上げるべきとこは全員で押し上げて、コンパクトにやって欲しかったな。


■動かない
基本FWの選手が動かなさすぎ。せっかく前まで来てボールキープしても、周りが全然動かないからパスの出しどころを失ってもたもたしちゃってました。
播戸くんみたいに色々動いてみれば面白いのになーって思います。
寿人、大好きだからもっともっと積極的にかき回してよ…。


あとは個々の技術の問題かな。ちょっとしたトラップとか、クロスの精度とか、何でもないとこで損をしてる気がする。
この代表、明らかにそこんとこが足りてないのよね。厳しいことを言うようだけど…。



播戸くんと憲剛、代表初ゴールおめでとうヽ( ´∀`)ノ

播戸くん、頭に包帯でもスタメンなら絶対決めてくれるだろうと思ってたので、1ゴール目を見たときは「やったー」よりも「やっぱり」の方が大きかったです。
憲剛のあれはめちゃくちゃ憲剛らしくて絶叫しそうになりました。実況の人が「目が覚めるようなゴール」って言う表現をしてたけど、その目が覚めた人ってのは間違いなく私のことです。
彼、苗字だけじゃなくて顔も髪型も体型もなんとなく俊輔の方の中村にそっくりね。


・ 水本くんが頭を打って戻って来れなかったのが心配。
・ 能活は相変わらず安定してて頼もしくて、ジュビサポとしてなんか誇らしかったです。
・ インドの青の15番の背中を見ると、どうしても FUKUNISHI を思い浮かべちゃう私は正真正銘のフクバカ。
・ バンガロールのスタジアムは停電多すぎじゃないかな。
・ 犬が乱入とか初めて見たし。

そんな10月のある日の代表戦でしたとさ。

2006 / 10 / 12 (Thu) 00:53 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ 負けた気がしなーい ]



06ガーナ戦@日産雨の予報だったけど、試合終了どころか家に帰る時間までもってくれました。スタジアムに着いたのが遅めだったし、天気の心配もあったから後ろの方で観戦。

生オシムジャパンは約2ヶ月ぶり。
日産スタは…土曜日ぶり( ´∀`;)


日本 0 - 1 ガーナ


負けたし能活だけだし、さらっと行くよ。さらっとね。


■守備
コンちゃんも勇樹も本職じゃない位置で、かなりムリヤリ急造な感じの3バック。
個人技でガツガツに攻め込んで来るガーナ相手に、2人とか3人がかりで粘って粘って。それでも簡単に抜かれて、何本もシュート打たれてました。あの精度のなさのおかげで1失点で済んだのよね( ; ̄ー ̄)...
代表になってからまだ間もない選手が多いから、どこかぎこちなさがあるって言うか。もうちょっと余裕持ってプレー出来ればなぁって思う。ボールウォッチャーになってばっかりで、後ろから上がって来る選手の対応が全部遅れてたのが気になった。


■攻撃
単純に裏を狙ったプレーで得点を奪おうとしてたみたい。
巻さん・寿人・山岸・ヤットの4人が代わる代わる果敢にゴール前まで走り込んで来ては、あとちょっとのとこでオフサイド…みたいな展開が多かったな。

全体的にスペースをもっと巧く使って欲しい。
特に前半は右サイドにあんまりボールが入らなかったけど、あれだけ広く開いてるのに誰も上がらないのはもったいなさすぎ。真ん中で奪ってせっかくフリーなのに、自分で行かずにバックパスとか横パスとかしちゃうのももったいなさすぎ。
大きな展開が少ないのよ。周りを冷静に見ながらプレー出来る選手がまだ少ないのかなぁとも思った。

後半最後の15分ぐらいは、長谷部やら憲剛やら二川やらのパサーが中盤にいっぱい揃ってて楽しかったな。パスが繋がれば繋がるほど、日本らしさが出て面白くなるんじゃないかしら。



実はW杯では全然ガーナの試合を見れてなかったもんで、エッシェンもアッピアも名前ぐらいしか知りませんでした。見つけるまでにずいぶん時間がかかっちゃったよ( ´ー`;)

ガーナのみなさんは時差ぼけとか食べすぎとか色々で、コンディションは万全じゃなかったみたいです。
でもそれにしたってあの身体の強さと速さは脅威。奪われるとあっと言う間に1番前まで持って行かれるから、いつ決められるかひやひやものでした。
シュートの精度があれなのと、パスミスが多かったのに助けられたね。



+ + +


そんなこんなで。
福西さんが4日から練習に合流、フルメニューを消化したとの情報が入って来てます。
復帰戦はガンバ戦でなく、次の大宮戦になるみたいですね。
時間がかかっても、しっかり戻って来てくれればそれで良いのよー。

2006 / 10 / 06 (Fri) 00:07 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback2

[ 高いし狭いしボッコボコだし ]



そんなに厳しいの?ってほど高地ってことが強調されてたけど、本当にキツそうでしたね。
特に羽生くんとか。なんか肺活量少なそうだよね、彼(ぇ


イエメン 0 - 1 日本

得点者 : 我那覇


ただ走れるだけじゃなくて、技術も欲しいなって思っちゃうよ。やっぱり。
何でもない簡単なパスが敵に回っちゃったり。せっかくサイドを突破してもクロスがどっか飛んでっちゃったり。トラップに失敗してシュートまで行けなかったり。
あそこでもう1つ何か出来れば…って言う歯がゆい場面が多かった。


■攻撃
全体的にバランスが悪いと言うか。いて欲しいところに誰もいなくて、それなのに全然別のとこでポジションかぶっちゃったりしてたね。
中央に大きくスペースが空いてるのに、1番前に4人も固まって待ってたりとか。
周りよく見ろよーって言いたくなった。
前の選手はもっと縦に横に色々動いて良いと思うな。ボールが来るのを待ってるだけじゃなくて、ボールを引き出すような動きをしなくちゃ、そりゃチャンスも出来ないわよ。

寿人を45分間も見れたのは嬉しかったけど、あんなに早く達也を下げちゃったのにはがっかりしたな…。個人技で突破してくれる選手が1人はいないと物足りない。
オシムのサッカーで個々の技術が求められてるわけじゃないことはわかるんだけど、そう言うのもたまにはないと攻撃にアクセントが付かなくてグダグダしちゃうと思う。


あとはもっとコンパクトにやっても良かったんじゃないかしら。
DFラインが無駄に下がりすぎて、FWが孤立気味だった。
巻さん、サウジ戦ほどではなかったけど相変わらずボールに絡む回数が少ないよ。


■守備
あんまり攻められなかったから、安易に「守備が安定してた」とか言っちゃうのもあれかしらね。けどそれにしたって闘莉王はやっぱり頼れる存在だなって思ったし、ツボもいつになくキレてたから、ソワソワしちゃうようなシーンは少しもありませんでした。
攻撃から守備への切り替えは早いんだよ、みんな。だからカウンター食らって人数負けするようなことも少ないし。
そう言うとこはさすが走るサッカーだよね。



連動性を大事にしてるってことは充分伝わって来てるし、だからこそ初めは上手く行かなくて当然だと思う。これから試合を重ねるごとにどんどん完成に近づいてくはずだよ。
アジア杯ももちろん重要だけど、1番の目標はやっぱり4年後だしね。今は育成中の日本代表を温かく見守って行きますよ。



今までの代表なら、福ちゃーん!マコー!タカー!って個人も気にしながら観戦してたんだけど、最近はそんなこともやらずに済んでます( ´∀`;)
そのおかげか、いつもより多少客観的に見れてるような気がするんだけどさ…ジュビロ勢がGK能活1人の代表はやっぱり寂しいや。

2006 / 09 / 07 (Thu) 01:56 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ 見たよ、さらっとね ]



テレ東が見れる身なのに結局リアルタイムで見ず、今さっき録画で観戦しました。
大熊さんは相変わらず声大きいのね( ̄∀ ̄;)


サウジアラビア 1 - 0 日本


たとえ梅崎や二川が見れなくても。能活がスタメンでキャプテンやってたし、大好きな寿人も見れたし、メンバー的にはまぁそれなりに満足よー。
とかはさすがに思えませんね。

負けたは負けたでその結果自体が残念なんだけど、今回は結果だけじゃなくて内容もどうしようもなかったから余計にもやもやしてます。
初戦から3試合、数を重ねるごとに面白くなくなってると言うか。オシムらしさが消えて行ってるような気がするのは私の気のせいなんでしょうか…。


■攻撃
なんかね、前の選手があんまり目立ててなかったんだよね。チャンスが少なかったわけじゃないのに。
巻さんがボールに絡む回数が本当に少なくて、隣で見てた弟が「え、いたの?」って驚いてたほどでした。後半に出て来た寿人と我那覇、もっと動いてリズム変えて欲しかったな。

やっぱりタメを作れる選手がいないとグダグダになっちゃうのね。
足元でキープ出来るようなテクニックのある選手とか、ちょっとぐらいプレスかけられても奪われずに粘れるような強い選手とかがオシムジャパンには少ないと思う。
だからどうしても、俺たちの前田遼一がいたらもっと迫力出るだろうに…とか余計なことを考えちゃうのです( ´∀`;)

たまーにあった達也のドリブルは結構効いてたね。ああ言うのをもっと増やせば面白いんじゃないかしら。
やっぱり走ってなんぼのオシムサッカーだし、スピードがないとパッとしないよ。


■中盤
勇樹と啓太のボランチ、守備面では悪くないと思うけど攻撃には全くと言って良いほど顔出せてなかった。ジーコのときのフクヒデボランチとかとはまた違った役割を担ってるんだろうけど…もっと積極的に組み立てて欲しいな。
途中で勇樹が後ろに下がって云々ってのはさておき、マイナスボールがあまりにも多すぎてちょっとイライラしちゃいました。素敵な縦パスとか、思い切ったサイドチェンジとかが少なすぎ。
前にスペースがあるときはリスキーになってどんどん上がって欲しいし。
あれじゃ色々もったいないよ。


■守備
ボランチの2人がほとんどDFラインに吸収されちゃってた感じだった。
中盤で全然プレッシャーをかけれてなくて、中央でドフリーで持たせちゃうようなシーンが多くてソワソワでした。って、ソワソワしてたら案の定入れられちゃったんだけどね(⊃Д`;)
ミドルシュートが得意な国だったら、ボカスカ打たれまくってただろうな…なんて怖い妄想を。

まぁ守備陣は連係がどーの以前にミスが多い印象だったけどねー。
能活、敵に向かって投げたりサイドライン割っちゃったり、調子悪かったみたいね。



サウジに負けたのは何年ぶりってので結構騒がれてるみたいだけど、まだたったの3試合だし。これからどんどん面白くなって行くんじゃない?

それにしても、生で見れなくてもべつにいいやーとか投げやりだった代表戦なんてだいぶ久しぶりー。ジュビロのみんな、少しでも早くオシムに認められるように精進して下さい(-人-)

2006 / 09 / 05 (Tue) 01:06 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ 寿人にほれぼれ ]



また能活しかいなーい。から、例のごとく大した興奮もせず。
当日だって言うのに代表情報も何も全くチェックせずに試合を見始めたもんで、どんなフォメなのかもしばらく理解出来ずにいました。

大悟は?隼磨は?長谷部はー?とか。
W杯前のアジア杯予選が何だか知らないけど、背番号早く固定してよー。古い井戸の水しかわかんないじゃーんとか。
そんなことばっかうだうだ考えながら見てました。


日本 2 - 0 イエメン

得点 : 勇樹 寿人


やっとゴールが決まって大騒ぎしてる父親を尻目に、「FWのゴールじゃなきゃつまんなーい」とかテンション低めだったんだけど。

寿人が交代で入って来てわーいわーい!ってなって。
しかもロスタイムにしっかりゴールまで決めてヤッター!ってなって。
さらに試合後勇人と仲良さそうに話したり、左目にバンソウコウ貼りながらインタビューに長々答える姿を見ながらウハウハしたり。
彼1人で無駄に興奮しすぎましたね、もう( ´∀`;)



みんなの想定内だったみたいだけど、相手に思いっきり引かれてスペースを消されて、やりたいことが思い通りに出来なかったのかなーと。
トリニダード・トバゴ戦で見たあのスピードが消えちゃってて残念でした。
もっとスムーズなパス回しが見たかったよ…。前目の選手があんまり動いてなくて、中盤で奪ってもこねこねしてるシーンが目立ちました。

シュート30本は大したもんだけど、本数の割に惜しいシュートは少なかったような。
ボールをしっかり支配出来てて流れがこっちの時間帯は、もっと丁寧に行って欲しい。
ちょっと無理そうな位置からミドルシュート打ったり、苦し紛れに雑なセンタリング上げたりとかはもったいないです。

あとは前の方でポジションがかぶってることが多かったかな。
日曜日に集まったばっかりだから連係の問題もあるんだろうけど、それ以前に個人個人が周りをよく見れてないなぁって印象を受けた。
特にゴール前ではもう少し冷静になってよね。


守備の方はあれですね。能活とか、家に帰れちゃうくらい出番少なかったですね(ぇ
ファーストタッチいつだよ…って言いたくなるほどTV画面に登場しませんでした。
簡単なミスからカウンターを狙われたのはよろしくないけど、全体的に啓太・勇樹らへんがしっかり守れてたと思うよ。


・ A代表史上初双子同時出場おめでとう。
・ 勇人寿人って仲良いんだなーって改めて思いました。
・ 羽生って顔ちっちゃいんだなーって改めて思いました。
・ アレはいつもの持ちすぎアレでした。
・ 勇樹にもFK蹴って欲しかったな。
・ 激しく倒されまくる達也が、いつかブチ切れてしまわないかと心配だったよ。
・ てか闘莉王は上がりすぎじゃない?


まだまだ2試合目だし。発展途上だし。
目の前の課題をクリアしながら、徐々にオシムサッカーに慣れてけば良いと思うよ。
そして私も早くオシムのサッカーに慣れて行きたいです。だっていつか…いつかジュビロの若手組もあそこに仲間入りするはずなんだから。

2006 / 08 / 17 (Thu) 01:21 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ これがスタート地点 ]



台風上陸だから中止だなんだ騒がれてましたが、ばっちり国立に行って来ました。もちろん 15 FUKUNISHI のユニを堂々と背にして。

雨が降る中お昼過ぎに競技場に到着。場内に入る頃にはすっかり止んで、試合が始まる時間には晴れ間まで見えるくらいになってました(^ー^) 試合中ポツポツ降り出してカッパを出したものの、そこまで酷い大雨には遭わず無事観戦終了。
夏休みとは言え、平日の夜にこの天気で5万近くは結構入った方なんじゃないかしら。


日本 2 - 0 トリニダード・トバゴ

得点者 : アレックス アレックス


とにかくオシムって人はサポからももの凄い支持を得ているようでした。
スクリーンに映るとスタジアム全体から大歓声が上がるし。どの選手よりもまずオシムコールが1番熱くて気合が入ってた気がする。
本当に日本中から大きな期待を背負ってるんだなーってのをしみじみと実感しました。


トリニダード・トバゴ戦@国立新鮮なメンバーで見慣れてない上に背番号と名前もまだ一致しないから、誰が誰なのか判断するのだけでもえらい苦労しちゃったよ( ´∀`;)
反町さんのときと同じく、オシムのサッカーをこうも真剣に見るのは初めてだから大したことは書けないけど。印象などをつらつらメモ。



■良かったとこ
とにかくスピードがあるなぁってのを全体を通して感じた。奪ったあとどんどん前に進むから良い意味で落ち着けないって言うか。終始ワクワクさせてくれました。
集まってからたった4日にしては息もだいぶ合ってた感じね。サイドから大きく展開したり中央で細かくつないだり、色んな攻撃の形が見れて飽きなかった。素直に楽しめたよ。

簡単なロングボール1本が本当によくつながって、それに連動してみんなも走って上がって来るから少ないパスでも大きなチャンスが作れてた。
そういうのはジーコで見れなかった部分かなぁと。

プレスも高い位置から積極的にかけれてました。1人の選手に対して1人でなく、2人も3人も行くから負ける気がしなかった。…って言ったら大袈裟かもしれないけど、何となく安心感が大きかった気がする。
隼磨が攻撃参加する代わりに啓太が守ったり、闘莉王が上がったところにアレが入ったり、お互いのフォローもしっかり出来てたね。


■よろしくなかったとこ
セットプレーの守備のときのマークが曖昧。ポジションがかぶっちゃって混乱してることが多々。1本目を凌いでも、後ろから来る選手に気付かずにロングシュート打たれちゃうことが結構多かったです。ボールウォッチャーになっちゃダメよー。

後半になってから中央に大きなスペースが出来ちゃって、そこをいつ使われないかとドキドキしました。選手同士の距離が前半と比べるといまいちな感じに。これは戦い方の問題だけど、攻めたい選手と守りながら慎重に行きたい選手でちぐはぐしちゃったのかなぁとも思います。
運動量もだいぶ落ちて、プレッシャーのかけ方も甘くなったね。そりゃあんだけ走れば疲れて来て当たり前って話だけどねー。


■古い井戸の水
キャプテンは能活。
いつにも増して安定感抜群。何しろジュビロ勢は彼1人なので、ヨシカツコールは図らずとも一段と気合が入ってしまうのです( ´∀`)
やっぱりどうしたってもう31歳のベテランなんだなーって空気を感じずにはいられない。

アレは攻撃的なポジションになってより本領発揮。
あのFKには文句なしに感動しました。
楽しそうと言うか、生き生きしてると言うか。こねこねするとこは相変わらずなんだけど、存在感出せてたよ。


■その他雑感
・ 闘莉王凄いよ、田中マルクス闘莉王。
・ 我那覇がテクニックを持ってる選手ではないんだなーってのはわかった。
・ 山瀬がこんなに良い選手だとは正直思ってもみませんでした。ごめんなさい。
・ 目立たないとこでいっぱい走る新15番の運動量にびっくり。
・ そして惚れ直したよ、隼磨。
・ 彼の上に立つのはそう簡単じゃないぞー。ヨシアキ頑張れ。
・ 個人的に達也寿人の2トップってめちゃくちゃ好きですね。
・ って言うかあれはバックパスよねー寿人。
・ トラップがもっと上手くいけばねー寿人。
・ 欲を言えば、新しい井戸の水な人たちのゴールも見たかったです。



これから始まるオシムジャパンにドキドキワクワク。そのスタート地点に立つ日本をすぐ近くで見れて、予想以上に満足して帰れました。
イエメン戦、ジュビロ勢が1人でも増えることを祈ろう(-人-)

2006 / 08 / 10 (Thu) 17:58 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ 大きくなれよー ]



こんなに真剣にユースの試合を見たのって何年ぶりだろー。ってほど、何だか妙に気合を入れて見ちゃいました。
録画放送が始まる前にYAHOO!のトップページでうっかり結果を見ちゃったんだけどねー。


U-21中国 0 - 2 U-21日本

得点者 : けーすけ ちかし


直前の特集っぽいやつでカレンが取り上げられてたもんだから、当然スタメンにも入ってるんだろうと信じて疑いませんでしたよ日テレさん。コケの1トップだなんて驚きー。



えーっと…。反町さんのサッカーはまだ詳しく知ることが出来てないので、感想って言うか印象をそれとなく。


■攻撃
全体的に縦へのロングボールが多かったです。やたらと。
奪ってからすぐ前にボールが入るのは良いんだけど、それをやるならもっと精度上げて欲しいなぁと。ちょっとしたトラップとかが上手く行かなくてこぼすようなシーンが多くて勿体なかった。
もっと悪く言ってしまえば、雑すぎゆえに自ら損をしちゃってる感じ。特に前半は全然シュートまで持って行けてなくてぐだぐだ状態でした。

個人的にはもっと中央で細かくパスを繋ぐような展開も見たかったな。
中盤にあんな良い選手がいっぱい揃ってるんだからさ。


■守備
守りの方はだいぶ西川くんの好セーブに助けられてたかな。
ゴール前のみんなの動きがスムーズじゃないと言うか。ドタバタしてた感が否めません。
個人個人が激しくぶつかり合う場面もいっぱいあったけど、1対1でなかなか競り勝てないのを見ながら、中国との差をしみじみと感じちゃいました。


■俺たちのボビー
カレンは後半20分あたりから交代で出場。9番を付けてるのを見て凄く凄く興奮しちゃいました。あのユニ、残念ながら名前は入ってないんだけどね(⊃Д`;)

うーん…かなり期待されてるわりにはあれ?と言う出来。
攻撃に絡めないどころかボールを触る回数も少なめだった気がするんだけど。らしさを見せれず不完全燃焼な感じのまま終了でした。


スコアだけ見たら気持ち良いけど、内容的には逆に押されてたよね。
リーダー的にぐいぐい引っ張ってくれたりとか、ボールを預けさせてみんなを落ち着かせたりとか、中心になるゲームメーカーがこれと言っていないから物足りない感じがしちゃったよ。
でもそれはそれで、全体がよりまとまりやすくなって良いのかなーとも思うけど。

何しろこの世代の目指してるサッカーがまだちゃんと理解出来てないし、よく知らない選手もわりといたし…。
とりあえずこれからに期待するしかないよね。



担架ってゆーか重そうなストレッチャーっぽいのから落とされてた中国選手の彼、お大事に。真面目に痛そうでした(((;゚Д゚)))
落とされなかったけど清水の青山くん、そしてピッチの外で涙を流してるように見えた広島の青山くんもお大事に(-人-)



そして明日はオシムジャパン初戦。
ジュビロの選手が少ないとかそう言うのは関係なく楽しんで来ようと思います。
新15番は鈴木啓太とのこと。寂しくないと言ったら結構な嘘になるけど…でもうん。悪くない、悪くない( ´∀`) それでも私が国立で着るであろうユニは 15 FUKUNISHI だけどね。新ユニはこれしか持ってないのよーごめんなさいねー。
国立でそんな場違いな人を見つけたら、私だと疑ってみるのもありかもよ(ぇ



+ + +


忘れちゃいけないバースデー。ってもう日付変わっちゃったけど( ; ̄ー ̄)...

マコさん!31歳のお誕生日おめでとうございます。
まずは足をしっかり治してジュビロ磐田に戻って来てー。
そしてどうかどうか素敵な1年をお過ごし下さい。

2006 / 08 / 09 (Wed) 00:24 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

[ この悔しさを忘れるな ]



どうあがいたってこれが現実。


日本 1 - 4 ブラジル

得点者 : タマ


福西さんがスタメンじゃないことを確認して、もの凄く悔しかった。
でも今までずっと見て来たジーコジャパンを、福西さんのいるジーコジャパンをしっかり見なきゃ。と言う使命感みたいなのに駆られて最後までちゃんと応援しました。
とは言いつつ、ぶっちゃけ後半の2失点目あたりからあんまり記憶にないんだけどねー。



前半のブラジルは、本気じゃなかったのかなーって思っちゃうくらいいまいちな印象。
チャンスはいっぱい作られながらも、日本の守備陣は結構なこと粘って粘って耐えてたね。
1人じゃ対応出来ない相手なら3人で囲んで止めて奪って。って言う守りが出来てたし。
能活の好セーブにも幾度となく助けられ。

でもブラジルがブラジルらしくなかった以上に、日本が日本らしい攻撃を全く出来なかった。
せっかく奪っても、パスが1本もつながらないうちに奪い返されちゃうようなシーンが1度や2度の騒ぎじゃなかったよ。目を覆いたくなるくらいの攻撃の迫力のなさに、不甲斐ないやらじれったいやら歯がゆいやら…。


先制弾はボランチのイナが起点になって、巧く裏を使えて、タマのシュートも素晴らしかった。一瞬夢を見たような気になった。
けどロスタイムにやられたらその嬉しさも全てゼロに消えちゃうじゃん( ´Д`;)


後半に1点勝ち越されたあたりで、アナウンサーの「弱い雨が降って来ました」って言う声が聞こえたのよねぇ。日本は雨に弱い印象があったから、なーんか嫌な予感がしちゃった。
そしたら案の定立て続けに失点…。最後の失点シーンなんて、誰も何も動けてなかったよ。

タカもすぐ負傷退場しちゃうし(⊃Д`;)



能活も言ってたけど、嫌な流れを断ち切るだけの精神力がまだまだ全然足りてない。技術とかフィジカル的な問題の前に、今の代表の1番の弱みはまずそこだったと思う。  
ブラジルに勝てなかったからどーのとかそう言うんじゃないもん。初戦からずーっと悪い流れを引きずっちゃってた。それがあまりにも痛すぎる。



+ + +


目を真っ赤にしてなかなか起き上がらなかったヒデや、俯いて言葉に詰まってた俊輔だけじゃないよね。どんな理由であれ、みんながみんな同じように心の底から悔しがってるはず。
どんなに涼しい顔してピッチを去って行ったとしても、心の中では大泣きしてたはず。

今は思いっきり泣けば良いよ。また立ち上がれる日を信じて待ってるから。



悔しい。寂しい。今はそれしか言えない。



日本代表や福西さんに対する個人的な思いはまた後ほどアップします。
ごめんなさい。気持ちの整理はちゃんとしなきゃ。

2006 / 06 / 24 (Sat) 00:15 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback1

[ 次で勝てば良いじゃん ]



ニュルンベルクのスタジアムにマコのダンマクが貼られているのを見て嬉しくて、開始前から早くも泣きそうになりました・゚。+゚・(ノД`;)・゜+。゜・


日本 0 - 0 クロアチア


あーもう。どうしよう…ポジティブになれない。


攻め急がなすぎた。って言う印象。
こっちでゆっくりパスを回して相手の体力の消耗を図ってたのはわかるけど、ヒデさんの言ってた通り緩急が全くなかったね。攻撃に切り替わったときに、スピードを上げるべきとこはしっかり上げないと全体的にだらだらしちゃうよ。

能活がPKを神セーブしてこっちの雰囲気が良くなって、せっかく勢いに乗って来たあの時間帯に決められれば…ね。


ロングボールがむやみやたらに多かったかな。
中央を使わないのはわざとなのかしら…って思っちゃうほどサイドからの攻撃ばっかだった。特にお互いに疲れて来てた後半。
ミドルシュートはみんな積極的になってて本当に良かったと思うんだけど、ゴール前の人数が足りてるときは細かいパスをつないで攻めるのも有りだったと思う。
せっかくイナとタマが入ったのに、中央をドリブルで突破するような場面もほとんどなかったし。


後半バテバテになってミスが多くなったのはお互い様だったけど、チャンスの作り方が巧かったのは日本よりもクロアチアだった気がする。
日本がボールをキープ出来てる時間は長かったはずなのに、カウンターでいっぱいピンチを招いてた。オーストラリア戦のときよりもDFラインが押し上がってた分、中盤でポロっと奪われちゃうのは恐かったです。


あとは箇条書き

・ 加地さんのオーバーラップが良かった。怪我明けにしては調子よさげだったね。
・ ヒデさんのスタミナの落ちなさっぷりと言ったらもう、さすがです。
・ イエロー累積で次戦出場停止になろうと、焦ってカリカリとかはしないで下さい宮本さん。
・ 能活に神が降臨したとき、今日の勝利を確信した
・ のに、あとちょっと何かが足りなかったようです( ´Д`;)
・ タカの吠える顔を早く見たいよ。
・ って言うか、巻さんの登場まだー?



本番の福西さん其ノ二↓

2006 / 06 / 19 (Mon) 20:49 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

[ あきらめないんだから ]



ご無沙汰してます。どーもこんばんは。
W杯だって言うのに色々ドタバタしてて、ゆっくり日本戦の振り返りメモをアップする暇もなく…気付いてみれば全出場国の1戦目が終了してしまいました。
ジンギュの試合とか個人的にお気に入りの国とか色々書きたいことはあるんだけど、まずはオーストラリア戦から。



試合が終わった瞬間、どうすればグループリーグを突破出来るかしら…と、勝点とかを色々計算したりして必死に考えてる自分がいました。負けてしまったことの悔しさよりも、トーナメントに進みたいって気持ちの方がずっと強かった12日の夜でした。


日本 1 - 3 オーストラリア

得点者 : 俊輔


こんなに思い入れの深いW杯はたぶん初めてで、4年前のことを色々思い返したりしてドキドキ落ち着かずにキックオフまでの時間を過ごしました。
日韓大会のときあんなに地味だった福西さんが、今では当たり前のようにスタメンにいるなんて…感動して鳥肌が立ちそうな勢いで。能活、タカ、他のみんなも、ドイツのピッチに立てて本当に良かったねぇ。と心の底から嬉しくてしみじみしてた。



こっちの時間帯に決め切れなかったのが痛い。先制点の勢いに乗って追加点を奪えなかったのが痛い。そしてラスト10分の集中力のなさが最大の敗因。
いつ決められるかハラハラしてはいたけど、1点リードしてからはずっと負ける気がしなかったから、3点目を奪われたときの落胆と言ったらもう…。


■前半
オーストラリアにボールをキープされて若干引き気味になったけど、守備陣は冷静に対応出来てたと思う。空いたスペースをしっかり埋めて、オーストラリアの好きにやらせないようにしっかり守れてた。

もっとプレスは積極的に行って欲しかったな。中盤とか高い位置でボールを奪う形が少なくて、攻撃に迫力がなかった。
守備から攻撃への切り替えも遅いし…。正直、カウンターからだと決まる気がしなかったよ。

中央でパスがつながる場面はいくつかあったんだけど、サイドチェンジとかの大きな展開が少なかった気がする。真ん中で細かいパスばっかして、なかなか前の選手にボールが入らないのはつまんない。FWは孤立気味になっちゃってることが多々。
シュートに行くまでにボールに関わる人数も少ないよ。みんなで攻めてみんなで崩してゴールを奪うのが日本の持ち味なのに、そう言う戦い方が全然出来てなかった。


俊輔のゴールが入ったのと、それが認められたのは運が良かったからなんだよね。そりゃもちろん嬉しかったけど、あの1点だけで終わらせて欲しくなかったよ( ´Д`;)


■後半
DFラインがかなーり低め。裏のスペースを使われるのを恐がってたんだろうけど、あれじゃ中盤の負担が大きすぎじゃない?1人1人の距離がめちゃくちゃ開いちゃって、中央にぽかーんって大きなスペースが出来ちゃってた。
守るときは思いっきり引くのも良いけど、攻撃に切り替わったときはもっと押し上げが必要なんじゃないかしら。

中盤でなかなかボールが収まらなくて、後ろから大きく裏にポーンって上げるような形が多かったな。でもオーストラリアは体が大きいからすぐ奪われる。全然つながらない。
サイドを上手く使ってゴール前にボールが入るシーンも増えて来たんだけど、FWの2人が疲れて全然動けてなかったのは痛いね。せっかく崩せても最後でラストパスが決まらないし。
追加点を取りに行って欲しかったのに、むしろ全体的に消極的な印象でした。


■失点後
何であんなに集中力がぷっつり切れちゃったんだろ…。
1点取られたら落ち着いて取り返せば良いのよ。確かに負け慣れてないチームではあるけど、先制して追い付かれたときの気持ちの切り替えぐらいはしっかりして欲しかったな。



本番の福西さん其ノ一↓

2006 / 06 / 15 (Thu) 18:01 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ 振り返り其の二 ]



よっし、今度こそドイツ戦の振り返り。やっとやっとのアップです。


半分寝ながら見たからあんまり内容を覚えてなくて、この間2回目を見ました。
でもそのあと感想書く暇もないまますぐにマルタ戦で、せっかく見たドイツ戦の内容はもう既に忘れかけてます…。でもさすがに3回目を見てたら開幕してしまいそうだから頑張って思い出して書いてみる( ´ー`;)


ドイツ 2 - 2 日本

得点者 : タカ タカ


■2ゴール
タカやなぎ2トップが大好きで、しかもタカを押しに押してる私としては2点とも凄くタカらしくて好きでした。1点目はあのシュートコースに巧だし、2点目のあれなんかもう…素晴らしくて絶叫ものだわ( ´∀`*)

さんざん心配かけながら、2人とも驚くぐらいに調子良さそうに見えました。
前の2人があれだけ動いてくれると攻撃のリズムも良くなるし。中盤との息もだいぶ合って来てる印象。


■2失点
どっちもセットプレーから。
平均身長を見ても思いっきりこっちが不利で、完全に高さ負けしちゃってました。
1失点目のときにツネがゴール前で転んでたのはよくわかんないんだけど…。

それでも流れからゴールを奪われなかったのはよくやったと思うよ。ピンチはいっぱいあったし、運も味方してたんだろうなーってことを考えてもよく守ってた。
大きさで勝てないなりに速さで勝負しなきゃいけないこととか、大きい選手とやり合うときの身体の入れ方とか、世界を相手にして色々学べたんじゃないかしら。


■中盤
芝のせいなのか何なのか、いつもよりボールが速く動いてた気がする…。
俊輔・ヒデ・フクの3人にボールがよく収まってた。簡単なパスをどんどんつないで前に、って言う得意な攻撃がたくさん出来てたんじゃないかしら。
みんながみんなよく動けてて、お互いのフォローもしっかり出来てたね。福西さんのトラップが大きくなりかけたところを俊輔がすかさず取りに行ったシーンがあって、べつにチャンスでも何でもないプレーなのになぜか妙に感心しちゃいました。

DFラインとボランチの間が凄く開いちゃってたのがやたら気になったなぁ。
特にツネはめちゃくちゃ低い位置に張ってたけど、カウンターを受けたときにあそこのスペースを使われちゃうのは恐いです。



本番前最後のフク観察メモ↓

2006 / 06 / 09 (Fri) 15:16 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ 振り返り其の一 ]



またまた今更だけど、マルタ戦の振り返りメモを。うん、ドイツ戦も後からちゃんと書くってば。



画面の半分が日陰でめちゃくちゃ見にくくて、ボールがどこにあるのかたまーにわかんなくなりました。ボール持ってるのが誰なのかを判別するのも難しかったし( ´ー`;)
ドイツは日差しが強いんだとか。本番はこんな見にくい中継じゃないことを願う…。


マルタ 0 - 1 日本

得点者 : タマ


どうでも良いけど、日刊スポーツの試合速報画面が進化したのねぇ( ´∀`)


開始早々いきなり決まって、ゴールラッシュが来るかしらーとかこっちも油断しちゃったじゃん。後味としては、3月のボスニア戦のときと同じような感じだったかな。
格下だからって手抜いてただなんて思いたくないけど、そう見られてもおかしくないぐだぐだな内容だったよ。

本番前に勢い付けたいからってマルタを最後の対戦国にしたんじゃなかったんだっけ?
それがこんなんじゃ…ねぇ( ´Д`;)



■攻撃陣
あっちの堅い守りに苦戦。スコットランド戦のときもそうだったけど、相手が思いっきり引いて来たときにそれを崩すのが苦手みたいだね。
これは超個人的な好みの問題だけど、やっぱり2トップはやなぎとタカが1番しっくり来るなぁ。FWの2人はもっとボールを引き出す動きをして欲しい。せっかく前めでボール奪っても、トップの2人があんまり動かないとチャンスにならない。つまらない。


■中盤
いつにも増して雑さが目立った。
簡単なパスが通らなかったり、ロングボールが不可解な方向に飛んで行ったり。
ヒデはもっと思いやりのあるパスをお願い。あんなのどんなに速く走ったって届かないよ…。
あとはポジションチェンジが少なかったかなぁ。FWが下がったとこに俊輔やヒデが走り込んだりとか、そう言うのがドイツ戦ではもっといっぱいあった。
高い位置からのプレスもあんまりなかったし。

後半にメンバーが変わってからは、なんかバラバラな印象しか残らなかったなぁ。
あのメンバーで練習したことないから仕方ないのかもしれないけど、連係も何も…好き放題走って蹴ってーって感じで。
それぞれ何がやりたいんだかわかんなかったし、何をすべきかも理解出来てないのかなーって思っちゃっうくらいにぐっちゃぐちゃだったよ。


■守備陣
マルタが引き気味だったわりには、危ない場面も結構な数あった。
ドイツ戦よりもラインが高めで、佑二がびっくりするほど上がってました。
マルタは日本よりも攻守の切り替えが早い。だからカウンターが凄く恐かったです。



では福西さん行きます↓

2006 / 06 / 07 (Wed) 01:29 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

[ 国内最後 ]



さっきやべっちを見て初めてタカのフランクフルト行きを知りました。
突然って感じだったけど、とにかく決まって良かったね。代表でもどーか(-人-)



気付いてみれば、もう数時間後にはドイツ行きメンバーが発表されてるんですね。
まぁだいたい予想は付いてるけど、それでもやっぱり緊張するもんはします。ドキドキです。


で、今さらだけど土曜日の振り返りを。

スコットランド戦@埼スタ国内最後のジーコジャパン。
雨の中埼スタまで行って来ました。

私はドイツには行けないし、福西さんもマコも能活も歳が歳だし、もしかしたら生で見れる最後の最後の3人の代表姿だったのかも。…って、見てる間はそんな特別な思いはどこにもなかったんだけどね。

慎ちゃんのこともあってあんまりモチベ上がらなくて、周りのテンションに付いて行くのに結構必死だったりしました( ´ー`;)


開門前待ってる間は小降りになったりやんだりしてたけど、寒いのはいつまで経っても変わらず。これで負けたりしたら帰り辛そうだな…なんて余計なことを思わず考えちゃった。

海鮮チゲ雑炊を食べながら試合前の余興を見て、ちょっとだけ温まれたかな。
しずちゃんとか照英さんとかが空を舞ってました。あ、あとテリー伊藤が気球に乗ってたよ。
最後の花火の音に心臓が飛び出るくらい驚いて、危うく雑炊をこぼしそうに…( ̄∀ ̄;)


で、郷ひろみと一緒に君が代を歌ってキックオフ。


日本 0 - 0  スコットランド


スコットランドの守備が堅くて高くて苦戦。
ああ言う風に相手がドン引きで来た場合、どうやってゴールを奪うのかってとこがまだ出来てないみたい。何がやりたいんだかどうしたいんだか、ところどころチグハグな場面もあった。
セットプレーとかロングボールとかだと、競り負けてばっかりで全く得点のにおいがしないよ…。

こう言う試合では、ゴール前でパスがつながると大チャンスにつながるし面白いね。
タマとか伸二とかが良い動きしてた。前めの位置でバックパスを上手く使って相手DFを掻き回せてたかなーって思う。
最後の決定力は相変わらずなんだけど( ´Д`;)

あれだけ大人数でがっちり守られると、サイドの裏のスペースを使うことも難しいみたい。
後ろめの選手はボールの出し所がなかなか見つからなくてコネコネしたりバックパスばっかりしてました。そう言うときにFWがもっと動き回ってくれればまた違ったんじゃないかなー。


体格の良い選手を相手にしたわりに、守備はなかなか安定してた。…って言うかただ単に向こうの攻撃が少なかったからあんまり悪さが目立たなかっただけなのかも。

能活や佑二がなかなか起き上がらないのが本当に心配だったけど、2人とも無事なようでひとまず安心。
雨でピッチが滑るだろうから、ただただ怪我だけはしないことばかりを祈ってました。
W杯までもう誰にも怪我はして欲しくないもん。



では、もしかしたら最後になるかもしれない代表生フク観察行くよー↓

2006 / 05 / 15 (Mon) 01:23 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ 泣き疲れた ]



前十字靭帯損傷の疑いとのこと・゚。+゚・(ノД`;)・゜+。゜・


代表を離れて磐田に戻って検査を受けたそうです。
転んだシーンがスローで流れたとき、隣で父親が「あれはヤバイぞ」ってマジな顔して言ってました。 靭 帯 。 嫌な響き。やっぱり長く掛かっちゃうのかな…。

担架で運ばれるときの慎ちゃんの表情が脳裏に焼き付いて離れません。今1番辛いのは慎ちゃんじゃんね。私がこんなネガティブになっててどーする。
まだ「疑い」だからわからない。最後の最後まで可能性を信じるしかない。今の私には祈ることしか出来ないんだから。


+ + +


後半はほとんど見てなかったに等しいけど、ジュビロ組が4人揃って嬉しかった40分間を忘れてしまわないうちにメモ程度な振り返り。


日本 1 - 2 ブルガリア

得点者 : 巻さん


いきなりの失点にいきなりマコが絡んでて、いきなりヘコんだ( ´Д`;)
2失点目のときは能活が何だかさえなかったし。

守備陣は今までが嘘だったかのように安定感なし。
特に佑二の裏を狙われるのが恐くて恐くて。もっと上手くて決定力のあるチームだったら、何点差付けられてたかわかんないね…。



■慎ちゃん
彼にとってこの試合はただの親善試合じゃなかったんだよね。アピりたくてアピりたくてしょうがなかったのか、いっぱい動いて走り回ってました。
巻さんも阿部も一緒にプレーしてて、ジェフっ子時代を思い出して楽しくやれてたのかなー。
ドリブルはノリに乗ってたし、代表デビューのときと比べると強くて堂々として来たし。得点につながりそうな惜しいクロスも何本か。

攻撃に専念してた分、守りに入ったときの戻りが遅めになっちゃったのがちょっとひやひやした。サイドを突破されても佑二に任せっきりなことが多すぎ。
マークの受け渡しも曖昧でした。


例の転んだシーンは、阿部からのボールを左サイドで受けようとしたときに着地に失敗。
左足がガクってなる嫌な倒れ方をして、実況の人が「村井起き上がれるか?」と熱くなってる中、即両手で×マーク。
私も「立って!立って!」って半泣きになりながら騒いだけど、そのまま担架で去って行っちゃいました。信じられない光景を目の当たりにして、しばらく言葉も出なかった。
あのとき1番辛かったのは他の誰でもなく慎ちゃんだったのにね。



■うつろなまま見た後半
1点も入らないまま伸二と満男が準備し始めて、4バック来るかなーと思ってたらやっぱりマコさん交代。マコは何がどうなっても3バック要員でしかないのかしら(⊃Д`;)

フクマコが一緒に下げられたのは確定組だからなの?慎ちゃんみたいにならないようにジーコさんも気を使ってくれたのかな。
とは言え、慎ちゃんのことが気になってすっかりテンションも下がり、何も考えずにテレビの前で呆然としてました。巻さんゴールがどんなんだったかを思い出すのにさえかなりの時間がかかちゃったよ( ; ̄ー ̄)...


シュートはいっぱいあったけど、とにかく外しまくりで締まりがないし。
守備陣は不安定な上にDFラインがかなり下がり目でぐだぐだになっちゃってたし。
そんな中で伸二やアレが良い仕事をいっぱいしてて、やっぱりチームが強いと選手も調子良いんだなーとか。色んなことにヘコんだ45分間でした。


さらっとフク観察↓

2006 / 05 / 10 (Wed) 22:48 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

[ アピってアピって ]



ラッキーなことに、6節は大分なんですね。そりゃ移動がラクで良かった良かった( ´∀`)



ずいぶん長いことマコの代表姿を見れていないような気がしてさっき調べてみたら、先月のアメリカ戦が最後でした。もっとずっと見てなかった感じがするけどそんなもんか…。
足に張りがあるためって言ってたけど、本当にそうなのかしら。
前みたいに「田中誠がいないから4バック」とか言われるような濃い存在になりたいね。4バックはあまり好きでないけど。


では。遅れましたがさっきまで見てたエクアドル戦行くよー。


日本 1 - 0 エクアドル

得点者 : 寿人


最近ジュビロのぐだぐだな試合ばっか見てるからなのかなんなのか…何だか妙に楽しめちゃった。もちろんこんなの甘いのはわかってますけどね。

あんなにチャンスがいっぱいあったのに全然入らないし、やっと決まったのは相手の足が止まったあとだったし。いくら苦手な南米が相手でも1点じゃ物足りなさすぎるよ。
1対1で負けることも多かったな。いつもいつもそれがアジアと世界の違いなんだなーって実感するけど。
ロングボールがやたら多めで、それも悪くないんだけど、それならそれでしっかりつないで欲しい。パスが通れば大チャンスになるようなもったいないシーンが多々。

でも中盤でボール回せてる時間帯があったのは面白かった。詰めも早くてこぼれ球もしっかり拾えてたし、みんながみんなよく動けてた気がする。

寿人がゴールしたのがめちゃくちゃ嬉しいよヽ( ´∀`)ノ


・たまだけーじ♪のコールを久しぶりに聞いた気がする。
・タマちゃんは予想外に良かった。
・悔しいけどアレも良かったよ。慎ちゃんが交代で登場する隙なんて見せないくらいに。
・あとはハセが見たかったな。



いつものように福西さんは畳む↓

2006 / 03 / 31 (Fri) 23:25 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0

[ 339日ぶりの ]



ヒデ俊輔伸二共存だったらしいですね。今日読んできたサカマガの巻頭に3人の特集が載ってて。「ボランチで外されるのは小野か稲本か福西か」とか書かれてたもんで。
どーせ黄金の中盤+久保なんでしょ?と思ってた私としては、福西さんがまたまたスタメンだなんて 超 ド び っ く り です。
なんか福西さん1人でボランチ争い生き残っちゃってるんですけど( ´∀`)

しかも、久保の相棒がタカだと知ってさらにビックリ。
あわてて試合開始までにテンションを上げようと頑張りました。
マコが少しでも出ないかしら…ってほんのちょっとだけ期待を寄せながら。


日本 2 - 2 ボスニア・ヘルツェゴビナ

得点者 : タカ ヒデ


タカ、地元でゴールやったねやったねヽ( ´∀`)ノ
めちゃくちゃ調子良かった模様。ゴール前での動きが巧いし強い。凄く積極的に動けてたし、思い切りも良かった。ヘディングがもの凄くキレキレでしたね。
でも久保との連係が全然なかったのが残念。
って言うか、個人的に最初から久保タカコンビって結構あり得なかったんですけど…。



前半の立ち上がりはもう見てられなかった。プレスが強いせいもあったのかもだけど、みんな消極的で凄くイライラした。
強化試合なんだから、そんな慎重にならないでどんどん前向けば良いのに。

後半で立て続けに失点して、さらにメンバーが入れ替わった辺りからぐだぐだ。
って言うか福西さんと満男を下げたのって、「黄金の中盤」ってやつを1度で良いからやってみたかったからでしょ?( ´Д`;)
とりあえず、あれじゃ守備が全然ダメ。乱れすぎ。
連係がなってないし、個人個人が何すべきかわかってないのかなーって印象を受けた。

ロスタイムのヒデさんゴールは凄かったけど、全然納得の行く内容じゃなかった。
そんなんじゃドイツ行っても厳しすぎるよ。


その他もろもろ
 ・とりあえず4バックはもう嫌。
 ・左サイドの人をむら(ry
 ・松井出してよ、まつい!
 ・何でそんなに ○○ッチ って名前が多いの?
 ・君が代のときの福西さん眠そー。
 ・ベンチで寒そうにしてるマコ可愛いー。
 ・仲良さそうにアップしてるイナと伸二楽しそー。



はい、ではここから福西さん↓

2006 / 03 / 01 (Wed) 02:02 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

[ 長々と、昨日の興奮を ]



2006年初スタジアム観戦。久々すぎる代表生観戦。そして、W杯前最後の代表生福西さん。W杯後の保証はないし、もしかしたら最後になるかもしれない代表生福西さん。

でもそういう心持ちよりも、とにかくスタジアム観戦が久しぶりだったから、サッカーを現地で見れること自体にワクワクしなが日産に向かいました。



日本 6 - 0 インド

得点者 : 伸二 巻(と言うよりほとんどハセ) 福西さん 久保 寿人 久保


福西さんはインドと相性が良すぎるんだよ。 



日産スタは遠いし待ち時間も長くて、試合始まる前からもうくたくたでした。でもそんなに寒くなかったことに救われた。
電車の中でカレンの怪我とか遼ちゃんの離脱とか、俊哉がPSMに出れないとかの情報に結構なショックを受けつつも…福西さんが活躍してくれることを心から期待して参戦。

駅に着いてみたら、あまりにも人がいなさすぎて驚いた。とてもとても代表戦当日の雰囲気は感じられなかったなぁ…。
入場するときに配られてたブルーカードが、今年からはフラッグに変わったんですね。
全くと言っていいほど意識してなかった「SAMURAI BLUE」のキャッチフレーズが、スタジアム内では結構強調されてました。


■試合前
歌詞カードが配られた新曲「サムライブルー」。
最初は音程もリズムもいまいちよくわからなかったけど、試合が終わったあとはすっかり身体に染み付いてましたよ。「サムライブル~♪」って口ずさみたくなるくらいに( ´∀`)

選手が入場して、大型スクリーンに映る福西さんにウハウハしたり。みんながボール触り始めてる中で入念にストレッチを続ける福西さんを眺めて、思わず顔がにやけたり( ´ー`)
マコや慎ちゃんがスクリーンに映って、可愛い可愛い興奮してたのは私とジュビサポ仲間の友人だけかしら。少なくとも周りにはそんなジュビバカさん見かけなかったなー。
ちなみに試合前の「フクニシ!」コールは飛ばされた?…って言うか、ゴール裏中心部からちょっと遠めだったから聞こえなかっただけなのかもだけど。



■試合雑感
どうせ4バックだしーと覚悟はしつつも、慎ちゃんやマコをスタメンで見たいなぁ。とちょっとだけ願ってた。結局出なかったけどね(つД`;) 福西さんと能活は素敵にフル出場でした。


前半はあまりにもあまりで、サッカーの興奮ってこんなもんだったっけ?という感じ。
インド相手にボールを支配してはいたけど、なかなか得点できなくてグダグダしちゃってた。
ゴール前でちょこちょこ細かく回しすぎ。ミドルシュートとかもっと打っても良かったよ。
ミスはいっぱいあったような気もするけど、インドがインドだからあんまり目立たなかったな。
基本的に守備陣は暇そうだったけど、攻められたときのマークのズレとか、結構危なっかしくてドキドキする場面もあった。

後半は、みんながみんなゴールを狙いに来てるんだなってのが伝わってきました。綺麗に崩せる場面も増えてきたし、シュートも積極的になった。
日本はカウンターにもっと慣れた方が良いかもね。カウンター受けるのもするのも下手すぎ。


個人的に、もの凄く必死に走り回ってる寿人にどうしてもゴールを決めてもらいたくて。そしたら決めてくれて。あのゴールが1番綺麗で気持ち良かった気がする。代表初ゴールおめでと。
ゴール裏サポは(私も含め)伸二も久保も大好きだし、前半に比べたらめちゃくちゃ盛り上がって楽しかったです。



以下、長ったらしいフク観察は畳む↓

2006 / 02 / 23 (Thu) 22:50 | Category : 代表戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。