• PROFILE

    なつ

    Author : なつ
    東京都内在住の学生♀。ジュビロ磐田をこよなく愛するサッカーバカです。

    個人的に何かあればこちらからどうぞ。


  • ARCHIVES

    01 ≪ 2017 / 02 ≫ 03
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 - - - -
  • MY BLOG LIST

  • SEARCH


[ スポンサーサイト ]



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-- / -- / -- (--) --:-- | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback

[ 残留 ]



勝った。そして残った。

【'08 J1・J2入れ替わらんぞ戦 其の2】
ジュビロ磐田 2 - 1 ベガルタ仙台 @ヤマスタ

得点者 : 俺たちの松浦(前41) やっぱり俺たちの松浦(後25)


言いたいことは色々ありますが、とりあえず…

良かった。

松浦くんは神!ヨシカツも神!

・゚。+゚・(ノД`;)・゚+。゚・


ここのところ「ジュビロ磐田」の文字すら見たくないくらいに胃が痛む毎日でした。
ヤマスタには行けず、ただただ祈る気持ちで後半10分ぐらいからネット速報をチェック。
試合終了間際に失点したときは息が止まりそうになった。
勝利が決まった瞬間、嬉しさよりも安堵が大きすぎてもう(⊃Д`;)


「肩組ンデ 共ニ進モウ 最後マデ。」

みんなの想いがぴったり1つになったからこその勝利だと思う。

最後まで走り切った選手と、そして諦めずに現地で声援を送り続けたサポーターの皆様。本当に、本当にありがとうございました。お疲れ様でした。
選手の皆さんはゆっくり休養をとって下さい。
ヤマスタに行かれたサポの方々も風邪などひきませんように(-人-)


さあ、来シーズンは1からやり直すつもりで戦おう。


+ + +


※コメントやメールを下さった方々へ

ありがとうございます。返信できずに申し訳ないです。
もうしばらく忙しい時期が続くかと思いますが、どうか温かく見守ってやって下さいm(_ _)m
スポンサーサイト

2008 / 12 / 14 (Sun) 01:37 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0

[ 勝とう ]



なんかいたたまれなくなったので…半年ぶりくらいにアップします。
お久しぶりです、こんばんは。


正直、最近忙しさのあまりジュビロどころかサッカーをあまり見れてません。
どんなに勝てなくても、どんなに怪我人が出ても、見たくない!知りたくない!何とかなるよーってな感じでスルーしちゃってました。ごめんなさいですm(_ _)m

でもふと気付いたら監督が代わってて、気付いたら降格圏内にいました。
事態は、私が思ってるよりもずっとずーっと深刻だ。
そんなこんなで急にどうしようもない危機感を覚えた中、久しぶりに味スタへ行って来ました。


08FC東京戦@味スタ
  【'08 J1リーグ第26節】
  
FC東京 5 - 1 ジュビロ磐田 @味スタ

  得点者 : マ・エ・ダ!(前34)



サポの応援はいつも以上に熱気があったと思うけど、肝心の選手の方はすっかり士気下がっちゃってて、これは想像以上にマズイなーって思った。
サッカーの形とか試合内容うんぬん以前の問題だ。

試合後、ゴンちゃんを先頭に選手のみんなが看板を超えて頭を下げに来ました。
その間、ゴール裏では「我らと共に勝利を掴め」の声援がやみませんでした。ブーイングはゼロでした。
こういうとこ、本当にジュビサポらしい。


とりあえず、「どうせなら1回J2に落ちて頭冷やした方がいい」みたいなこと言ってる人には、それでもジュビサポですか?と言いたい。
崖っぷちまで来てしまったのも現実は現実だけど、ジュビロがJ2降格だなんて冗談じゃないです。チームを信じて応援しなきゃ、勝てるもんも勝てません。
あと8試合もあるんだから。泥臭いサッカーでも何でも残留させなきゃ。


残留するぞ!

2008 / 09 / 23 (Tue) 23:47 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

[ ブランク半年 ]



明日は浦和さんと対決ですねーってことで、気合入れて久々の観戦記をアップしてみる。
相手が東京ヴェルディだから、日テレさんが深夜に放送して下さったみたいです。緑さん贔屓のダイジェストで。


08東京V戦@国立
【'08 J1リーグ第4節】
東京ヴェルディ 1 - 2 ジュビロ磐田 @国立

得点者 : ジウ(前8)
        OG てゆーかナナン(後19)



さ、寒かったー。(←色んな意味で。)


約半年ぶりくらいにスタジアムに行ってきました。いやぁ・・・勝って良かったヽ( ´∀`)ノ
去年の同じような時期にあれがどーのでこーだったとかの嫌な思い出は完全脳内消去。
前半残り10分くらいのとこで国立に到着しました。ジウのゴールには間に合わなかったけど、名波さんのゴール同然のFKを目の前で見れただけでも大満足。

なんかみんなが言ってるみたいだから私も言わせて。


フッキがフッキする前で良かったよね!( ´∀`;)


お互いに攻守の切り替えが早くて、攻めたり攻められたりで見る方も大忙しでした。全然ボールが落ち着かず、ヴェルディさんに中盤で巧くパスを回されて悪戦苦闘。奪っては奪い返されの繰り返し。1つ1つの反応がぜーんぶちょっとずつ遅かった気がする。
後ろの方がわりと引き気味だったけど、プレスとかはもうちょっと積極的にガツガツ行っても良かったんじゃないかしら。

ゴール前で面白いパス回しがちょこちょこ見れた。バンくんとジウのコンビネーションはなかなか良かったと思うよ。でも攻撃にかける人数が少ないから、トップの2人がせっかくいい動きしてるのにもったいない印象を受けてしまう。
個人的には、駒野にもっともっと攻撃に参加して欲しいなーって思う。後半42分のあの強烈シュートみたいなやつがもっと色んなとこで見たい。今のままだと彼の良い所がすっかり消えちゃってる感じがしました。

最後の方はぐだぐだになって攻め込まれて、リードしてるのに全然安心できなかったけど、結果的に勝点3を奪い取れたのが今後の糧になるはず。


■ベテランたち
もうとにかく凄いんだよね。2人が。
名波さんが入って急にリズムが良くなって、ゴンちゃんが入って急にスタジアムの空気が変わった。
名波さんのスルーパスに感動しておぉ~!ってなったり。ゴンちゃんがわきめもふらず猛ダッシュしてる姿見てこっちまで熱くなったり。ピッチに立つだけでチームをプラスの方向に持ってってくれる大ベテランのお二方。
今年はスタジアムでこの2人の姿を見るたびに「来て良かった」って思えるんだろうな。



福西さんをたたむ↓

2008 / 04 / 05 (Sat) 00:30 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback28

[ どうやら開幕したようだ ]



えーとなんてゆーか…

負 け で す 。

新体制が発表され、新しいメンバーも加わり、ついに今シーズンが始まっちゃいましたけど、管理人の頭の中はまだまだオフモードでございます。どーもすみませんです、こんばんは。


昨年の3月の試合は奇跡的に皆勤賞だった管理人さん、今年はまさかの開幕不参戦。
初参戦は4月の東京V戦@国立になる予定です。まぁ何という( ̄∀ ̄;)!!! 今シーズンから緑になった“例のあの人”相手に、未だにビクビクそわそわテンションが上がってしまうフクバカさんとは私のこと。いきなり彼との対戦じゃ、正直身体の方が脳内のテンションについて行けない気がしてなりません。


【'08 J1リーグ第1節】
柏レイソル 2 - 0 ジュビロ磐田 @日立台

得点者 : なし


昨年の3月も他チームとは1日遅れの日曜日、柏さん相手に開幕でした。ちょっと遅れて日立台に着いて、帰りは絶望感に打ちひしがれながら電車に揺られてたっけ。
ま、まぁ…失点“4”よりは“2”の方がまだ不吉じゃないだけマシだったじゃないかな( ´Д`;) と、無理やりポジティブに考えるしかないよね。


春休みだってのに何だかんだで落ち着かず、誰が怪我してるのかとかそういうことも把握しきれてません。だから、兄に決められたのにヨシアキがベンチ外なこととか、翔とケンタロと秀人がスタベンなこととか、助っ人外人さんがいきなり退場してることとか、色々何でだろーとか気にかかることがけっこういっぱいありつつも、あんまり深いとこまで言及できずにいます。

それでもただ1つ、確実にジュビロは変わってるんだなぁってしみじみ感じてます。
強かった頃のジュビロを知ってる選手がだんだん減ってく中で、カワムスタメンやったじゃん!って嬉しくなったり、名波さんの名前があることに感謝の気持ちが湧いてきたりする。
全盛期の頃と全く同じサッカーをすることは無理だけど、2008年は2008年なりのサッカーで強いチームを作って行くしかないよね。新しい選手はジュビロの「強かったとこ」をどんどん吸収してって欲しいです。
今年こそジュビロのサッカーがはっきりとした形になって現れますように(-人-)


…と、なかなかポジティブな感じで記事をアップできているのは、本日の試合を見ていないからだと思われますよ( ; ̄ー ̄)...
私のサッカー脳も早急にオフモードからオンに切り替えなきゃいけませんね。

2008 / 03 / 10 (Mon) 00:59 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

[ 駒場で再出発 ]



今さら感抜群の大宮戦観戦メモアップ。


【J1リーグ第25節】
大宮アルディージャ 0 - 2 ジュビロ磐田 @駒場

得点者 : 俺たちの上田康太(後26) 俺たちの太田吉彰(後40)


07大宮戦@駒場
何日かぶりの完封勝利と言う快感と、何試合かぶりのカレン・ヨシアキ先発と言う喜びを噛み締めて。
試合終了後に久々の「勝利は続くよ」とわっしょいわっしょいヽ( ´∀`)ノ
とにかく新体制で勝てて本当に良かった。



相変わらずのぐだぐだっぷりとか、そう言うのはとりあえず置いておく。
縦横無尽に動き回るノリヒロや、キレイな2アシストを見せてくれたカレンの走りっぷりにいっぱい興奮させてもらいました。
2得点とも向こう側だったから現地では見辛かったんだけど、あとでしっかり映像で確認。
特に2ゴール目、ヨシアキの飛び出しのタイミングとカレンの落ち着き払ったラストパスに、キャー!(≧∀≦) ってなった。

やっぱりシュートが少ないのは気になるな。
クロスが上がったときに中の人数が少ないのももったいない。
中盤とトップがあんまり噛み合ってなくて、サイドの2人も良さを発揮できずに終わってしまった印象を受けた。
康太を中心にパスはよく回ってたと思うんだけど、攻撃の組み立てをもっとはっきり見せて欲しいです。


秀人に加えてマコも欠場だったわりに、守備陣はよく粘って踏ん張ってくれたと思うよ。大宮さんの攻撃の遅さに助けられた部分もあるだろうけどね( ´∀`;)
中盤のフォローも的確だったし、特にパラナの守備はとっても頼もしかった。
3バックに変わって安定するまではもうちょっと時間がかかるだろうけど、徐々に連係の部分なんかを高めてくれれば(-人-)
ちなみに管理人さん的には、近頃ぐんぐん頼もしさを増して来てる健太郎に超バモスです。


・ 康太、チーム通算900得点記念ゴールおめでと!
・ 加賀くんの攻撃参加がなかなか魅力的だった。
・ ファブリはいつもみたくがつがつ攻めても良かったよ。
・ なぁるーおぉかーも使って欲しいです(´・ω・`)
・ 遼ちゃんがいまいちなのは足の痛みのせいでもあるんですか?
・ ノリヒロの怪我は大丈夫なんですか?



試合終了後、ゴンちゃんを先頭にゴール裏に挨拶しに来る選手たち。
ゴール後ろの看板を越えてこっちまで来てくれました。あんなに満足げな表情をしてるみんなは久しぶりかもー。
良いスタートを切れたんだからこれを次にも繋げて行かなきゃね。ガンバさんは強敵ですけど、前向きに戦って欲しいです。

2007 / 09 / 20 (Thu) 01:11 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

[ まとまれ ]



ダービーのレポをアップしようとした矢先の監督交代のニュース。
「アジの辞任」っていう現実を目の当たりにしたときは頭がくらくらしました。混乱してるとかそう言うのじゃなくて、ただ単純にチーム全部が心配だった。

新体制での練習も始まって、チーム的にも個人的にもだいぶ落ち着いてきたので、今さらだけどここで観戦メモを。


07清水戦@エコパダービーと言えば静岡ダービー。だから試合前も大盛り上がり。
巨大スクリーンに映るウイイレ大会でカレンがゴール決めたー!ってわーわー騒いだり、心なしかけっこうレベルの高かったリフティング大会で小学生が優勝したり。
そんなとこがサッカーの盛んな静岡っぽくて、この町いいなーってしみじみ思いました。

キックオフ直前に花火が大量に打ちあがって、煙でピッチ上が真っ白になってましたね。
ちなみに、ジュビロくんが持ってた炎は着火を間近にして消えちゃいました。ちょっとちょっと、中の人空気読めなすぎ( ´∀`;)


【J1リーグ第24節】
ジュビロ磐田 0 - 1 清水エスパルス @エコパ

得点者 : なし


ホームでは強い。でもエコパでは勝てない。
のジンクスをそんなかたくなに守ろうとしなくても(⊃Д`;)

行きは鈍行で片道5時間。終了後は終電に負われながらせかせか新幹線に乗り込む。
日帰りの静岡参戦はもういい加減慣れたもんだけど、負け試合の帰り道の落ち込みっぷりはどうしたって毎回毎回身体に響きます。肉体的にも精神的にも…。



清水の固くて粘り強い守備に苦戦。サイドのスペースを使いながら積極的に攻めてたけど、気持ちよく崩せたシーンはほとんど見られなかった。
なーんか攻撃が単調って言うか。全て清水のDF陣さんに読まれちゃってるなーって印象。
クロス上がったときに中に走りこんでくる人数が少なすぎるんだよね。運動量のある選手はいっぱいいるのにもったいないよー。
もっと先を読める力をつけて。もっともっと動き出しの鋭さを磨いて。

シュートは打つわりになかなか枠に行かないのも歯がゆかった。
全体的に押してたんだから、勢いのあるうちに決めておきたかったとこです。


守備は終了間際までわりと安定してた気がするけど、あの失点は相変わらず集中力の問題だと思うよ。
最後の最後に崩されそうになったとこも、それがファールにつながっちゃったとこも、清水さんの交代だ何だでバタバタしてマークが曖昧になっちゃったとこも。
ロスタイムで決められてしまうのが癖になっちゃってるのかな(´・ω・`) 早く克服しないとね。



ダービーだからゴール裏の雰囲気もいつもと違うし、ピッチ上からもいつも以上に気合入ってたのは伝わってきました。
内容もそこまで酷かったってわけじゃないけど…結果が伴うまでにはもうちょっと時間がかかりそうだなってのが正直なところです。

内山ジュビロになって、今は1番難しい時期。
これから先チームとしてどうまとまって行けるかが重要だと思う。いくら監督が代わっても選手自身が変わろうとしなければ意味がないんだから。

2007 / 09 / 07 (Fri) 00:25 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ 気が晴れない ]



07甲府戦@ヤマスタ
ご無沙汰してたヤマハスタジアム。
静岡は東京に負けず暑いけど、日が落ちると涼しくなって夕焼けがとってもキレイに見えました。

珍しくバックスタンドでの観戦。



【J1リーグ第22節】
ジュビロ磐田 2 - 1 ヴァンフォーレ甲府 @ヤマスタ

得点者 : なぁるーおぉかー(前44) マ・エ・ダ!(後11)


■俺たちのヨシアキ
ヨシアキのスタメン落ちに耳を疑った。
選手紹介の最後、アジが大スクリーンに出たときには、いつものアジウソンコールがありませんでした。そりゃサポだって不満に思って当然だよね。ヨシアキは今1番ノリに乗ってるチームの要なのに。

繰り返される「ヨシアキっオレ!」のコールと、何度も何度も頭を下げて手を叩くヨシアキの姿が忘れられません。
ヨシアキは毎試合誰よりも気合入りまくりだけど、この日交代で入った直後の彼はいつも以上。悔しかったんだろうなーとか、出たくてうずうずしてたんだよねーとか、色んな思いが痛いほどに伝わって来た。しつこく走ってボールを追い回す姿に鳥肌が立っちゃったよ。

ホームでしっかり勝てたのを素直に喜びたいとこだけど、ヨシアキのことがどっか奥につっかかって今も全然すっきりしない(⊃Д`;)


■何がしたいのよ
相変わらず攻撃の形が見えてきません。率先して攻撃を組み立てる選手がいないから、どうやって攻めたいんだかよくわからないんだよね。
後半こそパスが回り始めてリズムが良くなって来たものの、前半は素敵なぐだぐだっぷりを見せて下さいました。

3ボランチにしたわりには、守備的になるわけでもなく攻撃的になるわけでもなく…。全体的に中途半端で終わってしまった感じ。
ファブリの右サイド突破は効いてたし、エンリケの攻撃参加もなかなか良かったけど、もっと連係の部分を見せて欲しかった。3人とも技術を持ってるのはわかったけど、個人技だけのサッカーなんてジュビロじゃないじゃん(´・ω・`)


■4バックで良いんですか
守備陣はもうちょっと周りを見ながら、フォローを大事にした方が良いと思うよ。
両サイドバックが上がる分、守備への切り替えが遅くなって後手後手に回ってしまった印象。裏のスペースを何度も使われては能活に助けられてました。
てゆーかそもそもわんこと康太をSBで使うこと自体(ry



■その他
・ あのーすみません、10番成岡翔はどこですか。
・ と思ってた矢先の先制点。なんだかなぁ( ´Д`;)
・ 遼ちゃんのドンピヘッドは高くて強くて気持ち良かったです。
・ 犬のスピードはなかなか効いてたけど、あのパスミスをどうにかしなさい。
・ 健太郎はよく頑張ってました。
・ 加賀くんがこの日もイケメンでした。
・ 能活鬼神様、続く好セーブの大活躍で見事MOMゲット。


お気に入りの選手とか、理想の戦術とか、相手に合わせた布陣とか…アジにも色々考えがあるのは百も承知。けど、次の試合でもヨシアキの名前がスタメンになかったら、サポの信用は今まで以上にがた落ちすると思います。
みんなが納得できるやり方で勝利を見たいよね、やっぱ。

2007 / 08 / 27 (Mon) 00:37 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0

[ なんという… ]



1ヶ月ぶりくらいにスタジアムへ足を運んできました。

色々あったけどとりあえず…
最後に失点したときの能活と、磐田ゴール裏サポーターが一斉に頭を抱えて崩れ落ちるあの瞬間と、千葉サポーター様方の異様な喜びっぷりが目に焼きついて離れません。


07千葉戦@フクアリ
【J1リーグ第21節】
ジェフ千葉 3 - 2 ジュビロ磐田 @フクアリ

得点者 : ノリヒロ(前24) 磐田の茶野隆行(後9)



Fukunishi Comeon 東京に快勝したあと、中2日でこの鮮やかなる逆転負け。

なんと言う波の激しさ。
なんと言う後味の悪さ。
なんと言う勝負弱さ。


(⊃Д`;)


流れが悪かったわけじゃないんだよ。
押してる時間帯は長かったし、ゴールのにおいもしてた。遠目からでも何でも、シュートはわりと打った。でもそれで勝てなきゃ全てがパーで終わってしまうんだよね…。
絶対に勝てる気がしてたのになー。後半37分までは。


全体的にリズムが悪すぎ。奪ってから攻め上がるまでは良いんだけど、前の方で変にぴたっと止まってしまう印象を受けた。
積極的に走るのに、パスを待っちゃう選手が多いんだよ。パスを引き出して自分からもらいに行くような動きができればもっと攻撃のパターンも増えると思う。

なんだかなぁ…。選手自身にも迷いがあると言うか、形がはっきりしないと言うか。このままじゃ先が見えて来ない気がしてしまう。
まぁサッカーの形とか采配がどうこうはとりあえず置いておくとしても、あの集中力のなさはどうにかならないものかしらね(´・ω・`)


■新顔
「エンヒキ!エンヒキ!バモスエンヒキ!」の新コールが試合前から鳴り響いて大盛り上がり。嬉しそうに手振ってくれました。
アップのパートナーはやっぱりマルキ( ´∀`)

えーと…。まだ若いんだっけ、この子。
まずはしっかりとチームに馴染んで、Jリーグの雰囲気に慣れるとこからだよね。足元がちょっと覚束ない感じがしたのは緊張のせい?
体格がしっかりしてるから守備の強さは圧巻だったし、ガツガツ当たりに行くとこなんかもなかなか気に入りました。けっこうなテクを持ってる選手みたいです。もっと見たい。

* 勝てなければ意味がない。
 プレーが良かったといってもらえてその上で勝つというそれしか自分が喜べる道はない。


人1倍大人なこと言ってるエンリケ超バモス。


■茶ーゴール
選手紹介のときの茶ーさんと慎ちゃんへのブーイングは、お決まりのように大きい。
秀人が怪我して久しぶりにスタメン復帰したのがこの千葉戦で、そんな中での渾身のヘッド1発。ヨシアキと抱き合って喜ぶ姿に、こっちが嬉しすぎて思わず涙が出そうになる程でした。

そのあともセットプレーで何度もゴール狙ってたなぁ。古巣相手にどんなに勝ちたかったのかが痛いほどに伝わって来たよ。
茶ーゴールだからこそ勝って欲しい。後半はそんな気持ちが強かったのに(´・ω・`)


■その他
・ 後半でノリヒロを下げた理由は何ですか。
・ 負けてる状況でありながら、あえてFWを投入しない理由は何ですか。
・ 犬よ、あぁ犬よ。君ってやつは。
・ てゆーか前回ボランチで使って成功したんだから素直に(ry
・ ヨシアキはだいぶお兄さんになって来たから、今度はプレーもお兄さんになって下さい。
・ 康太は最後まで走り負けしないで下さい。
・ フナタニは最近よく頑張ってると思います。
・ マコさんが1番後ろで疲労困憊してるんじゃないかと、それがもう凄く心配。
・ どなたか終了間際失点病の特効薬とか持っていらっしゃる方はいませんでしょうか。


試合終了後、磐田のゴール裏からはブーイングしか聞こえませんでした。
申し訳なさそうな顔でお辞儀するゴンちゃん。とってもとっても不甲斐なかった。
もうこんな敗戦見せないで。

2007 / 08 / 20 (Mon) 01:02 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0

[ 始まりは、いつも0-4から ]



今季だけで幾度もサポーターを絶望の縁に立たせて下さる、4失点の達人ジュビロ磐田を絶賛応援中のブログです。どーもお久しぶりです。こんばんは( ´∀`;)

やっとJリーグ再開だー!って前日からワーキャー胸が騒いで、でも試合は観れなくて、家に帰ってからネットで公式を確認したところ…。唖然とした。


【J1リーグ 第19節】
ヴィッセル神戸  0 - 4 ジュビロ磐田 @ホムスタ

得点者 : なし


笑えないくらいの見事なデジャブ。スコアの凄さに一瞬目を疑いましたよ。
えーと…とりあえず、


ジュビロ磐田は 弱 い 。


マ、ママママコさんが累積で不在だったこととか、ファブリが退場になったこととか、エンリケが手違いで出場できなかったこととか、あれこれ色々を予想外のトラブルだったとして言い訳にしちゃダメですか( ; ̄ー ̄)...

どの選手からも「ミスが多かった」というコメント。
内容を全く知らないから何とも言い難いけど…。ミスだけで4失点だなんて、なんて情けないの(´・ω・`) 同じミスは何度も繰り返さないで下さい。
そこらへんは個人の意識を変えればすぐに修正できるはずなのに。

開幕戦の悪夢を見事に再現してくれたジュビロ磐田の皆さんは、この先全試合無失点で最終節まで。くらいのもの凄い心意気で戦えばいいじゃないかな。


次はホームで素敵ヘッドゴールを決めたりとかしてる“例のあの人”のいるチームとの対戦。
まぁ彼の出来は良くてもチームの状態はどうもあれな感じらしいので、何とかジュビロがホームの意地を見せて勝ってくれるはず。と信じて前に進むしかない。

2007 / 08 / 13 (Mon) 00:47 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ 曇りのち雨のエコパにて ]



開門のちょっと前にスタジアムに到着。予想外に待機列が長くてビックリでした。
ゴール裏はアウェーに負けないくらいかなりぎっちり埋まってた気がします。

入場するときにVAMOS contigo Tシャツと飯田産業フラッグが全員に配られましたね。広いエコパをサックスブルーで染めようと言う試み…?


07浦和戦@エコパ
【J1リーグ第18節】
ジュビロ磐田 0 - 2 浦和レッズ @エコパ

得点者 : なし



相変わらずエコパは苦手の模様。
帰り道のバスの中で浦和サポさんが

 「なんでエコパでやるんだろうな。ジュビスタの方が楽しいのに」
 「客が入る試合はエコパでやるって決まってるんだろ?」

みたいな会話をしてました。
ヤマスタでやったら負け組はあなた様方だったかもしれないのにー( ´∀`;)


■前半
リアルに「勝つ気あんのかよー」的な内容。
ミス・ミス・ミスの連続で自滅したも同然だよ、あれじゃ。

ゴール前のクリアミスが立ち上がりからものすごーく目立ってた。
あれだけミスが多けりゃ、そりゃゴールも遠いよね。得点の臭いなんて全くしなくて、試合を観るのさえ放棄したくなるくらいの酷さでした。
伸二に立て続けに決められて例のごとく能活が激怒して、おまけにマコがいきなり一発退場して…。みんな集中力も冷静さも失ってるのが見て取れた。
泣きたくなったよ、まったく(⊃Д`;)

守備に追われすぎて攻撃陣もまるで存在感なし。
遼ちゃんもヨシアキも翔も全然良さを生かし切れずに終わっちゃいました。浦和さんの中盤のプレスが強くてすぐに奪われて、前にボールが入ること自体少なかった気がする。


■後半
2点ビハインドでDF茶ーさんの投入。カレンかゴンちゃんあたりを入れて得点奪いに行けよー!とも思ったけど、結果的には2点で抑えられて良かった…のかな…。

前半とはまるで違うチームになったかのように、雰囲気が何かがらっと変わったのよね。
守備が強気に、積極的になって、だんだん中盤でボールが回るようになった。
やっと遼ちゃんとかヨシアキあたりにボールが行くようになったし、前半に比べればシュート意識も上がって来た。
1人少ないってのは全然感じさせなかったよ。みんなよく走ったよね。

ノリヒロとにーにょが入って前の動きが活発になった気はしたけど、気持ちよく完璧に崩せた形は全くなかったなぁ。
「難しいことしないで簡単に」とかよく思ってるけど、この日はその逆。攻撃の形が単調でシンプルすぎて全部読まれちゃってました。もうひとひねりの工夫と、あとは緩急が欲しい。


■ノリヒロ復活
アップのときにあの坊主頭を見つけて、あー!戻って来たーー!!!ヽ( ´∀`)ノ って嬉しくてにやにやが止まりませんでした(ぇ

復帰試合であんな苦しい状況だったのは本当残念。
色々動いて何とか流れを変えようとしてたのはわかったけど…。周りの選手とまだわかり合えてない感じがしちゃったかな。
でも動き回るあの姿を見て、西紀寛はまだ健在だ。って安心できた。


■その他
・ 2失点後の能活鬼神様にこの日も乾杯。
・ ファブリのドリブルと遠目からのシュートは良いアクセントになります。
・ 久しぶりの茶ーさん良かったよ、茶ーさん。
・ 健太郎も強さを見せてた。素敵だった。
・ 康太は無難にこなすだけじゃなくて、もっと目立ってよね。
・ 加賀くんとわんこはスローインの練習して下さい。

・ 主審紹介で大きな拍手をもらっていたニコライさん。
・ マコの退場はずいぶんとまた不可解だったじゃないかな。
・ あのCK判定もだいぶ際どかったじゃないかな。
・ まぁ…勝てなかったチームが何を言っても今さら負け犬の遠吠えですけど。



中断前にこんな負け方。ほんっっっと後味悪い。
8月明けたときにこの試合をプラスに生かせますように(-人-)


このあとしばらくはFC東京の福西さん@ナビスコ観察とかに徹することになりそうです。

2007 / 07 / 03 (Tue) 00:21 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ 負けなかったなりの収穫 ]



俺たちのマ・エ・ダ!がオシム爺にべた褒めされすぎてて気持ち悪さすら感じてしまってる今日この頃。どーもこんばんは。

 ・ 運動量が非常に多い。よく走る。
 ・ 個人技に優れている。
 ・ それほど速く見えないが、いつの間にか相手にとって危険な場所にいる。
 ・ 今までの代表にはいないタイプ。

やめてー。そんなに褒めたら照れるじゃないか(≧∀≦)
と、舞い上がりそうになるくらい大きな期待を寄せられている模様。

普段あまりサッカーを見ない友人が、インタビューで謙虚な発言をした彼を見て「かっこいいよね」って。ここまで有名になったかーと、嬉しすぎて何だかドキドキさえします。
とりあえず23人に生き残れるように、1試合1試合確実にこなしてくれ(-人-)



+ + +


【J1リーグ第16節】
ジュビロ磐田 0 - 0 大宮アルディージャ @ヤマスタ

得点者 : なし


スコアレスだしシュートも少ないしミスも多かったみたいだし、やっぱり引いて戦う相手を崩せないし…。ってうだうだ言うよりもまず、負けなくて良かった。って前向きになるのが大切だよね。

* みんな必死でやっていましたし、
 ミスが少し多かったですけどその後ミスを補おうとする気持ちもありましたし、
 とにかくこういう姿勢を継続していくことが大事だと思います。


能活がこういうコメントを残してくれてるのに下は向けないよね。やっぱ。


なんでよりよって平日なんだ。観に行けないじゃないか!と、ホームのヤマスタに足を運べないことがこんなに悔しかったのは初めてかもしれません。
今はただ純粋に、選手へ直接声を送って励ましたいって気持ちが強いんだと思う。

こんな事件をきっかけに団結。チーム愛も上昇。なんてのは全然喜べたことじゃないし、むしろ悲しくてカッコ悪いことだけど…。
これから何かが変わって行くんだろうなって雰囲気は確実に感じてます。
何よりも、選手とサポが高い意識で試合に臨んでるって言うのがたまらなく気持ち良いんだよね。こんなモチベがずっと続いて行けばいいな。

2007 / 06 / 22 (Fri) 01:22 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ 力の限り前を向いた ]



悲しくて悔しい、あの衝撃の事件から数日経って。


1日で3692ヒットはフク移籍騒動のときを軽く超えたし、そうじゃなくても更新してないのにカウンターがぐるぐる回ったりしてビクビクしてました。各磐田系ブログ様でも悲しみやら怒りやら色んな声を目にして、小瀬での快勝の歓喜も忘れてすっかりテンションがた落ち。

ゴンちゃん・能活・マコ・秀人、それに遼ちゃんや翔やカレン。チームメイトたちのコメントを聞くたびに胸がずきずき痛みます。どうしてこんなことに…って(⊃Д`;)


07横浜FC戦@日産
そんな気持ちを断ち切るかのように、久しぶりにジュビロ参戦して来ました。

日産に行くたびに思うことだけど、キャパ7万のスタジアムががらがらだと余計に寂しく感じるよ(´・ω・`)



【J1リーグ第15節】
横浜FC 1 - 2 ジュビロ磐田 @日産

得点者 : なぁるーおぉかー(前23) マ・エ・ダ!(後4)


内容がどーのこーのって話よりも、気合いの入りようがいつもと全然違ってて、だからこそ全員でもぎ取ることのできた勝点3だと思う。


試合直前のアップ前、選手とスタッフがピッチに現れてゴール裏に挨拶しに来たのよね。最近そういうのはホームでしかやらなかったのに。
全員揃って鋭い目で、申し訳なさそうに深々とお辞儀。先頭を歩くアジの姿に、いつもはあまり聞かない「アージウソン!」のコールが沸き起こったりした。
アップ中に何度も何度もサポを煽ってくれた能活の姿が凄く嬉しかった。

選手はもちろん、サポの声援まで違う雰囲気が漂ってたな。
きっとそれぞれが色んな思いでスタジアムまで足を運んだのでしょう。
チームが動揺してるときはサポーターが何とかしなきゃとか、あんな事件がきっかけで負けてたまるかとか、それでもジュビロが好きだからーとか。
そんな気持ちが少しでもピッチ上の選手に伝わったかしら。



■前半
立ち上がりにマコのクリアミスから失点。能活が激怒してたのも丸わかり(´・ω・`)
守備の皆さん、ゴール前でボールウォッチャーになっちゃうことがやたら多かった。マークが甘かったり、いつの間にかずれてたり。もっと声出して行かなきゃね。

前線でパスはよく繋がってたけど、横浜DF陣の強いプレスに超苦戦。なかなか前を向かせてもらえなくてシュートまでがもの凄ーく遠かった。
真ん中に隙がないときは、サイドのスペースをもっと巧く使って欲しいです。

今季4得点目の翔ゴールは、遼ちゃんが競ったセカンドボールに素早く反応したとこから決まったキレイすぎるミラクルシュート。
反応の速さも、敵をするする抜いちゃう軽いドリブルも、シュートコースも全部完璧。
先制されてどんよりした空気を晴らしてくれた翔、ありがとう( ´∀`)


■後半
ロングボールから大きなチャンスになることが増えたかな。
前線まで1本で簡単に繋がれば、攻撃にスピードが付くし相手を置き去りにできる。
ボールを持ったら前に走ろう。ってのが忠実に守れてた証拠だよね。

最後の方はかなり攻め込まれてたけど、前半よりも攻守の切り替えが早くなったし、最後まで集中力も途切れなかった。
終了のホイッスルがなかなか鳴らなくて、ロスタイムが10分くらいに感じちゃったよ( ´ー`;)

マエダゴールのときはゴール裏も爆発寸前。やっぱり最後はこの男でした。
出れば結果を出してくれる彼が、やっと帰って来たのねって改めて実感しましたよ。
何ヶ月ぶりかの「まえだりょぉーいーっち」コールができるのもたまらなく快感。


■前3人
マエダ翔フナタニ。この日の彼らはマジ半端ナイ。
いっぱい動く。パスもつながる。積極的。息がもの凄く合ってるのも見て取れた。
この3人の誰かがボール持つと、必ず誰かが連動して前に走り出すんだよね。奪ったら次はあーしてこーしてどーして…ってのが上手く頭の中で繋がってたのかなって思う。

ヨシアキは後半こそ本来の調子が戻って来たものの、前半はなーんか噛み合わないと言うか。パッとしなかったなぁ。
お得意の爆走も、周りと連係が取れてなければ点で意味なし(´・ω・`)


■てゆーかフナタニーニョ
生で金髪の彼を見たのは初めてでした。
甲府戦も好調だったらしい彼、かなり気合いが入ってた模様です。スタメン発表のとき「えーフナタニかよー」とか一瞬でも思っちゃってごめんなさいごめんなさいごめんなさい…。

彼にしてはアグレッシブで、がむしゃらで、本当よく頑張ってた。今までのフナタニの面影が少しも感じられませんでしたね、気持ち悪いくらいに(ぇ
特にシュート意識の高さは圧巻。合計8本のうち1人で4本は大したもんだ。
囲まれても粘ってキープしたり、ライン際まで全速力で拾いに行ったり。かと思えばヒールでポーンってやったりするんだよ。なんかもう、惚れてしまいそうになるくらいドキドキした。

にーにょだって北京世代。
今からでもいっぱいアピールして、カレンたちの仲間入りを目指してくれ。


■その他雑感
・ 試合前「アンパンマンのマーチ」が流れる日産スタジアム(横浜の久保's select)
・ 奥ってば相変わらず大人気ー。
・ 大チャンスのFKを、わざわざ壁に当てて下さってありがとうございましたm(_ _)m
・ そう言えば元ヴェルディのヤマタクって今こんなとこにいたのねー。

・ 守備陣で1番安定してたのは健太郎だと思います。
・ 康太存在感ないよ、康太…。
・ 加賀くんはもっとアグレッシブに攻めて行こう。
・ てゆーかまずはクロスの精度を何とかしよう。
・ ワンコはファーストタッチくらいまともにやろう。
・ とりあえずカレンを出してあげて下さい。


あ、なんかオシム来てたらしいね(・∀・)


いっきに5位浮上。勝点はやっとプラスマイナスゼロで振り出し。
とにもかくにも、勝ってくれて本当に良かった。サポーターがこんなに沈んでるんだから、選手たちの痛みは相当大きいでしょう。そんな中で心のこもった勝利をありがとう。

大事なのはここからだ。
こんなときこそ、ジュビロ磐田の選手・スタッフ・サポーター、みんな揃って

 「VAMOS contigo」

このスローガンがこんなに心に響くのなんて初めてだわ。

2007 / 06 / 17 (Sun) 02:40 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ 小瀬で爆発 ]



遠くの小瀬まで遥々遠征された勝ち組の皆様、大変お疲れ様ですm(_ _)m


【J1リーグ第14節】

ヴァンフォーレ甲府 1 - 6 ジュビロ磐田 @小瀬

得点者 : マ・エ・ダ!(前17) ヨシアキ(前21) 直哉(後11)
        ファブリ(後18) ヨシアキ(後28) マ・エ・ダ!(後32)


スタメン復帰戦で2ゴール1アシストだって。

俺たちのマエダ ・゚。+゚・(ノД`)・゚+。゚・


前半終了の時点でケータイをチェックしたら既に2点リード。それだけで心が躍ったけど、その1時間後にもう1度チェックしたときはびっくり仰天でした。
遼ちゃんが戻って来るだけでこんなに点取れるチームになっちゃうだなんてねー。
3連敗のあとにこれ。今までのことは何もかも忘れて飛び上がりたくなるよ( ´∀`;)

とか言いつつ、大変申し訳ないことにゴールシーンから何からなーんも見れてません。録画を見る暇もなければスポーツ番組も全部見逃してます…。
他にも見たい試合はいっぱい溜まってるんだけど、この3連敗からの復活劇だけは近いうちに見ておかねば。


現地組さんからの情報も含めて色々箇条書き。

・ 前半立ち上がりは守備ボロボロ。
・ 神戸戦・新潟戦の敗戦再びか…とキレそうになったところ、
・ 2ゴール後の後半はウイイレやってるかのような快感。
・ 相変わらずカウンターがお上手。
・ シュート12本で6得点と言う決定力。
・ なんかもうやりたい放題ドンチャン騒ぎ。

・ てゆーかマエダ超超超バモス。
・ てゆーかヨシアキ、オレ!
・ てゆーか直哉ってば(⊃Д`;)
・ あとはマエダカレン2トップにしてくれれば言うことなしだと思います。


最後の最後に1失点がなければ得失点差はゼロに戻ってました。
6点も取ってるからこそ完封勝利が欲しかったよね。
能活は激怒してたみたいだし、みんなのコメントからもまだまだやり切れてない感が漂ってます。うん、貪欲さって大切。

快勝した次の試合でがっかりさせることのないように。今度は日産で爆発しちゃって下さい。

2007 / 06 / 12 (Tue) 00:58 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ 遠くの地で快勝 ]



水曜日に九石でナビスコがあったとか、全然忘れてなかったよ。ほ、本当だよ!
ジュビロさんにとっては消化試合な上にアウェーだけど、大分さんにとっては落とせない一戦。結構入ってたみたいですね。1万人近くとか逆にびっくり。


【ヤマザキナビスコカップ グループリーグ第6節】
大分トリニータ 1 - 3 ジュビロ磐田 @九石

得点者 : 茶坊(前37) カレン(後7) カレン(後35)


大分の大海くんが出てたらちょっとは違う結果になったりしたのかな。

・ 待望のゴンカレン2トップ。
・ しかもキャプテンマークがゴンちゃん。
・ マコが復帰できた。
・ わんこと康太が後ろじゃない。
・ シュート9本で3得点と言う決定力。
・ 今季初茶ーゴール。
・ 中山アシストのカレン2ゴール。
・ てゆーか何よりもスコア的に圧勝。主審が岡田なのに圧勝。

遥々大分まで行かれたジュビサポの皆様、大変お疲れ様です。超見たかったー。

結果的にナビスコは最下位で終わっちゃったけど、最後の最後で大分の予選突破を食い止めた。我ながら憎い存在だな、ジュビロってば( ´∀`;) ホームでもアウェーでも、消化試合でもタイトルがかかってても、そういうのはあんまり関係ないらしい…。
チームの要なヨシアキと直哉がスタメンじゃなくてもしっかり勝利。誰がいなくてもこのままコンスタントに結果を出し続けられればいいね。



そんなこんなで次はあっと言う間に新潟戦。
待ちに待ちすぎてくたびれてしまうほどだった俺たちのマエダが、ついに練習試合にフル出場したそうです。日曜日にはベンチ入り出来るかもなんだって(≧∀≦) ホームヤマスタで復帰してくれたら最高だわ。

一方、この間やっとジュビロで初ゴールを決めたタケノリは、左肩脱臼で全治4週間とのことですね。せっかく彼なりに勢い付いて来たと思ったのに…残念…。
まぁ「骨はくっつきゃ治る」んだから焦らずゆっくり。お大事に(-人-)

2007 / 05 / 25 (Fri) 22:31 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ ホーム不敗神話崩れたり ]



ここ3日間くらい東京にいなかったんだけど、toto BIGなんかが話題になってたこともありTVで結果だけには触れてました。
ジュビロが負けた同じ日に福西さんが東京で復帰1分後スーパーロングゴール。悲しかったり嬉しかったり、気持ちの上がり下がりが超激しいよ( ´Д`;)


【J1リーグ第12節】
ジュビロ磐田 2 - 3 ヴィッセル神戸 @ヤマスタ

得点者 : カレン(前28) 成岡(前37)


聞けばホーム連勝記録は去年からずっと続いてたそうで、この試合に勝てれば11連勝だったとのことです。関東の某赤軍団様より数倍可愛らしいホーム不敗神話も、ここであえなくストップ。
神戸には97年から18試合ずっと負けてなかったらしいのにねー。おかげで今季初連敗。順位も8位まで落ちてしまいました。試合後にジュビサポさんからブーイングがあった模様。


得点シーンも見てないくらいにさっぱり妄想の世界だけど、とりあえず文字だけ見てわかったことまとめ。

・ 茶ーさんがスタメン。
・ 康太がボランチやってたっぽい。
・ 先制されると勝てないのは相変わらず。
・ シュートは結構打ててる。特になぁるーおぉかー。
・ やっぱり交代のタイミングが不可解。

繰り返されるミスと、神戸さんの巧妙なカウンターにやられたと言うことでしょうか。
良かったことと言えば、カレンが今季6ゴール目で得点ランキング5位に浮上したことぐらいかしらね。もうちょっと頑張れば日本人首位の寿人と並べるよヽ( ´∀`)ノ

アジウソンの戦術がどーのとかって言う話も目にしたけど、まずはやっぱりチームとしてどんなサッカーをやって行くのかってのを選手がしっかり理解しないとね。単純に「ミスが多かった。だから負けた」だけなら、むしろ強くなるのは簡単だけどさー。


次の新潟戦もまたホーム。得意なヤマスタなら何とか立ち直して下さい(-人-)

2007 / 05 / 22 (Tue) 01:05 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0

[ 連敗記録更新 ]



07鹿島戦@カシスタ
もつ煮のおいしい鹿島で日帰りナイトゲーム。
行き帰りがバス1本なのは大変ありがたいけど、かなーり長旅で疲労感が半端じゃないですね。
負け試合だったこともあり、帰りのバスの中でひたすらぐったり爆睡…。


この対戦カードは昔から大好きだけど、観客数はずいぶんとまた減ったもんだなぁ。
開門直後のスタジアムのガラガラっぷりにびっくり仰天。


【J1リーグ第11節】
鹿島アントラーズ 2 - 1 ジュビロ磐田 @カシスタ

得点者 : ハ・ヤ・シ!(後44)


後味悪すぎー( ´Д`;)


■4番と8番と15番と
スタメン発表では4バックだったけど、直哉がCBっぽい位置まで下がって来て3バックみたいになってました。
中盤ががら空きでDFラインまですぐに攻め込まれてたわりに、直哉と健太郎と加賀くんがしっかり守ってくれた。特に直哉は前に後ろによく走ったもんだな、本当。
3人とも1対1は強くて巧くて、後ろ姿がとっても頼もしかったです。
なのに連係の方は相変わらずあちゃーな感じ。誰がどこに付くのか、マークが曖昧でシュートをバンバン打たれてました。


■能活鬼神
能活がセーブしたこぼれ球をちょろんって打たれて、早い時間に既に1失点。目の前で決められて、あぁ直哉ー(⊃Д`;) ってなりましたよ。
決められた途端に、能活がDF陣のとこに凄い勢いで詰め寄って叱ってたのがわかった。そのあとも顔を上げないジュビロの選手に向かってバンバン手叩きながら怒鳴って鼓舞して。
この日の能活はまるで鬼軍曹チック。

秀人やマコがいないときは、DF陣の中の誰かがああ言う役に回れるともっと引き締まるよね。直哉、そろそろリーダーシップを発揮して下さい。


■あっちのマルキ
黒いロン毛の18番が恐くて厄介で、前半の間中ずっと誰あれ?誰あれ!?とか口走ってました。
鹿島のマルキーニョスです。同じマルキでも、向こうはバリバリ攻撃専門。
身長のわりに体格があって、動き出しの速さに超苦戦…。ブラジル人FWって妙に迫力ある選手が多いけど、彼は中でも飛び抜けてる感じがしたなぁ。


■レッドの術中にはまる
大岩がレッドで退場になってからドン引き戦法に移る鹿島さん。
その途端急に勢いをなくすジュビロの皆さん…。やっぱり引いて守るチームには弱いらしい。
もうちょっとゴール前で積極性が欲しいなって思います。あと1歩のとこでひるみすぎ。迷いすぎ。数だけならシュート数は向こうより上だけど、失点後あんなに攻めてたんだからもっと打てたと思うなぁ。

けど、康太とカレンとにーにょあたりのシュート意識はとてつもなく高かったと思うよ。
遠くからでも何でも、フィニッシュまで行ってくれるとそれだけで気持ち良い。あとは枠内に飛ぶようにいっぱい練習して下さい。


今のジュビロ、ファブリがいないのが結構痛手になるんだなーって実感しました。中央をごりごりドリブルして上がって来る選手がいてくれないと、なんか物足りなくて寂しい感じさえしちゃうのよね。
攻撃にアクセントが付かなくて、中盤で間延びしてるような印象があったかな。



■初ゴールに乾杯
もっとタケノリにボールを集めればいいじゃないか。と、なかなかボールを触れずに孤立気味だった彼を見ながら泣きたくなりました。
せっかく前でドフリーなのに。せっかく中のいい位置で手挙げてるのに…。誰か気付いてあげてよー。

ジュビロに来て念願の初ゴール。勝ってお祝いしてあげたかったけど、「素直に喜べない」って言うしかない結果になっちゃったのが本当残念。
選手が挨拶しに来たとき、せめてハヤシコールくらいはしてあげたかったな。



■その他
・ 慎ちゃんとタケノリはセットで見てみたいです。
・ わんこの足元の巧さはよくわかったから、今度はクロスの精度を。
・ ヨシアキが周りによく指示を出すようになってた。
・ こっちのマルキも少しは攻撃参加出来ないのですか。
・ 翔はもっと色んなとこに顔出してよ。また消えかけてたじゃん(´・ω・`)
・ それにしても鹿島の中後くんはよく決めるなー。


やっぱり苦手な鹿島アントラーズ。
やっぱり苦手なカシマスタジアム。
そして、やっぱり苦手なアウェイゲーム。

どんな負け方をしても、ホームではきっちり勝ててしまうが今のジュビロですが…。
次の神戸戦もまた何ごともなかったかのように勝ってくれるのでしょうか。
そろそろアウェイでも勝利を(-人-)

2007 / 05 / 13 (Sun) 16:38 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0

[ 最下位とか関係ない ]



昨日の昨日まで、消化試合ナビスコの存在をすっかり忘れていた管理人です。どーもごめんなさいごめんなさい…。
1ヶ月くらい前だったか、「大分戦チケット販売のお知らせ」なんて言うサポータークラブの案内ハガキが届きました。平日のナイトゲームだし、よっぽど売れないことが予想されるんだろうなーって思ってたけど、まさか4000人も行かなかっただなんてね( ̄∀ ̄;)!!!


【ヤマザキナビスコカップ グループリーグ第5節】
ジュビロ磐田 1 - 0 大分トリニータ @ヤマスタ

得点者 : 中山隊長ゴンゴール(後30)PK


ゴンゴールにゆりかごダンスに、そしてホームヤマスタでナビスコ初勝利に。
スタジアムまで足を運ばれた3,876人の皆様は間違いなく勝ち組。
グループリーグ敗退が既に決まっているジュビロ磐田さんですが、彼らの辞書に「消化試合」とか言う言葉はないみたいです。大会を盛り上げるために全力で空気を読むことには最高に長けているらしい。


シュート数10本、被シュート数はその倍以上。PK1弾で何とか勝利って感じだったのでしょうか。まぁとりあえず、このメンバーで勝てたことに意味があると思う。


・ ゴンちゃんがスタメンフル出場。
・ しかも嬉しい嬉しい2トップ。
・ タケノリとにーにょとこーすけがスタメン。
・ 山崎くんとりゅうくんが初出場。
・ ヨシアキと康太は大変元気ですね( ´∀`)

18歳と39歳が同じピッチを走っただなんてねー。20歳差とか、なんかもういわゆる新記録とかじゃなくて?(ぇ
新記録と言えば、ナビスコの通算得点数はゴンちゃんが25ゴールで単独首位だそうです。
この調子で出場時間もゴール数もどんどん積み重ねて行って欲しいな。ゴンちゃんにはいつも1番前を走ってもらいたいから。



カレンは風邪。マコの復帰は先延ばし。秀人もまだもう少しかかりそうだとのことですね。
相変わらず怪我人が絶えないけど、ようやく嬉しいニュースが舞い込んで来ましたよ。


待ってました!

俺たちの前田遼一 ・゚。+゚・(ノД`)・゚+。゚・

試合に出るときが来るまでどうかどうか焦らず慎重に。中山マエダ2トップとか、マエダカレン2トップとか、色々勝手に妄想して復帰を楽しみにしています。



あ、川崎フロンターレの皆様。ACL1次リーグ突破大変おめでとうございます。
なんかマジ半端ないくらいに楽しそうで何より。
このままアジアの頂点に立って世界の舞台で戦えますように(-人-)

2007 / 05 / 10 (Thu) 02:10 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ ヤマスタで強い ]



前節の出来不出来に関係なく、ホームのヤマスタで強いジュビロは今のところ健在の模様。
ジュビロの試合がBSで生放送されるなんて結構久しぶりだけど、ヤマスタに行けなかった全国のジュビサポさんにしっかり勝ち試合を見せられて本当に良かった(^ー^)
私も1日遅れて今さっき録画観戦しました。


【J1リーグ第8節】
ジュビロ磐田 4 - 2 サンフレッチェ広島 @ヤマスタ

得点者 : カレン(前4) 健太郎(前38) カレン(後23) 翔(後41)



出かけ先でもケータイ片手にちょくちょくチェックしてました。
前半2点リードしてたと思ったら2点も入れられて、ラスト5分は追いつかれないかソワソワしたけど、むしろ追加点で相手を突き放しての勝利。ヨシアキも言ってた通り、4点奪って2点差で勝てたってのはかなり大きいよね。


何よりも2トップにしたのが1番効いたんじゃないかしら。前の人数がいればいるほど、ヨシアキや翔・康太やワンコもパスの出し所が増えてやりやすいんだよね。
広島の守備がちょっとあれなこともあったのか、立ち上がりからパスが良く繋がって全体的にまとまりのある感じがしました。あんまりプレッシャーをかけて来なかった分スペースを巧く使えてたと思うし、サイドチェンジとかの大きな展開もいつになく上手く行ってた。

のわりに、なかなかシュートまで行けないのは本当もったいない。
ゴンちゃん・カレン・ヨシアキ、あちこち動き回ってくれるのは良いんだけど、たまにポジションがかぶってごちゃごちゃってなっちゃうのが残念。


守備で人数負けすることが少なかったのは、きっと広島さんの攻守の切り替えが遅かったおかげ。
それでも後半はいつ失点するかずーっとソワソワしたな。特にサイドに開いた選手に簡単にパスを出されちゃうのは、周りをよく見れてない証拠かしらね…。



■中山さんが巻いてこその
ゴンちゃんが黄色いキャプテンマークを巻いてるのを見て感激。何日ぶりだろねー。
高い位置から積極的にボールを奪いに行くのはもちろんのこと。カレンの1点目も、健太郎の2点目も、ゴンちゃんがDFを引き付けたからこそ決まった得点。あれだけDF陣を翻弄させられる選手がいれば周りもやりやすいのでしょう。

後半の途中で交代になってしまったのが惜しかったぐらいに、めちゃくちゃたくさん走りまくってました。
カレンが落としたのをヨシアキが中央に上げて、ゴンちゃんの目の前で駒野にカットされたあれ…。決まってたら最高に気持ち良かっただろうな。


■泥臭ヘッド
後半のカレンの3点目、ゴンちゃんがヘディングする姿と重なりすぎてびっくりしました。
ゴール正面で良いポジションをキープしてたとこ、プレッシャーを受けながらも身体を投げ出して強引に打ったとこ、首の振り方、全部そっくり。ああ言うゴンちゃんのシュートなら以前に何度も見たことあります。

足元も巧くなって来たし、スピードのあるドリブルも持ってる。それに加えてゴンちゃんから泥臭さも吸収しているんでしょう。
あとは個人で局面を打開できるくらいの強引さを持ち合わせて欲しいな。
例え代表でゴールが決まらなくても…チームで結果を出してればいつか報われるはず。


■喜び方がカッコ悪いと言われました。
いや、ゴンちゃんが何と言おうと全然カッコ良かったよ。健太郎プロ初ゴール ヽ( ´∀`)ノ

健太郎がゴールしたと聞いて、きっとセットプレーからヘディングだったんだろうなって思ってたらやっぱりそうだった。
Jリーグだけじゃなくてカップ戦でもまだ決めてなかったみたいですね。なんか意外ー。
84年組が大好きな私としては、直哉と翔だけじゃなくてぜひぜひ彼にも活躍してもらいたい。だから、この3人が揃ってスタメンのときはいつもワクワクしてます。

ゴールに加えてMOMも獲得。インタビューで喜びを隠し切れないくらいにニッコニコしてたのが印象的です。自らマイクを持ってサポにも挨拶したようで、よっぽど嬉しかったのでしょう。


■翔の笑顔に乾杯
また彼の素敵な笑顔が見れました。もうなんか、たまらなく幸せー( ´∀`*)
DF2人に挟まれながらよく決めたよね。

ゴール前でたくさん攻撃に顔を出すだけじゃなく、良いとこで攻撃の芽を摘んだりとか目立たない仕事もちょくちょくやってました。
自分が求められてることを無難にこなしてる印象があるな。それだけ安定して来てるってことかしら。

いつもイイとこにいる。目立ったパスミスはしない。ゴールも決めてる。
けどなーんか…もうちょっと存在感が欲しい。あのポジションをこなす選手なら、自分から攻撃を組み立てたり自分が周りを動すようなプレーも見せて欲しい。そしたら私はきっと今の100倍くらい翔に惚れる(ぇ



■その他
・ FW登録の選手がゼロの状況で追加ゴールなんて大したもんだ。
・ それにしたってタケノリはもうちょっと早く見たかったんだけど。
・ 直哉の落ち着きっぷりはいつもいつももの凄いですね。
・ 最近、ヨシアキの人任せなパスの多さが気になる。
・ ワンコのクロスが珍しくキレキレだった。
・ 守備もどうにかならないのですか。
・ 能活さんにもっともっと叱られて来ればいいじゃないかな。



この調子で、GW中はゴールを量産して勝ち続けて欲しいものです。

2007 / 04 / 30 (Mon) 01:17 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0

[ 何やってるんですか ]



えぇーまずは…雨の中万博まで行かれたジュビロサポーターの皆様、大変お疲れ様でした。どうか風邪などひかれませんように(-人-)


【J1リーグ第7節】
ガンバ大阪 5 - 2 ジュビロ磐田 @万博

得点者 : 慎ちゃん(後24) 慎ちゃん(後33)


と、ととととりあえず。 慎ちゃんのミドルはこの上ないくらい素敵だったと思います。
スタジアムの「さーあー行こおーむらーいしーんじ ラーラーラララララー」を想像して何とかテンションを…いや、上がらない。


テレビ観戦どころか松森さんの実況をクリックすることも出来ず、ゴールが決まったらメールして頂くようにとジュビサポ仲間さんにお願いしました。
気付いたら16時から計7回もケータイが鳴りましたよ。そのうち3分の2はガンバゴールのお知らせだったわけですが( ´ー`;)


あなたたち、弱すぎじゃなくて?


全然気乗りしなかったけどやべっちで失点シーンだけちょこっと見ました。愕然とした。
何であんなにマークずれまくってるの?なんでみんなゴール前でボールウォッチャーになってるの?何で1人残らず足が止まってるの?
たった数分見ただけなのに、あれじゃ5失点もして当然よー。とか理解出来てしまったのが悲しいです。この負け方、柏戦よりたち悪そう。何となく個人的な直感だけど。


相手のプレッシャーが強くて攻め手を失ったのは、攻撃パターンが少なくて打開力に欠けてる証拠。それをどうすることも出来ずに、成すすべもなく失点を繰り返すのはチームとして勝負強さが足りない証拠。

ガンバが疲れを見せ始めたおかげで後半ずっと押してたみたいだけど、前半であれだけやられたらもうあとの祭りだよね。
相変わらずミスも絶えなかったみたいで、チャンスを作りかけても自滅状態だったそうです。
ゴンちゃんや秀人、試合中にどんな顔をして戦ってたのかしら。想像するのも怖いよ。


加賀くんがスタメンだー。今日こそゴンゴールだー。これに勝ったらまさかの2位浮上だー。
なんてせっかく試合前に喜んだのに、そのかい虚しく…2位だなんて夢のまた夢でした。
ほんのちょっとでも期待してごめんなさいごめんなさいごめんなさい。



まぁ、0-5で大敗した大分さんのことを考えるとちょっとは気が楽になるよね!(ぇ
まずは精神面から切り替えて立ち直りましょう。
何ごともなかったかのようにホームで気持ち良く連勝してくれたら、たぶん許す。

2007 / 04 / 23 (Mon) 00:33 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment5  |  Trackback0

[ 勝ってこその中山効果 ]



前日まで行こうかどうか迷ってて、夜中11時過ぎてから慌ててチケットを買いにコンビニへ駆け込みましたよ。なけなしの貯金を下ろして、もちろん鈍行万歳( ´∀`;)
これで当分ヤマスタには来れなくなるし、行って良かったと心から思える一戦でした。


07横浜FM戦@ヤマスタ
【J1リーグ第6節】
ジュビロ磐田 1 - 0 横浜Fマリノス @ヤマスタ

得点者 : なぁるーおぉかー(後9)



風は強かったけど青空はとってもキレイで、長袖じゃちょっと暑いくらいの観戦日和。
森野くんに山崎くん、ベンチに珍しい名前が多くてかなり新鮮でした。近くで見る隆くんは予想以上にイケメンです( ´∀`*)
試合前からしつこいぐらいに中山コールを繰り返すゴール裏は、テンション高くてもの凄く熱くて雰囲気もバッチリ。ちなみに選手紹介の中山さんは鳥肌が立つぐらいカッコ良すぎだよ。



久々に相手よりもシュート数を上回る戦いっぷり。
前を向く姿勢も、ボールをキープしたり追いかける粘り強さも、パスを繋ごうとする集中力も、全てがマリノスより上だったからこそ勝てたんだと思う。
何よりも運動量が凄かったよね。最後の方、あのヨシアキまでバテ気味だったもん…。

みんなでいっぱい走るから迫力も出たし、スペースの使い方も巧くてパスがよく繋がった。
ロングフィードとかサイドチェンジとかの大きい展開もいつもより成功率高かったし。周りを見て感じれるだけの余裕を持って戦えてたのでしょう。
誰がってわけじゃなく、みんなよくやったよね。って言ってあげたくなった。


■15の背中
初スタメンの加賀くん、ゴール裏から見える背番号15はとにかく大きくて頼もしかった。背が高いだけじゃなくて肩幅も広いのかな。がっしりしてて落ち着きも感じさせられました。
足元がしっかりしてて当たりが強いわりに、びっくりするくらいスピードもあるんだよね。機会があれば前に駆け上がってくとこなんかも好印象。
今までベンチにいたのがもったいないよ。もっと使って。惚れるから( ´∀`*)


■翔の笑顔が素敵すぎ
ゴンちゃん曰く「8割は俺のゴール」な得点を決めた翔、にっこり笑ってゴール裏へ走って来て、すぐ目の前でガッツポーズを見せてくれました。
FW1人のゴンちゃんをサポートするような形でって意気込んでたみたいだけど、その意識が巧いこと結果に繋がったね。

ちなみに、ゴール正面でくるって回ってルーレットちっくなことをしてくれたのには、思わず「うおっ!」みたいな声が出ちゃいました。そんな余裕を見せられるほど楽しかったのか。

試合中誰よりも険しい表情をしてる翔が笑顔を見せてくれる瞬間が、個人的に凄く凄く大好きです。
フル出場しても最後まで消えなかった。倒れてもすぐに起き上がれるようになった。
これからはもっともっと貫禄のある10番成岡翔を見たいです。


■中山魂
ゴンちゃんがいるとチーム全体が気持ち的に上向きになるのはもちろんのこと。
それに加えて違うなーって改めて思ったのは守備の部分でした。たぶん誰よりも1番動いてたんじゃないかしらね、39歳中山隊長。
前線から積極的にプレッシャーをかけて行く姿に周りも刺激されたのか、全体的に高い位置で奪えることが多かった。

そりゃ足元の技術だのスピードだの何だの色々ありますけど、とにかくゴンちゃんがゴール前にいると得点の臭いがプンプンします。
ゴールこそなかったものの、しっかり1点に絡んでるとこはさすがだよね。
中山雅史は決してサポを裏切りません(^ー^) まだまだ現役でやってくれそうです。



■その他
・ 主審のお名前に、あちこちから「うわー」と言う声が上がる。
・ 中山さんが倒れても笛なし。もの凄い勢いで巻き起こるブーイング。
・ そして奇跡の黄紙ゼロ枚。

・ 慎ちゃんの攻め上がりが効いてた。
・ いつになくカウンターは巧く行かなかった。
・ 直哉の落ち着きっぷりがマジ半端ない。
・ ヨシアキの走りっぷりがマジ半端ない。
・ 秀人にしろ健太郎にしろ、DF陣の安定感がマジ半端ない。
・ 試合前「娘のためにも勝て」とサポに言われて照れてた能活、この日も好セーブ炸裂。
・ パパさんクオリティって凄いね!
 

勝ってもスッキリしないことの方が多かったけど、昨日は素直に喜べて「わっしょいわっしょい」とかやれちゃいました。何だかんだ(リーグ戦のみ)ホーム3連勝だもんねー。
ぶっちぎりで勝てなくても、消化試合のナビスコを挟んでも、勝利の味は忘れずに。このままの勢いで行けますように。

遼ちゃんとノリヒロが戻って来る日がますます楽しみになっちゃったよ、もう( ´∀`)

2007 / 04 / 15 (Sun) 17:46 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0

[ 憎いぞこのー ]



ナビスコカップなのにキットカットとか食べて願掛けしたせいで、バチでも当たったのでしょうか。ごめんなさいごめんなさいごめんなさい…。


07ナビスコ東京戦@国立
【ヤマザキナビスコカップ グループリーグ第4節】
FC東京 2 - 1 ジュビロ磐田 @国立

得点者 : 康太(後40)




ま、まさか奴にやられるとは (⊃Д`;)


キックオフには間に合わず前半の終了間際やっと席に到着。と思ったのも束の間、すぐにフクゴールが決まって心底がっかり。ハーフタイム中は「あーもー」な感じの溜息しか出ず、後半もずっと「あーもー」って雰囲気のまま過ぎて行った45分間でした。
ナビスコは未だ勝ち星なし。ぶっちぎりの最下位です。


DF陣にがちがちに守られてスペースを作れなかった。
狭いとこで際どいパスを回してはミス・ミス・ミスの連続で奪われるばっかり。連動性なんてほとんど皆無の状態で、しっかりパスが繋がったことの方が少なかった気がするなぁ。
東京は奪ってからが速いから、個々の対応が少しでも遅れるとすぐにシュートまで持って行かれちゃうんだよね。

何て言うか、もっと貪欲さが必要だなって思った。こぼれ球を拾えてないどころか、味方からのパスにも巧く反応出来てない場面が多々。
みんな走るには走るんだけどねぇ…。1歩先のプレーを読んだり、お互いに感じ合ったりってのが足りないんじゃないかしら。後手後手で走るからほぼ空回り状態なのよ( ´Д`;)

まぁとりあえず、あの勢いの無さとバラバラ加減はどうにかした方がいいと思うよ。
なーんかチーム全体の雰囲気が重いし暗い気がする。


■その他
・ わんこはFWで使ってみたら良い。
・ 加賀を最初から出せば良い。
・ 康太は前で使うのが良い。
・ 翔の存在感はどこですか。
・ ヨシアキのキレはどこですか。
・ 謙弥はかなり頑張ってたと思います。
・ 中山隊長が抗議したのがこの試合の1番の盛り上がりだったんじゃないかと(ぇ


後半からしか見れてない上に、後半の内容もアレだったため、このへんでさらっとおしまい。



福西さんはちょこっと↓

2007 / 04 / 13 (Fri) 00:54 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment3  |  Trackback0

[ なんだかスッキリ ]



勝てなかったけどそこまで敗北感はなく、むしろ今季1番良い内容だったんじゃないかなー。ぐらいのポジティブな気持ちで浦和美園駅までを歩いた帰り道でした。

ぜ…ぜ、前半38分までなら勝ってたもんね!( ; ̄ー ̄)...


07浦和戦@埼スタ
【J1リーグ第5節】
浦和レッズ 2 - 1 ジュビロ磐田 @埼スタ

得点者 : カレン(前32)



怪我人がいっぱいいる中、ベストの状態で戦えなかったにしては上出来って考えるのは甘いんだろうけど…。足りなかったのはゴールだけ。本当にそんな感じの試合でした。
ヨシアキのあのポストとか、入ったと思って一瞬飛び上がって喜んじゃったじゃん。あそこまで行ったら入れなきゃ(´・ω・`)


■本当に浦和レッズですか。
去年や一昨年の浦和はもっともっと迫力があって怖いイメージあったけど、今回はそれを感じさせないくらいジュビロが試合の流れを作ってました。
ワシントンだとかポンテだとか、色々凄い人たちばっかり揃ってるあの浦和の皆さんを防戦一方にさせるなんてさすが。後半、こっちがシュートを打ちまくってる時間帯に向こうの足が止まってるのを眺めてたら、何だか気分が良すぎて鳥肌まで立ちそうになっちゃったりして。

まぁ、結局 負 け ま し た けどね( ´Д`;)


■自由人たち
攻めてくるチームにはなかなか良いとこまで行く今のジュビロ。
真ん中にスペースがあったから、前の選手が動き回って自由にプレー出来たのかなって思う。やりたいことをやりたいように、いつもよりもずっと生き生きして見えた。押し上げが上手く行ったときの、あの迫力とスピードが気持ち良くて好きー( ´∀`)
単純だけど、ボールを持ったら前を向くって言う意識が大切だよね。ボールを持ってる選手だけじゃなくて周りも。

カレン、ヨシアキ、翔、毎試合あれくらいの運動量とキレを見せてくれると楽しいよ。
あとは前が空いたらシュートを打とう。ゴール前で無駄にこねこねするのはやめてみよう。


■熱く、でも冷静に
全体的にいつもより気持ちが入ってるなって思わされたのは、きっとプレスが早くてこぼれ球も拾えてたから。
キープしてやるぞって言う執念とか、奪ってやるぞって言うしつこさとか。そんな熱さを見せられたら、たとえファールしても拍手してあげたくなります。

つまらないミスが多いのはほぼ全員。特に横パス奪われすぎです。
せっかくパスが繋がり始めても、何でもないとこで取られるのが残念。
意志の疎通の問題もあるんだろうけど、雑なプレーがやたらと目立ったなぁ。リードされても焦らず確実に回せるくらいの冷静さは保って欲しい。



■ジンクス発動
試合を重ねるたびに負傷退場者が出る呪い。今回も出ちゃいました(⊃Д`;)
翔、かなり調子良さそうだっただけにあんなとこで下がっちゃうのは本当に惜しかった。顔を押さえてるのを見て、すぐに立つだろうって思ったんだけどなー。
頼むから長期離脱だけはやめてくれ…。

直哉は怪我明けなのを考慮しての交代だったのでしょうか。
とにかく、もうこれ以上いなくならないで下さい。



■他雑感
・ カレンと中山さんが大好きな浦和サポ様方。
・ その他のジュビロ勢にはブーイングなしですか。
・ やまもとこーすけ とかご存知ないですか。
・ ってゆーかアウェーゴール裏エリア狭くしすぎじゃないですか。

・ とりあえず今回も能活超超超バモス。
・ カレン2試合連続ゴールおめでと。ありがと。
・ わんこと慎ちゃんは前で使ってあげた方が良いじゃないかな。
・ マルキは地味すぎ。地味に効きすぎ。
・ 健太郎がキレキレすぎ。


そりゃ悔しさだって大きいけど、負けたのにスッキリしすぎてて何だか変な感じさえしちゃってますよ。
良い試合したのに勝てなかった。この悔しさを忘れずに。内容に結果が伴うように。次はホーム3連勝とか狙ってみようか。

2007 / 04 / 09 (Mon) 01:47 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

[ 守り切ったカレンの1点 ]



07千葉戦@ヤマスタさっき静岡の最高気温が30度を超えたことを知ってぶったまげました。どーもこんばんは。

3月最後の磐田は、雨は降らなかったけどやっぱり日陰は寒さが残ってて、Tシャツにユニを1枚かぶっただけではまだまだ90分間持たないような、そんな微妙な気候でした。


【J1リーグ第4節】
ジュビロ磐田 1 - 0 ジェフ千葉 @ヤマスタ

得点 : カレン(前6)


誰かが戻って来てはいなくなり…の繰り返しでなかなか万全のメンバーで戦えませんが。それでも勝点3をしっかり手にしたことは大きいんじゃないかと思います。
例え前半でゴール決めたからって最後の方は防戦一方になったとしても。例え16本のシュートを浴びせられようと。
チーム状況が苦しいこんなときこそ、勝って順位を5位まで上げたことに素直に喜ぼうと思います。だって今ならあの浦和や川崎より上じゃんねー( ̄∀ ̄)



SBでもなくボランチでもない2列目の康太を見たのはたぶん初めてだけど、初めてなのになぜかしっくり来た。
康太はポンポンはたくのが巧いから、前のボールの動きが活発になった気がする。翔も言ってるけど、あとはそれに運動量が伴えばスピードも迫力も出て来ると思う。

みんな動くことは動くんだけど、相手に怖がられるような動きが出来ないよね。
スペースが出来たらすぐそこに誰かが走り込むとか、誰かがボール奪ったら前の選手がすぐに動き始めるとか。連動性を考えて走らないと、このままじゃ個々がバラバラに見えちゃうよ。


カレンのご無沙汰ゴールは、ファブリがボールを大きく出したのが巧いこと繋がったカウンターっぽい形。ヨシアキが素敵なセンタリングを上げたところにドンピシャでした。
ファブリの広い視野だったり、それに素早く反応して粘って粘ってボールをキープしたヨシアキだったり、良いポジションに入り込んで来たカレンだったり。それぞれの良さが存分に生きた1点だったと思う。

ただ、あの瞬間は「ちょっと早かったなー」とは思った。今までの経験上、これで油断して逆転されるんじゃないかってのが1番の心配事でしたよ。
神セーブとか巻さんのおかげで何とか凌いだものの、案の定攻撃意識の方はどんどん薄くなって行ってたし…。
1点でも失点してたら、そのあとどんな惨劇が待っていたんだか想像もしたくありません。


いつも思うけど、もっと積極的な守備が出来たら良いのに。
中盤のプレッシャーが弱いから、あっと言う間にゴール前までボールを運ばれちゃうのよね。特にサイドを突かれると、必ずと言って良いくらい大ピンチを招いてました。裏のスペースも何度も何度も同じように使われてたし。
SBが上がったらその分誰かが戻って守らないと。そう言うフォローが少ないのは、やっぱり周りが見れてない証拠かしら。



あとは1人ずつ雑感。

・ カレンの飛び出しがなかなか効いてた。
・ ヨシアキのドリブルのキレがだんだん戻って来た。
・ 翔は要所要所でツボを抑えたプレー。もっと何か存在感を感じさせて欲しいんだけど。
・ 康太は生き生きしてたけど、シュート意識低すぎ。
・ マルキの守備が良。でもパス判断遅すぎ。
・ ファブリも守備は良。攻撃のあのガツガツした感じはちょっと物足りなかった気が。
・ 慎ちゃんはちょこちょこチャンスを作ってたけど、もっと積極的に前に出て目立って欲しい。
  ってゆーか前で使ってあげれば変わると思うな(´・ω・`)
・ わんこのドリブルは好き。でもやっぱりミス多すぎ。
・ 健太郎がキレキレすぎて、対人プレーとか強すぎて不覚にも惚れた( ´∀`*)
・ マコぉーーー!!お大事に…。
・ 能活バモス。超バモス。

・ 直哉は、唯一こーすけ並みの冷静さを保ってプレー出来る選手ですね。そーですね。
・ こーすけはちょっと消え気味だったかな。それでも無難にこなすとこが彼らしい。
・ 茶野隆行はわかってる。ジェフ千葉の選手のことをよーくわかってらっしゃる。


アジ監督、アジ監督。千葉戦に村井さんと茶野さんを出すぐらい空気を読めるなら、ハヤシも出してあげたって良いじゃないかな(ぇ


ちなみにカレンとヨシアキのゆりかごダンスは、さりげなさすぎて全く見えませんでした。能活が1人ゴール前でやってたのとか、もっと知りませんでした( ; ̄ー ̄)...
何はともあれ「勝利は続くよ」と一緒に、心なしかめちゃくちゃ久しぶりのわっしょいもやれたのが大満足。



個人的に、3月のジュビロ参戦率は異常。次にヤマスタへ足を運べるのがいつになるかはまだわかりませんが、とりあえず怒涛の連続観戦はこれで終了です。青春18きっぷさん、大変お世話になりましたm(_ _)m
あとはちょくちょく暇を見つけて、ジュビロを応援しながら味スタにも行けたらいいなーと。

2007 / 04 / 02 (Mon) 01:22 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ なかったことにしたい ]



天気が悪かったせいもあるのか、5000人も入らないと言う大盛況ぶりを発揮した日曜夜の三ツ沢でした。
のわりに試合開始前のゴール裏はよく声出てた気がするし、「さあー行こう むらーいしーんじ」って新曲が登場して雰囲気も良かったと思う。思うんだけど。


07ナビスコ横浜FC戦@三ツ沢
【ヤマザキナビスコカップ グループリーグ第2節】
横浜FC 2 - 0 ジュビロ磐田 @三ツ沢

得点者 : なし



カズさんとドラゴンがいなかったみたいです。
例の奥大介に決められたみたいです。
横浜FCって去年までJ2にいたらしいです。

あぁもう(⊃Д`;) なかったことにしちゃダメですか。


見ててこんなに悲しくて泣きそうになる試合なんてそうそうないよ。
2点決められたあたりからスタンドのあちこちが叱責・罵倒の声でいっぱいになって、「追えー」「打てー」「走れー」とかの苦しい叫び声ばっかが痛いほど耳に入って来て、もの凄くいやーな空気になった。


立ち上がりはそこまでひっっっどいってわけじゃなかったんだけどね。
横浜があんまりプレッシャーかけて来なかったから、最初は結構前の方にボールが入ったりしてたし、そこそこパスも繋がってました。

でも前半の早いうちからだんだん運動量が減って失速して、逆に向こうに巧いことボールを回される始末。中盤で誰もプレス行かないからやられたい放題。本当イライラするくらいに。
攻撃に厚みがなくなったのはファブリがいなくなったあたりかしらね。タケノリが1人1番前で孤立して全然ボールを触れてませんでした。
マイナスのパスとか意味のない無駄な横パスもやたら多かったし…。1トップがダメとかそう言うシステムの問題じゃなくて、全部気持ちの問題な気がします。

連係とか以前にミスが多すぎるところを何とかして欲しいよ。
ちょっとしたパスでも1タッチか2タッチ目で全部失敗。奪ってもすぐ奪い返されるの繰り返し。
センタリングなんかも、もう少しどうにかなるだろって思う。


後半から秀人が下がって、誰もチームをまとめようとか引っ張ろうとか鼓舞しようとしなかったのも痛かった。さすがにマコ1人には荷が重すぎるし、真ん中で翔なりにーにょなりが全体を落ち着かせられれば少しは変わったんじゃないかな。

ヤマスタで「もう”若手”じゃないんだろ?」って言うダンマクが張られてたのを思い出しました。去年までジュビロはベテランが豊富なチームだったけど、もうそんなこと言えないチームになってます。誰かに頼るんじゃなくて、そろそろ自分たちでやって行かなきゃ。


・ マルキ持ちすぎ持ちすぎ持ちすぎ。
・ 翔とにーにょは自信持とう。
・ わんこのクロスはいつもデジャブ。
・ ヨシアキは何かスランプにでも陥ってるのですか。
・ ファブリと秀人は大丈夫なんですか。
・  加 賀 く ん は ?
・ 横浜FCさんは時間稼ぎしすぎじゃないかな。
・ GKのあの演技とか、もうちょっとどうにかした方がいいじゃないかな。
・ まぁそれ以前にジュビロ(ry


とりあえず、ハヤシと村井さんとコースケと中山隊長は超バモスだと思います。
その他は休日返上でひたすらパス練するか、座禅組んで集中力でも鍛えてもらえば良いじゃないかな。



最後に打ちのめされたゴンちゃんのコメント。

* ベンチから見ていて、正直、『勝つ気あんのかよ』くらいの気持ちでした。

うん。それきっとジュビロを応援してた誰もが思った(´・ω・`)

2007 / 03 / 26 (Mon) 01:49 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback1

[ あとひと息 ]



行きは鈍行、帰りは新幹線で日帰りナイトゲーム磐田までの小旅行。
朝は東海道線が止まったせいで足止めをくらいましたが、開門前にはスタジアムに到着出来ました。

味スタ行ったりヤマスタ行ったり、サッカー観戦に追われてるかのような春休みです。
これがもう楽しいからやめられないんですけどねー( ´∀`;)


07ナビスコ東京戦@ヤマスタ
【ヤマザキナビスコカップ グループリーグ第1節】
ジュビロ磐田 2 - 2 FC東京 @ヤマスタ

得点者 : ヨシアキPK(前43) マコ(後33)



福西さんに目の前でアシストを決められて心底ヘコんで、
ヨシアキの左下隅PKに心臓が破裂しそうなくらいドキドキソワソワして、
能活のミスとワンチョペの足の長さにうへぇ~ってなって、
慎ちゃんのアシストとマコの同点弾にもう1度希望を取り戻して…

主力なはずの遼ちゃんもファブリも直哉もノリヒロも不在で、負けなくて良かったー。と考えるのが正解なのでしょうか。逆に勝てた試合だったよねーと悔しがる方が次に繋がるのでしょうか。そんな複雑な心境です。


■まずは打て
シュートが10本行かないのは何でだろう。6本打って2ゴールの割合は大したもんだけど、それならもっと打って3点取って勝ってよー。
開幕したときからずーっとずーっとずーーーっと思い続けてることだけど、ゴール前で無駄なパスが多すぎ。人任せみたいなパスをして奪われるくらいなら、ドーンと打ってドーンと外してくれた方が気持ちいいのに。とか、どうしてもそんなことばっかり思っちゃいます。

せっかくリズムが良くても、ゴール前でぴたっと勢いが止まっちゃうのよねぇ。
前の選手がボールを持ったときのフォローが少ないのも原因なのかしら。前が色々動ければパスの出し所も増えて勢いも消えないと思うんだけど。
みんな変に慎重になりすぎてるんだか、怖がってるんだか…本当もったいないです。



■あのドリブルが見たい
ヨシアキ、最近になって研究されて来てるせいもあるんだろうけど、前みたいに自由に動けなくなってる気がするな。
前にスペースが空くとびっくりするくらい生きるのに、囲まれると手も足も出ない状態。全然ヨシアキらしくない(⊃Д`;)
やっぱりFWじゃない方がいいな。前の選手が動いてスペースを作ってくれるからこそ本領を発揮出来るタイプだもん。ノリヒロや遼ちゃんが帰って来たらちょっとは変わるのでしょうか。

後半の最後の方、東京の守備が薄くなった隙を突いて何回か見せてたドリブル突破をもっとやって欲しいです。あれがなきゃヨシアキがヨシアキじゃないみたい。


■戻って来る
柏戦ぶりの登場だった慎ちゃん。何でスタメンで使わないの?って不思議だったけど、本人も言ってる通りやっぱりまだ怪我明けで本調子じゃないのかな。
1対1になったときに独特のリズムでするするっと抜いて見せる、あのプレーが個人的に大好きなのよね。目の前で見たときに思わず「慎ちゃんが戻って来た!」って感動しちゃいました。

元チームメイトタケノリとの連係なんかもけっこう期待してたりします。
とりあえずスタメン復帰出来るように、素敵な左足でアシストだけじゃなくゴールも決めれるように、ゆっくりじっくり頑張って下さい。


■悪くはないんだけどー
最近は出場してもさっぱりだったにーにょ。この日は3トップなんて言うこれまたビックリ采配だった中、FWの一角としてプレーしてました。

前半で早いうちに交代しちゃったけど、もの凄く悪いってわけでもなかった気がするんだけどなぁ。ゴール前で拾ってキープしたり、絶妙なサイドチェンジをしてみたり、私好みなプレーも何度か見られました。
下がるときはなんだか惜しい感じがしちゃうくらいに。もうちょっと見てたかった。
繋ごう繋ごうって考えすぎるからパスミスが多くなるのかしらね。もっと思い切りを大切にしてみても良いと思うよ。


■次期23番?
この日は「福西崇史に憧れる」コースケをけっこう意識して見てたんだけど、意識すればするほど福西さんっぽいですね、彼。
体格はそんなに大きくないけど、ボールの蹴り方から走り方までよく似てます。ワンタッチでパスを出してるとこを見て、サックスブルーの元23番と姿が重なっちゃいました。17歳にして妙に冷静なプレーをやってのけるとこなんかも本当に。

フクっぽいフクっぽい言われてるけど、自分らしさも忘れずにね。
将来彼が23番を背負ってくれたら何も文句は言えないや。むしろそれを望みます( ´∀`)


・ タケノリのプレーが好きでした。早くゴール決められますように(-人-)
・ 翔はもっと目立たなきゃダメ。
・ 康太はSBよりもボランチで見たいな。
・ マルキ、あなたは服部年宏か。
・ とりあえずわんこはボール持ったら落ち着こう。動き出しも鈍すぎ。
・ コースケの冷静さを半分わけてもらえばいいじゃないかな。



福西さんはさらっとね↓

2007 / 03 / 22 (Thu) 01:56 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

[ 熱すぎた、3月の味スタ ]



お久しぶりですこんばんは。
東京戦の観戦メモも書けないまま明日はナビスコとなってしまいました。
今さらだけど、私にとって大切な試合になったから思い出しながらさらっとまとめておきます。


07東京戦@味スタ
【J1リーグ第3節】
FC東京 0 - 1 ジュビロ磐田 @味スタ

得点者 : 秀人(後37)



福西崇史が敵だったこと、福西崇史に力一杯ブーイングしたこと、ジュビサポとして「福西ッ東京!」コールをやれたこと。そして何よりも、福西崇史のいるFC東京に勝てたこと。
全部が全部ほんっとぉーに気持ち良くて快感で、寒くても疲れてても帰り道は嬉しさいっぱいでしばらく興奮がおさまりませんでした。


■収穫は勝点3だけ
本当に、勝っただけ。な試合。良く言えば気持ちだけで勝ったような一戦。
やっとの思いで勝利はものにしたけど、今思い出すとこれから先ヤバイなーと不安で仕方なくなります。


3試合見て来たけど攻撃の形が未だに全然はっきりしないし、シュートの意識ももの凄く低い気がする。パスがあれだけ繋がるのに、無駄が多いと言うか。そんな難しいことしないでーとか、そこは打っちゃえよーとか、色々歯がゆくてじれったいシーンが続きました。

大チャンスになったのがセットプレーとカウンターのときだけじゃねぇ(´・ω・`)
攻撃が単調だから全部相手に読まれちゃってる感じ。康太も言ってる通り、ゴール前でもう一工夫欲しいな。

あとはもうちょっと大きな展開が出来ると良いんじゃないかと。パスで細かく繋ぐのもそりゃ気持ち良いけど、サイドチェンジやらロングフィードやらでアクセントを付けてくれないと面白くないよー。全体的に広い視野が必要だなってつくづく思いました。
もう「若手中心だし」なんて言い訳は通じないんだから。もっと余裕を持ってプレー出来るようにならないと。


■粘り勝ち
ファブリが退場したあとはDFの健太郎やら加賀くんやらが入って、ガチガチに守りを固める戦い方でした。得点が決まらないうちからこう言うことをしちゃうのが何ともアジらしいけど、結果的にはそれが功を奏したのよね。
特にゴール決めたあとの約10分間はとことん引いて守る寸法。11人全員ドン引きで、耐えて耐えてもぎ取った勝点3です。

この日は能活が本当に神がかってて、彼じゃなかったらあと3失点くらいはして負けてたんじゃないか。と言うくらい、彼なしでこの勝利は語れません。
試合終了後ゴール裏に歩いて来るときに見せてたキラッキラの笑顔が印象的でした。
被シュート数20本。ありがとう。本当にありがとう。


・ キャプテン秀人のゴール、素敵すぎます。
・ FKを蹴った康太と、FKをもらった加賀くんも素敵。
・ 負傷しても最後まで走り続けたノリヒロの闘志に乾杯。
・ 最後までスタミナ切れしなかったヨシアキにも乾杯。
・ にーにょとカレンは消えすぎ。
・ マルキはあれだ。何だかんだ地味に仕事してくれるタイプだ。

今さっき知ったけど、ノリヒロは右足の小指を骨折していて全治2ヶ月だそうです。
直哉の復帰は4月上旬になるらしいしもう(⊃Д`;)
ノリヒロがいない攻撃なんてどうなるかわからなくてビクビクする。明日が怖いよ…。


ちなみにユースの山本康裕くんを見るのはこれが初めてでした。
何やら福西さんを尊敬しているらしい。と言うことをあとから知りましたよ。ユースでも23番を背負っていたらしいですね。
17歳であの落ち着いたプレーはさすがだなって思います。そう言えばちょくちょく良いとこで攻撃に顔を出したり、簡単にはたいたりするとこなんかが福西さんっぽかったっけ。
福西さんのプレーが好きな身として、これからはもっと彼にも注目して行きたいです。



敵としての福西崇史はたたむ↓

2007 / 03 / 21 (Wed) 01:38 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

[ 勝利は続け、どこまでも ]



今年は青春18きっぷが例年に比べて安いよ!お得だよ!と言う情報を頂いて、磐田まで片道4時間鈍行列車の長旅をして来ました。
気持ち良く勝ってくれちゃえば、そんな旅の疲れなんかどっか吹っ飛んじゃいますね。


07大分戦@ヤマスタ何ヶ月ぶりだろ、ヤマスタ。試合が始まる前のゴール裏の緊張感とか声援も全部久しぶりで、あぁやっぱりサッカー見るならここだなーとしみじみ。
新しくなった選手紹介の動画もしっかり見て来ました。去年のも好きだったけど、今年はさらにカッコ良さがアップしてます。

そう言えばゴール裏でおなじみだったキット勝つフラッグが飯田産業仕様に変わってましたね。個人的には「バモス・コンチーゴ」のフラッグもなかなか素敵だと思います。


【J1リーグ第2節】
ジュビロ磐田 2 - 1 大分トリニータ @ヤマスタ

得点者 : ノリヒロ(後23) ファブリ(後37)


誰がいなくなってもやっぱりこのチームが1番好きだし、これからもやってくれるだろう。って確信を持てた試合。
不安はまだまだ消えないけど、きっとみんながもう1度自信を取り戻せた試合。


開始10分もしないうちに、この間とは気合の入りようが全然違ってるのが伝わって来ました。こぼれ球を追いかけるとか激しくプレスに行くとか、単純だけどそれがしっかり出来ると流れも良くなるんだよね。
洋平が「マコ!マコー!」って叫んでるのが聞こえたり、直哉が指示出してる姿が見えたり、声もしっかり出てたんじゃないかしら。
交代でドタバタしたあたりで失点したのは本当残念。でも全体的にスピードがあって内容的にも面白かったかな。前回が前回だっただけに余計に、ね…。



■守備陣
マコ秀人さまさま。特にキャプテンマークを巻いた秀人は、他とは違った貫禄みたいなのがあります。ジュビロのDFはこの2人がいなきゃきっとダメだ。

いつもはボランチやってるマルキがSBでちょっとビックリしたけど、攻撃も守備も同じくらい巧いですね、彼。下がり目の位置でしっかりブロックしたと思ったら、あっと言う間にサイドをドリブルとかして上がってるし。
むしろあのポジションの方がやりやすそうな感じ。

康太は粘って粘って守備もだいぶ安定して来たけど、余裕があるときは攻撃にも絡んで欲しいです。あれだけ当たりも強くなって来たんだから、攻撃でもそれを生かして良いんだよー。


■ドリブラーがゆく
カウンターでファブリがハーフウェイラインあたりから凄い距離をドリブルして、最後も自ら絶妙なシュートを決めてくれました。
ゴール裏に向かって走って看板を超えて、サポとしっかり抱擁。あんなことしてくれる選手、ジュビロにはなかなかいません。ピッチに戻ったあとも耳に手を当てる姿がとっても嬉しかった。
いつもよりさらに盛大な「オレオレファブリ」コール。ファブリ好きだよ、ファブリ( ´∀`*)


中央にスペースがあったからなのか、ドリブル突破からサイドへ開いて最後はクロス。って形がほとんどでした。
よく考えたらパサーが翔ぐらいしかいないし、ドリブルが武器の選手がやたらと多いんだなぁ。
ジュビロのサッカーが変わったと感じるのは何よりもそこんとこです。素敵なドリブルが見れるのもまた気持ちいいよね。と思えるようになったのもごく最近。
その反面、簡単なパスでもなかなか繋がらないのは、ミスが多すぎなのと周りを感じれるほどの余裕がないのが原因かしらね。


■満を持す
わかったよ、わかったから。って言ってあげたくなるほど闘志むき出しだったノリヒロ。貪欲にボールを追うし、持ったらガツガツ突き進むのみ。ああ言うプレー大切だと思います。
巧いなーって感心させるほど足元もしっかりしてました。
柏戦では熱くなりすぎてほぼキレ気味だったらしいけど、今回はしっかり結果が出て本当良かった。毎回柏戦みたくやってたら、いつか燃料切れしてぶっ壊れそうだ( ; ̄ー ̄)...


■走れるだけ
じゃダメなんだよ、サッカーの場合はね。
と、カレンとヨシアキを見ながらさんざん思った。2人とも運動量だけは人一倍なのに、どうもそれが生かし切れてない感じがするのよねー。

特に前半のヨシアキ、周りと息が全く合わなくて歯がゆくて、一生懸命走ってる姿を見ては虚しくなりました。
味方がボールを奪った途端に凄いスピードですすすーって駆け上がって行くのは良いんだけど、そこから何がしたいの?どう攻めたいの?って言うお話。ノリヒロもカレンもよく動くから、ヨシアキとポジションが重なってぐちゃぐちゃになって、迷った挙句シュートまで行けず…。って場面が結構あったな。

もうちょっと先を読みながらプレー出来ればねぇ。敵DF陣を混乱させるどころか、今のままだと自分たちが混乱して自滅っぽくなっちゃってます。
走る+考えられればもっともっと恐くなるはず。


■その他
・ シュートはもっと打てた。じれったいからゴール前で無駄に譲り合うの禁止。
・ 直哉と翔とカレン、悪くはなかったけどたまに消えてたな。
・ わんこ、クロス上げるときは中をよく見ましょう。
・ 今年で40歳の中山さんはまだまだやってくれそうです。
・ 慎ちゃんがベンチにも入ってないってのは何でだろー?


大好きな「なぁる~おぉか~」のコールはもちろん、

 「マールキー オーオー」
 「バモス きーくち」
 「ハ ヤ シ !」

とかの新コールもしっかりやれて新鮮でした。
個人的だけどバモスきくちは音程が難しくてまだ慣れません( ´∀`;)


ラスト5分がもの凄く長く感じて、その上ロスタイム4分とかでげーってなって。終わった瞬間は「やった!」って言う嬉しさよりも「やっと勝てた…」と言う安心感の方が大きかったです。
勝利の結果だけで満足して油断しませんよーに。選手も私も。



+ + +


帰りのバスの中で、福西さんが早くも移籍後初ゴールを決めたことに仰天。スパサカで映像だけ見て、あまりにも華麗すぎてまた仰天。
来週に向けてこうも調子を上げてくるとは…。やっぱり福西さんだけには絶対負けたくないよね。福西崇史が敵の味スタ。緊張して想像も付かないよ、まったく。

ジュビロの生勝利とフクゴールとで楽しい週になったと思ってたら、遼ちゃんが全治2ヶ月だとか(⊃Д`;) しっかり完治するまでゆっくりで良いから。
ゴールの方はカレンとゴンちゃんに期待してよう。

2007 / 03 / 11 (Sun) 18:16 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

[ 春はまだ遠い ]



ジュビロ磐田の皆さんも1日遅れていよいよ開幕です。
長い冬が明け…たんだよね?本当に!?


07柏戦@日立台国立でヴェルディの開幕戦があるとかでハシゴした人もいたみたいですね。

私は私用でキックオフには間に合わず。
柏の1点目が決まって、レイソルサポの声援が最大級に盛り上がったあたりで日立台に到着しました。


【J1リーグ第1節】
柏レイソル 4 - 0 ジュビロ磐田 @日立台

得点者 : なし


一体どっちが元J2組なんだか。ってこれと似たような台詞、去年の開幕戦でも言った気がします。お試し期間とかそう言う冗談、開幕しちゃったらもう通じないんだからね!


   (⊃Д`;)


いきなりやってくれちゃいました。ひどかった。とにかくひどかった。


誰々が抜けたからとか、誰々が怪我でいないからとか、若手中心だしまだ1戦目だしーって、色々言い訳要素はあるんだろうけど…。なんかもう、それ以前の問題って言うか。
勝利どころかゴールさえ入る気がしなかったし、戦術がどーのとか言ってられないくらいに何がしたいのかさっぱりだった。

ジュビロって、負けても完全に崩壊してバラバラになっちゃうことってあんまりなかったけど、昨日は今まで見た試合の中で1番ひどい内容だったかもしれない。


■攻撃
ゴールが遠いって言うか、むしろシュートまでが遠かったですね。最後の方は「決めろ」よりも「何でもいいから打ってくれー」って祈ってたくらいに。
たった4本って…全部決めたとしても勝ててません( ´Д`;)
ゴール前でパスは繋がってたし、それなりにスピードもあったし、全く走ってなかったってわけでもなかった。けど、シュートを打とうって言うただその貪欲な気持ちが限りなくゼロに近かったのかなって思います。

ハーフタイム後に選手が出てきたとき、ゴンちゃんがヨシアキとノリヒロに何か話してるのが見えました。
ああ言う試合こそゴンちゃんを出して雰囲気を一変させて欲しかったのに(´・ω・`)
最年長の中山隊長、若手中心のあの攻撃陣にどんなことを感じたんだろうなー。


■守備
せっかくあえて3ボランチを採用したのに、その効果がさっぱり。
去年から失点は多かったし、守備が良くなかったのはずっと課題になってたのに…。何も変わらず悪さを引きずったままです。
個人技の差ももちろんあるんだろうけど、もっと積極的な守備をやって欲しかったな。プレスの軽さとかフォローの少なさは気持ちの持ちようですぐに改善されるはず。と信じたい。


■収穫
・ 慎ちゃんの感動の復帰が見れた。
・ サックスブルーの加賀くんが見れた。
・ 翔が唯一マシな方だった。
・ じゅびろのおうえんができた。
・ かしわさぽーたーのひとたちがすごかった。
・ …。

あと…他なんかあったっけ??


後半の最後の最後で、1番後ろから洋平が「前出せー!」って思いっきり怒鳴ってたのが聞こえたときは虚しさでいっぱいで泣きそうになったな。まだ耳に残って消えてくれません。

厳しい試合になるのは予想してたけど、もうちょっとどうにかなると思ってた。あまりにも過剰に期待しすぎてたってことなのかしら。
あんなんで優勝したいとか口に出したりしてもう…恥ずかしいことこの上ないです。
ホーム開幕戦でもこんな感じだったら泣くなー。



あ、柏さん柏さん。
J1ってこんな甘いとこじゃありませんから。くれぐれも勘違いしませんように。

2007 / 03 / 05 (Mon) 19:25 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment5  |  Trackback0

[ 悔しい締めくくり ]



試合前にキットカットを食べるなんて言うベタな願掛けは、埼スタじゃ効果がないらしい。2006年の締め試合は、いつもよりちょっとだけ赤サポ様が少なかった浦和戦となりました。


素晴らしい快晴の観戦日和。コートの下に5枚も着込んで防寒して行ったおかげもあり、寒さはあまり感じず。
ジュビサポ席もだいぶ広い上に2階は開放してないし、3万も入らない浦和戦なんて結構レアだなーとか思ったりして。けどそれにしたって売店の数ぐらい増やして欲しいよね、やっぱ…。トイレ前にも長蛇の列が出来上がっちゃってコンコース内が大変混雑してました。


06天皇杯浦和戦@埼スタ
浦和レッズ 3 - 3 (PK 10 - 9) ジュビロ磐田

得点者 : マ・エ・ダ! フク わんこ



主審が岡田さんとのアナウンスにげーって声があちこちから聞こえて、試合終了後も「審判に負けたよな」なんて言い出す人もいて、こんなことあんまり大きい声で言いたくないけど確かに納得出来ない部分も多々ありました。
まぁ審判に泣かされるのなんて今に始まったことじゃないし、それは浦和さんも同じだって考えれば…ねぇ…。


よく見えなかった細かいプレーとか向こう側だったPK戦なんかも、全部あとから録画で確認しようと思ってたんですが…こんな面白かった試合に限って録画失敗。もうバカ(⊃Д`;)

ってことで、現地で感じたことだけわりと簡単に。
試合が長かっただけにうろ覚えだわー。



■攻撃
とりあえず、来シーズン始まる前に全員シュート練習しておくこと。
カレンは他の選手の2倍やること!

調子いいときあっと言う間に崩せるのは、みんなが積極的に走ってるおかげだと思う。
ぐだぐだになる時間帯はどこを見ても必ず足が止まってるし、だからイライラするくらいに個々の判断が遅くなるのよ。
90分間ずーっと走り続けるなんて無理かもしれないけど、だったらせめて決定機だけは確実に決めれるようになって欲しいです。

サイドを狙った攻めは大抵がいいとこまで行くね。なのに、中の選手の動き出しがもうちょっと速ければーとか、そこにもう1人いればーとか、そんな惜しいシーンが繰り返し続いてました。
もうちょっと周りをよく見よう。先を読んで感じ合おう。


■守備
立ち上がりガンガンに攻められてリズムを掴みかけられたけど、よく粘ってよく守った。
ボランチとDFの連係がだいぶよくなって来た気がする。
セットプレーはボールウォッチャーになってることが多くて、簡単にフリーにさせちゃってましたね。そこらへんは個々の意識の問題だと思うから手早く修正をお願い。
あとは、攻めてる時間帯にもっとDFラインを押し上げても良かったんじゃないかしら。



■マークを外せ
ヨシアキがもの凄くキツイマークを受けてました。そりゃ1回やられた厄介者だもん。浦和さんも放っておくわけないよね。
全然自由にやらせてもらえてなかったなぁ。スピードもいまいち生きず不完全燃焼な感じ。いつもに比べるとシュートも少なくて人任せなパスが多かった。
もっともっと考えて走らなきゃね。その運動量でマークを外せるようになれれば最強だ。


■わんこ
最後は残念だったけど本当よく頑張ってたよ、わんこ。
得点とアシストだけじゃなく守備でも大活躍。相馬くん相手に粘って粘って、何度もピンチを救ってくれました。
延長戦終了後、疲れてピッチの脇に倒れ込んだ彼の姿が忘れられません。そんなになっちゃうまで精力的にいっぱい走った証拠だよね。

身体の入れ方とか、フィジカルの強さとか、トップで試合するうちにどんどん成長してると思う。来季はメンタル面もさらにアップさせて活躍してくれることでしょう。

ショックを隠し切れないあの背中に向かって「いぬづか!」コールをしながら、ちょっとだけ涙が出そうになっちゃったのは本当の話。



■2回目のPK観戦
洋平止めたのにー(⊃Д`;) が全てですね。
あのシーンにゴール裏も爆発してベンチ陣も喜んで、早くも勝った気になっちゃったのが間違いだったんだ。きっと。

最後以外永遠と○が続くPK戦を見たのなんて始めてかもー。
地鳴りのようなブーイングのプレッシャーの中、みんなよく決めたよね。ファブリ・直哉・にーにょあたりは正直怖くて仕方なくて見るに耐えかねませんでした。いや、しっかり見たけどね…。
健太郎が決めたあと、ゴール裏に向かって手叩きながら喜んでたのが印象的だったな。



聞けば試合終了後にファブリが泣いてたらしいじゃない。終わってるのに敗戦したチームの選手にレッドとかいらないことするから( ´Д`;)
まぁ前半だけなら勝ったしー。最後結果的に負けただけよーとか開き直れば、明るくクリスマスを迎えられるかしらね(なわけない)。


では今年最後の福西さん行きます。無駄に余談多くて長いよ↓

2006 / 12 / 24 (Sun) 01:29 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback1

[ ここはホームです ]



今年最後、締めのヤマスタでこんなんじゃね。


ジュビロ磐田 1 - 0 大宮アルディージャ

得点者 : ノリヒロ


雨で寒い中観戦されたジュビサポの皆様、大変お疲れ様です。
5000人も入らなかっただなんて( ´Д`;) 参戦出来なかったのが申し訳ないです。


シュート1本。コーナーキック0本。良かったのはノリヒロのあのDF陣を振り切ってのゴールと、繰り返された洋平のスーパーセーブだけ。
本当に退屈そうな試合だったみたいですが…本っ当に、なんで勝てたんだろうね。

引いて守る相手にはやっぱり脆いらしい。遼ちゃんもヨシアキも福西さんもシュートを打てなかっただなんて、一体どんなサッカーをしてたんだろ。見るのも恐ろしいわ…。
運が良かったのもあったんだろうけど、気持ちの面でちょっとだけ勝ってたのが勝利に繋がったんだと信じたいです。

準々決勝は埼スタで浦和or福岡戦。
どこと対戦するにしろこのままじゃヤバイよ。何とか立て直してよね。



ヤンツーさん率いる札幌のみなさん、準々決勝進出おめでと!

札幌が元旦まで進んだら面白そうなのにーとかは一瞬思いましたが。
まぁとりあえず、このままの調子だとお互い元旦対決も夢に終わりそうなので…気合い入れ直しとけよー。

2006 / 12 / 10 (Sun) 01:55 | Category : 磐田戦記 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。